プロイチ 競馬情報 秋華賞 調教採点&展望

プロイチ 競馬情報 秋華賞 調教採点&展望

秋華賞必勝態勢!
先週は全鞍的中、こんな予想は他には無い!

神の予想で、稼いでください 
銀行振込は金曜日確認まで、急いでください!
・上級者の方は 軸厳選コース 4320円
・買い目を作れない方 本命コース 12960円
・JRA月極コース只今キャンペーン中 月70000円でフルで楽しめます♪

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は
プロイチ&メイチでどうぞ
毎日終了まで募集中
申込みお問い合わせはこちら
◆秋華賞調教採点

1位 レッドアヴァンセ S

c94d9584

 時計のかかる状態だった栗東坂路で鋭い伸び。状態アップは確実

2位 ミエノサクシード S

6f4fa4fe

 柔らかく滑らかなフットワーク。Cウッドで楽々と12秒1

3位 ジュエラー A

79baa221

馬場が軽いPコースとは言え鋭い走り。前走時より集中力を増す
陣営コメント4c10088c

◆秋華賞展望
オークス馬にして、ローズSの勝ち馬シンハライトが故障で戦線離脱。
レース間近になって大本命馬が消えた格好で、
牝馬三冠の最終決戦は、にわかに風雲急を告げた印象があります。
小回りで直線が短い京都内回りコースゆえ、
かつてはブエナビスタが敗れたり、ジェンティルドンナが苦戦を強いられたり、
必ずしも実力馬が力量差を見せつけるとは限らない面があります。
波乱が前提と考えておくべきでしょう。
◆古馬混合戦での経験が活きる
昨年3着のマキシマムドパリ、一昨年の勝ち馬ショウナンパンドラ、
2013年2着のスマートレイアー、2012年3着のアロマティコ、
2011年の勝ち馬アヴェンチュラ、2着のキョウワジャンヌにはいずれも
「前走か前々走で古馬混合のレースを走っていた」という共通点がありました。
古馬相手に揉まれた経験が、
厳しい流れになる秋華賞でものを言ってくるようです。
◆ローズS組が主力だが着順は流動的
関東馬も関西馬も、ほとんどの有力馬はローズSをステップにします。
しかし、ローズSと秋華賞では、コース形態がまったく異なりますし、
ペースも正反対になることが多いので、
両レースの着順に連動性はあまりありません。
メイショウマンボもアパパネも、
ローズSの馬券圏外から巻き返して秋華賞を快勝しました。
前哨戦はあくまでも前哨戦。着順に神経質になる必要はありません
◆三冠で唯一の小回り決戦
3歳牝馬の重要レースは大部分が直線が長いコースで行われます。
馬によっては小回りコースを走るのが初めてというケースもあって、
小回り実績は無視できない要素になります。
昨年2・3着のクイーンズリング、マキシマムドパリ、
一昨年の勝ち馬ショウナンパンドラ、2013年の勝ち馬メイショウマンボ、
2011年の勝ち馬アヴェンチュラ、
2012年にジェンティルドンナを追い詰めたヴィルシーナには、
いずれも小回りコースでの勝ち鞍がありました。
<秋華賞>
 過去10年のデータを参考にする。
★1番人気 【3・1・3・3】で連対率4割、複勝率7割。
絶対的な存在とは言えない。
★ローテ 連対馬20頭の前走を見ると、ローズS組が15頭で断然トップ。
残りはオークスからの直行が1頭、アメリカンオークス、
クイーンS、紫苑S(2年前の新潟開催)、夕月特別が1頭ずつとなっている。
ローズS組のワンツーが過去10年で6度。
昨年はローズS2着ミッキークイーンと同5着クイーンズリングのワンツーが決まった。
★前走着順 勝ち馬の前走着順は【4・3・0・3】で
馬券圏外から巻き返した馬が3頭いる。08年ブラックエンブレムはローズS15着、
10年アパパネはローズS4着、13年メイショウマンボはローズS4着から戴冠。
前走敗戦組を狙うときはローズS組を重視したい。
★抽選組 昨年は賞金900万組で2分の1の抽選を突破したマキシマムドパリが
8番人気で3着に食い込んだ。
今年も賞金900万組が抽選対象で5分の4(火曜時点)の確率になっている。