プロイチ 競馬情報 重賞展望(函館SS)

プロイチ 競馬情報 重賞展望(函館SS)

 

6/21(日)函館11R 函館スプリントS(3歳上オープン,GIII) 芝右1200m 18頭

 

○アンバルブライベン/田中健/栗東・福島

 

右回り京都のGIIIで2勝、先行逃げ一択なのでペース次第。
最内枠での実戦が1回のみで15着なので最内枠は厳しいか。

 

○ローブティサージュ/三浦皇成/栗東・須貝

 

昨年の同レースをクビ差2着、休養明け初戦の阪急杯GIIIを僅差3着と実力は十分。
枠順の好き嫌いは少なく展開も柔軟だが調子に非常にムラがある。
昨年と同様の走りが出来れば勝ち負けにも絡める。

 

△スギノエンデバー/岩田康誠/栗東・浅見

 

先行差しも一応出来るようだが、グレード競争での好実績は後方追い込みが多い。
2014年9月の阪神GIIでは岩田騎手騎乗でクビ差4着、塞がれても隙間に押し込める騎手なので複勝圏は期待できる。

 

△セイコーライコウ/柴田善臣/美浦・竹内

 

休養明け2戦目、芝1200mのGIIIでの成績は5戦して3着1回、4着3回、7着1回。
他の展開も出来るが後方追い込みの内容が比較的良好なので直線で塞がれなければ複勝圏のチャンスはある。

 

△マジンプロスパー/北村友一/

 

大外枠~外端枠または内枠が強いので枠順抽選次第。
展開は先行差しが多いが中位からの追い込みも可能。

 

(次点
△コパノリチャード/武豊/栗東・宮

 

先行逃げ一択だが序盤が安定せず前側に位置取りできない事が多くなってきている。
邪魔の少ない両端枠いずれかを引ければ面白い。

 

△サトノデプロマット/和田竜二/栗東・高橋亮

 

地方馬だが芝適性もあるのか1000万下と1600万下の2戦して2勝、右回り両端枠に対応できるようなので引ければ台風の目となるか。

 

*************

南関競馬予想ナンバーワン 競馬ジロウグループ

  1. 買い目を自分で構成出来る方は、南関・中央競馬新聞の厳選軸コース(60日10800円)がお薦めです。
  2. 1点勝負の買い目が欲しい方→プロイチへ
  3. 2点から6点で本命レースを楽しみたい→追撃コース
  4. 穴を狙いたい→穴コース
  5. プロの予想を直接聞きたい→TMコース(21600円)