プロイチ 競馬情報 ジャパンカップ 追い切り&調教採点

プロイチ 競馬情報 ジャパンカップ 追い切り&調教採点

重賞連続的中中
稼げる競馬は競馬ジロウグループのみ
今週も全鞍的中狙います♪
・勝負レースをご紹介 本命コース 12960円
・稼ぎたい方は、月単位で稼いで行く月極コースで!

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は
プロイチでどうぞ
毎日終了まで募集中
申込みお問い合わせはこちら
ジャパンC
芝2400m
昨年から1着賞金が3億円に増額されましたが、
国内勢、外国招待馬ともにもうひとつ
華やかさに欠ける組み合わせになってしまった印象。
秋の天皇賞に出走していた馬はわずか2頭だけですし、
宝塚記念で掲示板に乗ったのもキタサンブラック1頭だけ。
現状の中長距離路線の層の薄さが如実に表れたメンバー構成になりました。
◆GIIからの直行はマイナス
過去10年間、前走が国内外問わずGIでなかったという馬が3着以内したのは、
2008年のスクリーンヒーロー(前走アルゼンチン共和国杯)ただ一頭だけです。
とくに京都大賞典からの直行ステップは[0-0-0-9]、
これには2番人気のゴールドシップ(2013年)や
3番人気のインティライミ(2007年)も含まれます。
国内最高峰の一戦であるジャパンCに、天皇賞(秋)をスキップして
相手関係もレース展開も楽なGII戦から
直行するローテーションがはたして適切なのかどうか、疑問が残ります。
◆軽い斤量が有利
過去10年で斤量55kg(3歳牡馬か古馬牝馬)が5勝して2着3回で、
勝率13.9%、連対率22.2%。一方、斤量57kgの馬(古馬牡馬)は4勝2着6回で勝率3.3%、
連対率8.2%。ちなみに斤量53kg(3歳牝馬)は勝率10%、連対率20%。
凱旋門賞がそうであるように、
ジャパンCも軽い斤量の馬に有利なレースです。
◆天皇賞(秋)はマイラー有利だった
今年の天皇賞(秋)のレース上がりは3F34.2秒。
差して好走するためには33秒台の高速上がりが必要となり、
1800m以下の距離での実績があるスピード馬が上位に好走しました。
スタミナが問われる流れではなかったので、
そこでの着順をジャパンCで信用していいのかどうか、再考の余地があります。
◆最終追い切り情報
ジャパンカップ追い切り情報
ジャパンC調教採点

1位 リアルスティール S

リアルスティール

 栗東坂路で単走追い。
ラストは11秒台の鋭い伸び。上積みはかなり大きい

2位 ゴールドアクター A

ゴールドアクター

 美浦ウッドで僚馬に半馬身先着。
ゴール後もしばらく脚を伸ばした

3位 キタサンブラック A

キタサンブラック

 栗東Cウッドで2歳未勝利に楽に頭差先着。
しまいは迫力十分の動きだった
<ジャパンC>
 過去10年のデータを参考にする。
★天皇賞・秋組が断然 1~3着馬の前走を見ると、
天皇賞・秋組が19頭(6勝、2着6回、3着7回)で断然。
1~3着独占も3回ある。これに凱旋門賞4回
(1勝、2着2回、3着1回=※今年は該当馬なし)、
菊花賞と秋華賞が各2回などと続く。
★牡5歳馬が怖い 1~3着馬の馬齢、性別は牡4=7頭
(4勝、2着2回、3着1回)、牡5(2着3回、3着3回)=6頭。
この両者が主力だ。以下、牡3と牝4=各4頭、牝3と牝5=各3頭
牡7=2頭、牡6=1頭で続く。中心は牡4歳だが、
過去5年に絞れば牡5が6頭も絡んでいる。牡5の2、3着狙いが妙味。
★1番人気は堅実 1番人気は3勝、2着3回、3着2回で着外は2回のみ。
連対率は6割、複勝率は8割と馬券の軸として信頼度は高い。