プロイチ 競馬情報 朝日杯FS調教採点 ターコイズS調教採点

今週も勝ちます!
本当に勝ちたい方は、プロイチに入会してください
朝日杯FS調教採点

1位 ボールライトニング S

02f38c53

 軽めでも動きは素軽く、走る気も旺盛。前走同様の調整で申し分なし

2位 シュウジ S

 ラスト11秒7は秀逸。勢いそのままに準オープンの古馬を4馬身突き放す

3位 エアスピネル A

 持ったままで尻上がりのラップ。ラスト重点で十分の動き

***************

ターコイズS調教採点

1位 キャットコイン A

53c6d455

 しっかり攻めて馬体ふっくら。今回は中山で輸送の心配も無用

2位 カレンケカリーナ A

 トモの力強さ目立ち、充実一途。本格化の気配

3位 ペルフィカ A

 坂路を回転の速いフットワークで駆け上がる。中山も向きそう

*********************

朝日杯FS/ターコイズS

<朝日杯FS>

昨年から開催場が阪神に変更されたが、中山時代も含む、過去10年を参考にする。

★上位人気が強い 1番人気は3勝2着1回とあまりあてにはできないが、
基本的には上位人気が強いレースだ。最も人気薄で勝ったのは
12年のロゴタイプで7番人気。これ以外はすべて5番人気以内。
ただ2着には昨年の14番人気、07年の10番人気など、
6番人気以下の伏兵が4連対している。
ヒモには人気薄も選びたい。

★前走勝ち馬断然 さまざまな路線から今レースに参戦してくるだけに、
前走のレースよりも、前走の着順が重要だ。
重賞、500万を問わず、勝ち馬が圧倒的に強い。
前走1着馬が8勝、2着4回。前走で負けた馬で連対するケースは、
その負けたレースが重賞に限られる。

★関東馬に要注意 関西優勢のG1が多いが、今レースは関東馬が健闘。
過去10年で5勝。ここ4年は4連勝している
11~13年の3年間はワンツーも決めた。

<ターコイズS>

今年から重賞に昇格したばかりだが、06年から昨年まで、
中山芝1600メートルのハンデ戦という同条件で行われている。
過去9年を参考にする。

★3歳馬が鍵 年齢別に見ると3歳馬の活躍が目立つ。
勝利は12年のサウンドオブハートだけだが、2着が7回もある。
4歳馬が5勝2着1回、5歳馬が3勝2着1回。
連対数では3歳馬が上位だ。

★ハンデ頭は割引 トップハンデの馬が勝ったことはない。
2着も06年ウイングレット、
10年アグネスワルツの2回しかない。

★前走大敗馬に注 前走で大敗したといっても侮れない。
前走で2桁着順だった馬が2勝、2着6回。
特に昨年は1着から3着まですべて2桁惨敗からの巻き返しだった。
逆に前走で勝った馬は1回しか連対していない。
勝ち馬よりも大敗した馬が狙い目だ。