プロイチ 競馬情報 中山記念 2月25日

プロイチ 競馬情報 中山記念 2月25日

にほんブログ村 競馬ブログへ

復活ドゥラメンテはミルコ背に1馬身先着/中山記念
<中山記念:追い切り>
 注目の2冠馬ドゥラメンテ(牡4、堀)はM・デムーロ騎手を背に
ウッドコースで追われた。
667831a1
ダービー以来となる鞍上は何度も馬の首筋をなで再会を楽しんだ。
南D(ダート)コースを軽めのキャンターで半周したあとウッドへ移動。
5ハロン標識から追い切りをスタート。
先行するゴールデンバローズ(古馬オープン)を2馬身追走し、
スムーズな加速でコーナーを回る。ラスト1ハロン12秒1で1馬身先着。
デムーロは「動きは良かった。追った後の息の入りもいい」と手応えを口にした。
リアルスティール、しまい鋭く伸びる/中山記念
<中山記念:追い切り>
8d0b721b
リアルスティール(牡4、矢作)は福永騎手を背に坂路でタイセイファントム
(古馬オープン)と併せ馬。楽な手応えで僚馬に並びかけると、
2馬身前に出てフィニッシュ。4ハロン54秒1-11秒9とラストも鋭く伸びた。
「先週の伸びも良かったけど、今日も反応は良かった。
休み明けとしてはいい仕上がり」。福永騎手は満足の表情を見せる。
「昨日(23日)より今日の方が筋肉が張っていた」と
日に日に上昇気配を感じ取る。菊花賞2着以来だが、力を出せる状態に仕上がった。
「本当に良くなるのは4歳以降と思っていた。
今年にかける思いは強いよ」。打倒ドゥラメンテに燃える。
秋盾以来のアンビシャス1馬身先着/中山記念
<中山記念:追い切り>
天皇賞・秋5着のアンビシャス(牡4、音無)は坂路で4ハロン52秒2-12秒7。
併せたクランモンタナ(古馬オープン)に1馬身先着した。
8774adc5
音無師は「調教はそんなに動く方ではないが、
しっかりやったし仕上がりは悪くない
あとは当日のテンション次第」。
昨年の悔しさをバネに強豪ぞろいの中で4歳初戦Vを狙う。
イスラボニータ休み明けでは1番の出来/中山記念
<中山記念:追い切り>
イスラボニータ(牡5、栗田博)はウッドで蛯名を背にウィズエモーション
(3歳オープン)を4馬身追走。
93a4b6cd
直線は内から仕掛け、楽に1馬身先着した。
時計も6ハロン82秒3、上がりは38秒8-12秒8と優秀で、
蛯名は「最近の休み明けでは一番」と手応えを口にした。
「立ち回りがうまいからそういう(前々の)
競馬をしているが、ためればためるだけ来るよ」と直線一気も視野に
久々の勝利を狙う。
ロゴタイプ初手綱の田辺を背に1馬身先着/中山記念
<中山記念:追い切り>
ウッドで追われたロゴタイプ(牡6、田中剛)は、
強めに追うショウナンアンセム(3歳500万)を
内から馬なりで1馬身突き放した。
6ハロン84秒3-13秒0。
e0af964b
初めて手綱を取った田辺騎手は「感触を確かめるために乗った。息の入りは良かった」
と好感触。テン乗りでの好結果が目立つ奇才は
「ハナも選択肢に入れつつ、いずれにしても早めに動いていく競馬になると思う」と
青写真を口にした
予想は
プロイチ&メイチでどうぞ
そして、本誌の買い目コースもお薦めです
毎日終了まで募集中
申込みお問い合わせはこちらから