プロイチ 競馬情報 皐月賞 調教採点

プロイチ 競馬情報 皐月賞 調教採点
船橋500万馬券的中、皐月賞も任せろ
一番お薦めは、追撃コース!
・上級者の方は 軸厳選コース 4320円
・買い目を作れない方 プロイチ(メイチ)、追撃コース 10800円
南関ナンバーワン予想楽しんでください

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は
プロイチ&メイチでどうぞ
毎日終了まで募集中
申込みお問い合わせはこちらから
皐月賞調教採点
1位 サトノダイヤモンド S

a573701f

 栗東Cウッドで5馬身前の古馬を追走し2馬身先着。ラストの加速は抜群だ
2位 マカヒキ A
 栗東坂路を単走で駆け上がる。見た目以上に速い時計が出て絶好調ムード
3位 リオンディーズ A
 栗東Cウッドで3頭併せ。折り合い重視のため併せ遅れたが、上積みは大きい
◆マカヒキ状態変わりなく順調/皐月賞
マカヒキ(牡、友道)が無敗でG1初制覇を目指す。
15日はCウッド→坂路でキャンター。
リラックスした様子で4ハロン66秒9-16秒3を計時した。
「状態は変わりないですよ。
前走も輸送は問題なかったし、不安という不安はない。
手のかかる馬でもないからね」と友道師。
週末は雨予報だが「今週の坂路でもスイスイ上がっていたし大丈夫と思う」と
気にしていなかった
◆2歳王者リオンディーズが巻き返す/皐月賞
2歳王者リオンディーズ(牡、角居)は坂路を15-15で調整された。
「引き続き状態はいいですよ。追い切りを見ても、前回より反応がいい」と
鈴木助手は上積みをアピール。
弥生賞は好位から運んで2着に敗れたが、
巻き返しのイメージはできている。
「前走は出たなりで、あそこで競馬ができたのは大きい。
収穫は十分あった」。
3年前、惜しい2着に敗れた兄エピファネイアの雪辱を果たす
◆サトノダイヤモンドほどよく気合乗る/皐月賞
サトノダイヤモンド(牡、池江)は開門直後の坂路をキャンター。
ゆったりと、柔らかみのある脚取りで駆け上がった。
「いい感じ。ほどよい気合乗りを見せています」と兼武助手は笑み。
デビューから無敗で皐月賞へ挑む。
「フットワークが良く、『これがいい馬です』という乗り心地ですよ。
雨も経験しているし(道悪は)気にしていません」と本番を楽しみにしていた。
◆ロードクエストは課題のゲート練習/皐月賞
中山巧者マツリダゴッホの子ロードクエスト(牡、小島茂)は、
課題のゲートを練習した。
土明助手は「この馬なりに反応して出てはいる。
あとは本番でどれだけ出るか。たたき2走目で状態の上積みはある。
内面的にも良くなっている」と上昇を見込む。
渋った馬場で実績を残しているのも心強い。
◆ディーマジェスティは大外枠の克服が鍵/皐月賞
共同通信杯を制したディーマジェスティ(牡、二ノ宮)は、
大外枠(18番)克服がポイントになる。
金曜は朝一番にウッドコースを軽快に1周。
佐々木助手は「変わりなく順調。理想的に仕上がってきたし、
テンションが上がることなく落ち着いている。
枠は選べないので仕方ない」と腹をくくった。
◆リスペクトアース思い切った先行策でV争い/皐月賞
リスペクトアース(牡、小笠)は角馬場で調整された。
前走は初めて控える競馬で7着だったが、
それ以上に緩い馬場がこたえたか。
小笠師は「今日、明日は晴れるし、
当日多少雨が降ってもそれほど馬場は悪くならないでしょう。
思い切った先行策で」と巻き返しを期待していた。

<皐月賞>

 06年から過去10年の傾向を振り返る(東京開催だった11年も含む)。

★1番人気

 【2・2・1・5】。勝率2割、連対率4割、複勝率5割と低調な数字。外国人騎手の馬が1番人気になったときに限定すれば、12年M・デムーロ騎手のグランデッツァ=5着、13年M・デムーロのロゴタイプ=1着、昨年ルメール騎手のサトノクラウン=6着。

★ステップ

 連対馬20頭のステップははっきり4つのレースに絞られる。最も多いのが、スプリングSの7頭。弥生賞6頭、若葉S4頭、共同通信杯3頭。

★前走着順

 連対馬20頭の前走着順は【11・4・2・3】。07年2着サンツェッペリンは前走8着、08年1着キャプテントゥーレは前走4着、13年2着エピファネイアは前走4着から巻き返している。

★馬体重

 皐月賞攻略データの最重要ポイントは前走との体重比較。連対馬20頭でプラスの馬体重だった馬は1頭もいない。前走と同体重の馬が6頭。マイナス2キロからマイナス8キロが12頭。前走から10キロ以上減っている馬が2頭。昨年は1着ドゥラメンテがマイナス2キロ、2着リアルスティールがマイナス4キロで走っている。