プロイチ 競馬情報 東京新聞杯調教採点 きさらぎ賞調教採点

東京新聞杯調教採点

 

1位 エキストラエンド A

1c9db228

 

 ラスト11秒9と切れた。たたいての良化が著しい

 

2位 ダッシングブレイズ A

 

 馬なりのままで、四肢を大きく使ったフットワーク

 

3位 ダイワリベラル A

 

 柔らかい脚さばきで加速。連勝の勢いを感じさせる

 

***************

 

きさらぎ賞調教採点

 

1位 サトノダイヤモンド S

54e55081-s

 

 豪快なフットワーク。身体能力の高さを感じさせる

 

2位 ロワアブソリュー A

 

 粗削りながら力強い走り。ポテンシャルは高そう

 

3位 ロイカバード A

 

 追われてからは体が沈み、鋭く伸びる。瞬発力勝負は合うはず

 

************
東京新聞杯/きさらぎ賞

 

<東京新聞杯>

 

 過去10年のデータを参考にする。

 

★東西比較 関東馬が【6・3・1・64】で、勝率8・1%、連対率12・2%、複勝率13・5%。関西馬が【4・7・9・63】で、勝率4・8%、連対率13・3%、複勝率24・1%。単勝、馬単、3連単なら関東馬から、複勝、3連複、ワイドなら関西馬が軸か。馬連は互角。

 

★前走着順 前走1着馬が【3・4・1・17】で、勝ち数、連対率28・0%、複勝率32・0%でトップ。ただ、前走5着馬も【2・2・1・11】で、勝率12・5%はトップ。今年はスマートレイアー、ダイワリベラル、ダッシングブレイズが該当。

 

★レース間隔 中2週の馬が連対率、複勝率でトップだが、今年は該当馬なし。中1週の馬が【2・0・1・11】で、勝率14・3%は断トツ(2位は5~9週の8・2%)。ルルーシュが該当。

 

★生まれ月 5月生まれが【3・0・2・23】で、勝率10・7%は断トツ(2位は3月生まれの8・2%)。スマートレイアー、ダイワリベラルが該当。

 

<きさらぎ賞>

 

 過去10年のデータを参考にする。

 

★前走着順 前走1~3着だった馬が3勝ずつでトップタイ。
中でも3着だった馬は【3・2・0・7】で、勝率25・0%、連対率41・7%、複勝率41・7%のすべてでトップ。割合から見ると、
狙い目は唯一の前走3着馬のノガロか。

 

★馬体重 480~499キロの馬が【5・3・1・20】で、勝ち数、勝率17・2%でトップ。前走体重を見ると、486キロだったウルトラバロック、494キロだったジョルジュサンクの2頭が該当する。