プロイチ 競馬情報 新潟2歳S/キーンランドC

プロイチ 競馬情報 新潟2歳S/キーンランドC

絶好調のJRAです。
是非ご入会し、的中馬券を体感してください

<新潟2歳S>

 過去10年のデータを参考にする。

 ★1着は上位人気馬から 1番人気は4勝止まりだが、2着2回、3着1回で複勝率70%と安定している。10年に9番人気のマイネイサベルが勝っているが、他の勝ち馬は4番人気以内。2、3着には伏兵馬も警戒が必要だが、頭は無理にひねらず上位人気馬から入るのが正解か。

 ★安定感は前走マイル組 前走距離別では、1400メートル組が6勝で、マイル組の4勝を上回る。ただし連対率は1400メートル組12・2%に対し、マイル組が21・6%で逆転。連軸としてはマイル組の方が信頼度が高い。1200メートル組と1800メートル組は0勝。2着はあるものの、連対率は低く、割り引いて考えたい。

 ★牡馬が優勢 13年のハープスター圧勝のイメージが強いかもしれないが、牝馬はやや劣勢だ。牡馬は【6・7・6・78】で連対率13・4%で、牝馬は【4・3・4・68】で連対率8・9%。勝ち数、連対率とも牡馬が上回っている。セン馬の出走はなし。

<キーンランドC>

 過去9年(13年は函館で施行)のデータを参考にする。

 ★牝馬を狙え 13年フォーエバーマーク、14年ローブティサージュと2年連続牝馬が勝利している。牡馬は【3・4・5・72】で勝率3・6%、連対率8・3%、セン馬は【0・1・0・3】で勝率0%、連対率25%。これに牝馬は【6・4・4・39】で勝率11・3%、連対率18・9%と圧倒的に好走率が高い。牝馬中心で考えたい。

 ★4番人気が妙味 08年に16番人気のタニノマティーニが勝ったものの、他の8回は4番人気以上が勝っている。連対率は1番人気馬が55・6%でトップだが1勝、2着4回で勝ち切れてはいない。人気別勝ち数トップの3勝を挙げ、3着も2回ある4番人気狙いが面白い。

 ★4、5歳馬が中心 年齢別の勝ち星トップは4歳馬と5歳馬が3勝ずつで分け合う。連対率は2着も3回ある4歳が25%で、2着1回の5歳より安定感は高い。この2世代が中心で3歳及び高齢馬は割り引き。08年に8歳のタニノマティーニが勝っているが、これは例外的とみたい。