プロイチ 競馬情報 阪神JF調教採点 カペラS調教採点 チャレンジC調教採点

76c5920b

プロイチ 競馬情報 阪神JF調教採点 カペラS調教採点 チャレンジC調教採点

阪神JF調教採点

 

1位 メジャーエンブレム Sc3b22617

 

 3頭併せで豪快に先着。2歳牝馬離れしたパワー

 

2位 ブランボヌール S

 

 荒れた栗東坂路をグイグイと駆け上がる。上積み必至

 

3位 メジェルダ A

 

 かなり力のいる状態だった栗東Cウッドで軽快な伸び

 

****************

 

カペラS調教採点

 

1位 サウンドガガ S76c5920b

 

 坂路で徐々に加速し、ラストは12秒2。末脚の鋭さが目を引く

 

2位 アドマイヤサガス A

 

 坂路で最初から飛ばして50秒1。上がりも12秒7と申し分ない

 

3位 トキノケンジ A

 

 坂路で追われ、キビキビしたフットワークで52秒8。好調をキープ

 

*******************

 

チャレンジC調教採点

 

1位 ヒストリカル A8a916ff2

 

 馬場が重い栗東坂路で4ハロン51秒8。以前より調教駆けする

 

2位 ケイティープライド A

 

 荒れた栗東坂路で4ハロン52秒5は優秀。今は体調がいい

 

3位 フルーキー A

 

 余裕残しの手応えのままCウッドでラスト12秒0。動き素軽い

 

**************

 

阪神JF/カペラS

 

<阪神JF>

 

阪神外回りコースができた06年から過去9年の傾向を振り返る。

 

☆1番人気 【2・2・1・4】で勝率22・2%、連対率44・4%、複勝率55・6%とまずまず。5番人気が最多3勝を挙げ、やや波乱の傾向だが、6番人気以下の勝利はない。

 

☆前走着順 勝った9頭の前走は6頭が1着。3頭が2着で9頭すべてが前走で連対を果たしている。

 

☆ステップ 勝ち馬の前走をレース別に見ると、黄菊賞が2頭。ファンタジーS、札幌2歳S、デイリー杯2歳S、赤松賞、からまつ賞、新馬戦、未勝利戦が1頭ずつで多様なステップがある。

 

☆所属 関西馬が7勝。関東馬は09年アパパネ、14年ショウナンアデラで2勝している。圧倒的に関西馬優勢となっているが、7年連続で関東馬が馬券に絡んでおり、2、3着には食い込んできそうだ(1着以外では08年2着ダノンベルベール、09年2着アニメイトバイオ、10年2着ホエールキャプチャ、3着ライステラス、11年2着アイムユアーズ、3着サウンドオブハート、12年3着レッドセシリア、13年3着フォーエバーモア、昨年3着ココロノアイ)。

 

<カペラS>

 

08年から過去7年の傾向を振り返る。

 

☆1番人気 【0・1・0・6】で大不振。昨年は1番人気ダッシャーワンが6着に敗れ12番人気ダノンレジェンドが5馬身差で圧勝した。

 

☆東西 関西馬が7勝2着4回と圧倒的。関東馬は09年ダイワディライト、
13年スノードラゴンの2着が最高成績。地方所属は08年に大井のフジノウェーブが3着、昨年浦和のサトノタイガーが2着に入った。

 

☆牝馬 ジャパンC、チャンピオンズCと牝馬が勝利し、今週も牡馬混合重賞で期待がかかる。これまでに牝馬は【1・0・0・11】。
11年にケイアイガーベラが勝利している。
今年は昨年4着馬サウンドガガが出走を予定している。

 

☆ステップ 前走レース別では霜月S組、京都オータムリーフ組がともに2勝となっている。前走の距離を見てみると、前走1400メートルを走った馬が6勝、前走1600メートルを走った馬が1勝で前走が同じ1200メートルだった馬は未勝利となっている。