プロイチ 競馬予想&情報  JRA中央競馬 8月14日

2e593523

プロイチ 競馬予想&情報  JRA中央競馬 8月14日

今日は必勝宣言入会しないと後悔します!
厳選予想をお届けします

1点勝負 2鞍提供 自信度98%

3点勝負 4鞍提供 自信度 98%   

ジロウの勝負  

本命コース  7鞍提供

初めての方は
・追撃コース 1鞍単位
・厳選軸コース 1日コースもお薦めです
入会前に、必ず予想目が届くメールアドレスか確認ください

にほんブログ村 競馬ブログへ

[14日提供コース] レース終了まで提供できます

  • 1点勝負 30000円
  • 3点勝負 30000円
  • ジロウの勝負 60000円
  • 買い目コース 1鞍2160円 10800円 
  • 本命コース 1日 12960円 
  • 厳選軸コース(軸馬、レース傾向をご紹介) 1日4320円 60日 10800円

[今すぐ申し込み]

本日の速報

本日の戦況
 今日は勝てます!勝ちます。
是非入会ください
中盤からの開始です!

本日の概況

◆14日札幌競馬情報
7fe86889
札幌 芝は先行馬が中心、ダートも基本は先行有利
【札幌・当日情報】5日目は晴れ。
芝、ダートともに良で行われている。
午前中、芝では1レースが行われた。
2歳未勝利の2R(1800メートル)、
1分50秒5でエトルディーニュが逃げ切った。
2着にも好位追走のマイネルパンドーロが粘った。
ダートは3レースが終了。
好天続きで乾ききった馬場。
力のいる状態で、基本的には先行有利と考えてよさそう。

エルムS

陣営コメントe4e472f3
近年は施行時期がくるくる変わっていますが、
秋を睨む一流ダート馬の夏場の叩き台という位置づけは一貫して変わりません。
2014年から交流のブリーダーズゴールドCが牝馬限定戦になったことで、
この時期に牡馬が使える唯一のダート中距離重賞として、
重要性はさらに高まっています。
秋のGIシリーズの出発点として、見逃せない一戦です。
◆人気馬は並び立たない
過去10年間で馬連が3桁配当になったのは2回だけ。
5番人気以下の馬が7頭連対していて、
「人気→中穴」の決着になることが多くなっています。
先行有利のコース形態ゆえ、勝ちに行って早めに動いた有力馬が潰し合って、
一歩引いた位置にいた穴馬が2着を拾う、というのが毎年のパターン。
人気馬同士の馬連はあえて避けるというのも悪くない作戦です。
◆前走凡走からの巻き返しは難しい
過去10年の連対馬のうち、前走で掲示板を外していた馬は3頭のみ。
そのうち2頭はすでにGI勝ちのある抜けた実績の持ち主
(2014年1着のローマンレジェンド、2011年2着のオーロマイスター)でした。
真夏の重賞らしく、順調に来ている馬のアドバンテージは大きく、
並の実績馬ではなかなか巻き返せません。
◆勢いのあるチャレンジャーに注目
 最近7年間の勝ち馬のうち6頭は、
このレースが重賞初制覇でした(残りの1頭はローマンレジェンドの2勝目)。
それら6頭はすべてが4歳か5歳で、斤量は56kg。
6頭いずれもオープン特別か準オープンからの臨戦で、
上り調子の勢いで重賞実績馬たちを負かして重賞タイトルを手に入れています。
8月14日新潟競馬情報
daf9d298
新潟 芝は差しか追い込み馬が有利か
【新潟・当日情報】晴れ、芝、ダートとも良馬場でスタート。
芝1200メートル戦の1Rは道中好位につけた馬が直線で最内を突いて
差し切り快勝。逃げた馬が2着に残り、
外を後方から外を追い込んだ馬が3着。
芝1800メートル戦の2Rは逃げた馬が押し切りを図るところを、
道中中団から直線で外を伸びた馬が差し切って快勝。
勝ち馬と同じような位置からさらに外を伸びた馬が3着。
ダート1800メートル戦の3Rは、4、5番手から直線で先に抜け出した馬を、
道中中団だった馬がゴール前で外から差し切り快勝。
同じく中団から中を伸びた馬が3着に入った。
芝1800メートル戦の5Rは道中後方だった馬が直線で外を突き抜け
中団やや後ろから中を割った馬が2着。
勝ち馬に続いて後方から伸びた馬が3着。

関屋記念

関係者コメント

5ce97856

真夏の高速マイル重賞。
サマーマイルシリーズが創設されてからは
その第2戦としての位置づけもありますが、
全3レースのなかで別定重量戦は関屋記念だけ。
当然、出走メンバーのレベルも一番高くなります。
過去10年の連対馬を見ても、クラレント、
ダノンシャーク、ドナウブルー、ジャスタウェイ、
スマイルジャック、カンパニーなど
GIでも好勝負できるような名マイラーの名前が並んでいます。
夏のローカル重賞の中では例外的に、
GIへと繋がりやすいレースだと言えるでしょう。
◆先行有利
コーナー二つのマイル戦は、本質的に差し馬に分があるコース形態ですが、
関屋記念は例外です。長いゴール前直線を意識して前半の
ペースが緩むことがほとんどのため、上がりが速い決着になって
差し・追い込み馬にはチャンスがなかなか訪れません。
過去6年の勝ち馬の4コーナーでの位置取りは、先頭が2頭、
2番手が2頭、3番手が1頭、5番手が1頭。世界を制する
ジャスタウェイですらこのレースを勝ち損ねたことを思えば、
差し・追い込み馬の評価には慎重にならざるを得ません
◆前走からの斤量減が強い
データとも関連しますが、「つまり格上馬とはなにか」ということです。
GIからの臨戦だったり、
ハンデ戦で重い斤量を背負わされていたりで、
前走から斤量が減っていた馬が、過去10年で8勝を挙げています。
1着に関しては、前走から斤量減になる馬から選ぶのが安全でしょう。
ちなみに、前走から斤量増という馬は、過去10年で46頭いて2着が1回のみ。
◆格がものを言う
過去10年の勝ち馬のなかで、このレースが初の重賞制覇だったのは
2010年のレッツゴーキリシマ一頭だけ。この馬もGI朝日杯2着をはじめとして、
再三重賞での好走歴がありました。実績馬に有利な別定条件に加えて、
各馬が能力を発揮しやすいコース形態
、綺麗な馬場での高速決着と、実績馬に有利な条件が揃っています。
他の夏のローカル重賞とは違って、
上り馬の勢いが通用しにくいレースであることには注意が必要で
14日小倉競馬

2e593523

小倉 芝は先行有利、ダートも前残りの傾向
【小倉・当日情報】開催5日目の13日は晴れ空の下、
芝・ダートともに良馬場で行われている。
開催3週目に入り3~4コーナー内側に傷みが見られるが、
全体的に状態は良好だ。
好位で運んだ馬が押し切り、先行有利となっている。
ダートも先週に引き続き、前残りの傾向だ。

 

[馬柱&データ]

メルマガ会員に馬柱提供中 馬柱&タイム指数&馬場指数
画像が大きいため、フューチャーフォンでは見られない可能性があります
o10

[レース紙面はこちら]

にほんブログ村 競馬ブログへ

ご入会お待ちして下ります
申込みはここから
→電話お問い合わせもこちらから

南関、中央競馬予想 1日2鞍 1点勝負のプロイチ。

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer

1点勝負したい人は上記に登録

にほんブログ村 競馬ブログへ

南関競馬予想ナンバーワン 競馬ジロウグループ