プロイチ 競馬情報 エリザベス女王杯 追い切り&調教採点

プロイチ 競馬情報 エリザベス女王杯 追い切り&調教採点

重賞連続的中中
稼げる競馬は競馬ジロウグループのみ
今週も全鞍的中狙います♪
・勝負レースをご紹介 本命コース 12960円
・稼ぎたい方は、月単位で稼いで行く月極コースで!

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は
プロイチ&メイチでどうぞ
毎日終了まで募集中
申込みお問い合わせはこちら
エリザベス女王杯調教採点 レース展望

1位 ミッキークイーン S

76fa53d1

 この馬らしい回転が速く鋭いフットワーク。仕上がり良好

2位 シングウィズジョイ A

99e39128

 力のいるCウッドで豪快な走り。かなり状態は良さそう

3位 マリアライト A

91a6d91a

 時計的は地味だがスムーズで柔らかな走り。体調は良さそう
エリザベス女王杯
<エリザベス女王杯データ>
過去10年のデータを参考にする。
★勝ち馬は人気薄も 人気別では1番人気馬が6連対でトップ。
ただし1着は2回だけで、2着が4回。連軸向きとは言えるが
頭固定となるとやや心もとない。1着馬は他に4、7番人気から2頭ずつ。
09年には11番人気のクィーンスプマンテが大金星を挙げており、
人気薄馬の一発は要警戒だ。
★3歳馬優勢 年齢別では、5勝、2着4回の3歳馬が勝率9・4%、
連対率17・0%ともトップとなっている。4、5歳馬は連対率10・0%と
10・6%でほぼ五分。6歳以上は1着はなく、苦戦傾向だ。
★前走3、4着馬に注目 前走着順別では、前走1着馬(2勝、2着3回)と、
前走2着馬(1勝、2着4回)が連対数は5回でトップタイ。
ただし勝率はそれぞれ5・3%、4・8%。これならば、2勝ずつ挙げている
前走3着馬(勝率16・7%)と前走4着馬(勝率10・5%)の方が面白い。
◆ 秋の牝馬の大一番。
しかしながら、天皇賞から中一週、ジャパンカップへも
中一週という狭間に位置するため、
超のつく一流どころはエリザベス女王杯を使わないことが近年増えています。
昨年はミッキークイーン、ショウナンパンドラが不在。
今年もルージュバックは天皇賞へ向かい、
秋華賞馬ヴィブロスも休養に入ったため、
上位の壁が薄くなっていることには注意が必要です。
◆長めの距離での実績に注目
牝馬の重賞はほとんどが1600mから2000mで行われます。
2000mを超えるのは、オークスとこのレースだけ。
2200m戦は、普通ならば牝馬には走り慣れない条件であり、
そこに穴のヒントがあります。
昨年6番人気で1着のマリアライト、
2009年に11番人気で1着のクイーンズスプマンテには、
いずれも2400m以上の距離での実績が豊富だった、
という共通点があります。また、近年オールカマー組の好走が目立つのも、
距離が本番に近いからという理由もあるも思われます。
◆牝馬は勢いよりゆとりが大事
牝馬は牡馬よりも体力的に劣るので、
疲労の回復にも時間が掛かるのが当たり前です。
オールカマー組の好走が目立つ背景のひとつには、
本番までの間隔がゆったりしている点があります。
10月の前哨戦を使った組も、そこで激走した馬は疲労残りに要注意。
むしろ、前哨戦と割り切ってそこそこの着順に終わった馬に馬券的妙味があります。
◆牡馬混合戦の経験が活きる
秋華賞、府中牝馬Sがおもな前哨戦ですが、
この二つの路線だけで決着したのは2008年が最後。
以降は必ず一頭は前走で牡馬混合戦を走っていた馬が馬券になっていて、
昨年に至っては、オールカマー組がワンツーを決めました。
牡馬混合戦>>牝馬限定戦の図式がはっきりしています。
◆最終追い切り情報

71450cf5

◆各陣営コメント

b1c16273