プロイチ 今週のJRA重賞情報

担当記者 この眼で観ました。

 

6/14(日)東京11R エプソムカップ(3歳上オープン,GIII) 芝左1800m 13頭

 

[気になる馬]
○サトノアラジン/C.ルメール/
最内枠未経験を除けば内枠~大外枠まで経験済みで好き嫌いは感じない。
展開も柔軟でルメール騎手との相性も3戦目だが良好。

 

△エイシンヒカリ/武豊/坂口正則(栗東)
左回りの1800mは初だが2000mで勝利しているので不安は少なく、ハナを取れれば逃げ切れる。
9番以上の外側の枠は未経験なので大外に回されると厳しいかも。

 

△ヒラボクディープ/柴山雄一/
前走芝左1800mで3着、追い込み馬なので直線に抜けた次点での位置取り次第、中枠が比較的得意。

 

△フェスティヴタロー/田中勝春/
前走芝左1800mで2着、先行逃げ一択なのでペース次第。
グレードでの好実績が無いが苦手克服なるか。

 

△ユールシンギング/吉田隼人/
馬・騎手ともに左回りは大外枠が得意。

 

(次点
△ディサイファ/四位洋文/
3ヶ月の休養明け、コンビで芝1800mは多くこなしておりリハビリにはもってこい。

 

?マイネルホウオウ/柴田大知/
長期休養明け4戦目、終わった馬か判別するのはもう少しかかる、距離変更は様子見か。
6/14(日)阪神11R マーメイドS(3歳上牝馬オープン,GIII) 芝右2000m 16頭
[気になる馬]
○リラヴァティ/松山弘平/
展開は先行のみで柔軟性に欠けるがグレード6戦中3戦で3着以内に逃げ残っている。
同騎手とはグレードで2戦逃げ残りを成功させているので今回も期待できる。
△グレイスフラワー/柴田善臣/
中山牝馬Sでは6着、位置取り次第では更に上も狙える。
1600万下への昇級は2000m戦で、2000mでの展開は柔軟。
△マリアライト/蛯名正義/
オープン初戦、距離のレンジが広く展開も柔軟。
しかし騎手は関東をあまり出ないのでそこだけがネック。
△カノン/高倉稜/
オープン初戦、近走は2200m以上が多かったが1600万下への昇級は2000mで決めており、それ以前の得意距離は1800m~2000m。
そのときの騎手が高倉稜騎手、騎手はともかく馬は思い出してくれるだろう。
(次点
△バウンスシャッセ/M.デムーロ
馬は8番手付近からの追い込みが得意だが騎手はもう少し後ろからの追い込みが多く位置取りに工夫が必要。
崩れても掲示板に入れる良騎手なので騎手買いなら入れたい。