セントライト記念/ローズS 過去10年のデータを参考にする。

プロイチ 競馬情報 セントライト記念/ローズS

<セントライト記念>

 過去10年のデータを参考にする。

 ★波乱含み 1番人気は3勝、2着2回、3着1回とまずまずだが、春のG1好走馬が1番人気に推されることが多いのを考えると、信頼度が高いとは言い切れない。2~4番人気馬の連対も、それぞれ1勝、2着2回ずつ。6、8、9、12番人気馬が1勝ずつ挙げており、伏兵馬の一発が怖いレース。

 ★ステイゴールド産駒 種牡馬別最多勝は3勝のステイゴールド。7頭が出走し、勝率は42・9%と高い。今年はジュンツバサ、ロジダーリングの2頭が出走する。ディープインパクト産駒は16頭出走しているが、0勝、2着1回、3着1回と苦戦している。

 ★前走2着馬に注目 前走1着馬は【2・3・4・48】で勝率3・5%、連対率8・8%。これに対して前走2着馬は【5・1・2・11】で勝率26・3%、連対率31・6%と圧倒的に好走率が高い。前走勝ち馬より、2着馬から入りたい。

<ローズS>

 1800メートルになった過去8年を参考にする。

 ★1番人気中心 1番人気馬は【4・1・1・2】で勝率50・0%、連対率62・5%、複勝率75・0%と安定感がある。それ以外は2番人気馬が3連対しているだけで、あとはばらばら。1番人気馬から人気薄に手広く流すのも手か。

 ★オークス組断然 前走別ではオークス組が7勝、2着4回と断然の成績を挙げている。もう1勝は桜花賞から直行だった07年のダイワスカーレット。夏の上がり馬の2着食い込みは要警戒だが、頭はG1組から。

 ★関東馬に注目 東西別では関東馬3勝、関西馬5勝。ただし、関東馬は勝率15・8%、連対率21・1%で、関西馬の勝率5・2%、連対率12・4%を大きく上回っている。