プロイチ 競馬情報 新潟記念/小倉2歳S

プロイチ 競馬情報 新潟記念/小倉2歳S

<新潟記念>

 過去10年のデータを参考にする。

 ★ハンデ頭は不振 14頭が出走して勝ったのは11年のナリタクリスタル1頭だけ。通算でも【1・0・2・11】と、連対率が7%、複勝率が21%苦戦している。14頭中7頭が10着以下に沈んでおり、軽視が正解か。

 ★1番人気も苦戦 1番人気は昨年のマーティンボロが勝っただけで、通算では【1・0・0・9】と大苦戦。掲示板(5着以内)にも乗れなかった1番人気が5頭おり、過信できない。

 ★牝馬に警戒 牝馬は05年ヤマニンアラバスタ、08年アルコセニョーラ、13年コスモネモシンで3勝している。3頭とも52キロと軽ハンデに恵まれており、牝馬でただ1頭参戦してきたスイートサルサから目が離せない。

<小倉2歳S>

 過去10年のデータを参考にする。

 ★2番人気が大活躍 2番人気が5勝、2、3着が各1回と大活躍。特にここ5年は2、1、1、1、3着とすべて馬券に絡んでいる。ちなみに1番人気は1勝だが、2着、3着が各3回あり、軽視は禁物。基本的に人気サイドの決着が多い。

 ★牝馬が活躍 牝馬が7勝で、牡馬の3勝を大きく上回っている。3着までの30頭でも、牝馬が17頭と優勢。05年と昨年は牝馬が1~3着を独占している。

 ★軸は2勝馬 2勝馬は過去10頭出走して【1・3・1・5】で複勝率は5割。馬券の軸としては悪くなく、軸に迷ったら2勝馬のコウエイテンマかシュウジを軸に馬券を買う手もありそうだ。