プロイチ 競馬情報 ダービーをデータで振り返る

◇東京競馬場◇芝2400メートル
◇3歳オープン◇1着賞金2億円
7ac20074

さあ、いよいよ競馬の祭典ダービーが5月31日(日)東京競馬場で行われます。
皐月賞で圧巻の走りを見せたドゥラメンテを筆頭に、
同レース2着からの巻き返しを図るリアルスティール、
同6着のサトノクラウンに加え、京都新聞杯1着サトノラーゼン、
青葉賞1着レーヴミストラルなど多彩なメンバーがそろった
ダービー/目黒記念
<ダービー>
過去10年のデータを参考にする。
★1番人気馬中心 1番人気馬は5勝、2着1回で勝率50%、連対率60%。
全幅の信頼までは置けないものの、中心は揺るがない。
次に注目は3番人気馬。3勝、2着1回で連対率は40%。
2番人気の連対率20%を上回る。
伏兵陣では2着3回の5番人気馬に警戒。
★皐月賞組断然 前走別では王道の皐月賞組が断然優勢だ。
7勝、2着5回で連対率は15・6%。
青葉賞組は2着3回で連対率11・1%とまずまずだが、勝ち星はない。
京都新聞杯組、NHKマイルC組、
桜花賞組(今回は出走なし)は1勝ずつ挙げているが、
好走率を考えれば皐月賞から入るのが正解。
★関西馬中心 東西別では関西馬が9勝、2着7回と圧倒的に優勢だ。
関東馬の勝利は09年ロジユニヴァース1頭だけ。
連対率も関西馬12・5%に対し、関東馬8・0%と差がついている。
<目黒記念>
過去10年のデータを参考にする。
★人気は不問 3勝、2着3回の1番人気馬が一応は中心になるが、
伏兵陣の活躍も目立つ。05年から順に勝ち馬の人気は
1、3、1、3、8、5、7、1、4、8とバラバラ。
思い切った穴狙いをするのも手だ。
★蛯名騎手に注目 蛯名騎手と横山典騎手の2人だけが2勝を挙げている。
面白いのは蛯名騎手で、12、14年のダービーで2着惜敗後に、
そのうっぷんを晴らすように勝利を挙げた。
今年はダービーフィズに騎乗。
ダービーのタンタアレグリアで2着に入れば激熱サインだ。
★5歳馬が若干優勢 勝利数は4、5、6歳がそれぞれ3勝ずつで並んでいる。
ただし2着数は5歳馬の6回がトップ。連対率は5歳20・5%、
4歳13・9%、6歳9・5%の順になっている。