プロイチ 根岸S調教採点 シルクロードS調教採点

根岸S調教採点 シルクロードS調教採点

 

根岸S調教採点

 

1位 モーニン A

02621ac6

 

 併せた相手を3馬身ちぎり、ラストは出色の伸び

 

2位 プロトコル A

 

 超大型馬は筋肉の塊。馬体に実が入った

 

3位 サクラエール A

 

 力強いフットワークで4馬身先着。5歳で充実期突入

 

シルクロードS調教採点

 

1位 ヒルノデイバロー S

485b293c

 

 栗東坂路で4ハロン50秒3。前半に飛ばしラストも12秒1は秀逸

 

2位 ビッグアーサー A

 

 時計のかかる時間帯の栗東坂路でラスト12秒2は速い

 

3位 ネロ A

 

 朝一番の栗東坂路で体重が軽い騎手候補生が乗ったとはいえ4ハロン49秒

 

*********************

 

根岸S/シルクロードS

 

<根岸S>

 

過去10年のデータを参考にする。

 

★関西が強い 東西比較では関西馬が9勝と圧倒している。
関東馬の勝利は08年のワイルドワンダー1頭で、
2着も06年タイキエニグマ1頭しかいない。

 

★差し有利 勝ち馬の脚質を見ると、逃げ=0、先行=1、差し=4、追い込み=5。
逃げ馬は08年のタイセイアトムが2着に粘ったのが最高で、
連対もこの1回だけ。流れが速い1400メートル
直線の長い東京コースで差し、追い込みが届く。

 

★5、6歳馬に注目 年齢別成績では、4歳=1勝2着1回、5歳=3勝2着6回、
6歳=4勝2着3回、
7歳=2勝2着なし、8歳以上=連対なし。

 

★伏兵の台頭も 1番人気の優勝は08年ワイルドワンダー、
15年エアハリファの2頭。一方、
4番人気以下の伏兵は7勝2着4回と善戦している。

 

<シルクロードS>

 

過去10年のデータを参考にする。

 

★1番人気不振 単勝1番人気は2勝、2着1回、3着1回と、
あまりあてに出来ない。ただ勝ち馬を見ると7番人気の2勝をのぞき、
他は5番人気以内の馬が勝っているので波乱とは言いにくい。
ここ3年は2番人気が3連勝している。
またハンデ頭も同じく不振で1勝、2着2回。

 

★5、6歳馬が強い 5歳馬が5勝、2着2回、6歳馬が4勝、2着4回と
この両世代がほとんどを占める。7歳以上は勝利がなく、
7歳馬だけ2着2回がある。
ベテランの馬には厳しい結果になっている。

 

★関西馬が断然 関東馬1勝、2着3回のほかは、すべて関西馬が占めている。
11年に関東馬のアーバニティが2着に入って以来
関東馬は連対していない。