プロイチ 競馬情報 スプリンターズS/シリウスS過去10年のデータを参考にする(14年は新潟開催)。 

プロイチ 競馬情報 スプリンターズS/シリウスS過去10年のデータを参考にする(14年は新潟開催)。

スプリンターズS/シリウスS

<スプリンターズS>

 過去10年のデータを参考にする(14年は新潟開催)。

 ★1番人気 【4・2・0・4】で勝率4割、連対率は6割。着外に敗れるシーンも多い。昨年は1番人気ハクサンムーンが13着。

 ★ステップ 連対馬20頭を前走別に見ると、セントウルSが9頭で断然。キーンランドCの5頭が次に多い。昨年は1着スノードラゴンがキーンランドC、2着ストレイトガールが函館スプリントS、3着レッドオーヴァルがキーンランドCからの転戦で北海道組が上位を占めた。最も間隔があいていたのは05年2着デュランダルで前年香港マイル5着以来の実戦だった。

 ★年齢 過去10年で最も多く勝っているのが4歳馬で3勝。5、6歳馬が2勝ずつで続く。07年は3歳牝馬アストンマーチャンが勝利し、10年は8歳せん馬ウルトラファンタジーが快勝している。今年は3歳馬アクティブミノルが参戦。

 ★性別 牡馬が4勝、牝馬が3勝、せん馬が3勝。

<シリウスS>

 現在の条件(阪神、ダート2000メートル)で行われるようになった07年からの過去8年のデータを参考にする。

 ★1番人気 【3・1・1・3】の成績で連対率は5割とマズマズ。昨年はクリノスターオーが1番人気に応えた。

 ★ハンデ トップハンデを背負った10頭の成績は【0・2・3・5】で08年ワンダースピード、昨年ナムラビクターの2着が最高成績。

 ★3歳馬 重いハンデの実績馬よりも3歳馬の活躍が目立つ。07年ドラゴンファイヤー、09年ワンダーアキュート、13年ケイアイレオーネで3勝。今年はダノンリバティに注目が集まる。

 ★騎手 幸、福永が2勝ずつしているが、最も目立つのが小牧騎手。07年から毎年騎乗しており、【1・3・1・3】の好成績。12年1着、13年2着ナイスミーチュー、昨年2着ナムラビクターで3年連続連対中。