プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬 11月 27日(ジャパンカップ)

プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬 11月 27日

マイルチャンピオンシップ3連単的中!
JRAで稼ぎたい方、遠慮無くご入会ください
稼ぐなら今でしょ、競馬ジロウグループは結果にコミットします

安心のシステム
・決済後すぐ入会
・入会数限定数無し
・予想金額以外追加料金無し


「27日の提供コース&提供数」

・1点勝負 1鞍

・3点勝負  2鞍

・夢馬券コース  無

・本命コース  4鞍+ジャパンカップ

最新情報はメルマガ登録してください(一番下にフォームがあります)
業界最速、明日の紙面(馬柱)も公開します
完全無料です。

月極会員コース会員募集中 JRAだけのコースも新規設定しました
ギャンブルでは
無く、稼ぎたい方待ってます♪

[提供金額] レース終了まで提供可能

  • 1点勝負 30000円
  • 3点勝負 30000円
  • ジロウの勝負 60000円
  • 買い目コース 1鞍2160円 10800円 
  • 本命コース 1日 12960円 

[今すぐ申し込み]
安心してご入会ください
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の速報

東京3R
3点勝負 3点 馬単 900円
単勝 200円
2連系 2点 馬単 900円
3連系 ×

本日の状況
[随時更新します] 
[お薦め度]
★★★
[スタートレース]
3Rから
[概要]
今日は、弊社指定超A級レースはないが
複以上これる馬が居るレースを選びました
良く言われることなのですが
軸が強くても1点勝負馬券は出来ません
そんなレースは連下混戦と弊社は評価
競馬は相手が居てこそ強い軸が生きるのです
 27日は厳選の4鞍提供予定
ジャパンカップ3連単再現します
資金に応じて、買い目アドバイスもします
単複勝負も可能な、JRA本命コースです
全レース勝負レースです
京阪杯紙面追加しました(ジャパンカップとパスワード同じです)
ジャパンカップ概況
[随時更新します]
ジャパンC
芝2400m
海外からの参戦は2カ国3頭と少々寂しいが、
事実上の国内最強馬決定戦に好メンバーが集結した。
京都大賞典を快勝して挑む春の天皇賞馬キタサンブラックに、
昨年の有馬記念覇者ゴールドアクター、天皇賞・秋で2着に入った
リアルスティール、アルゼンチン共和国杯を完勝したシュヴァルグラン、
3歳馬では皐月賞馬ディーマジェスティも参戦。

aa1cce3a

ディーマジェスティ
巻き返しの材料は揃いました
陣営コメント
c7ed757d
26日馬場状態
◆東京 芝はタフな状態 ダートは先行勢止まらず
【東京・当日情報】5回東京7日目は晴天の下で行われている。
木曜日に降雪はあったが、すでに除雪は終わっており、
1レースから芝は良、ダートは重の発表となっている。
ダートは1Rの未勝利戦が逃げ切り。
6Rの新馬戦は好位を進んでいた馬が先行した2頭を差し切った。
脚抜きがいい馬場で先行勢が止まらない。
芝は良馬場発表。ただ、上がりの時計が掛かっており、
見た目と数字以上にタフな状態だ。
2R、3Rの未勝利戦は差しが決まった。
◆京都 芝は内が止まる感じ、見受けられず
【京都・当日情報】京都7日目は晴れ。
芝、ダートともに良馬場で行われている。
芝はCコース(Aコースから直線部7メートル、
曲線部6メートル外に内柵を設置)を使用。
午前中、芝では2レースが行われた。3R(1400メートル)は
クライベイビーが好位の内から抜け出し勝ち。勝ちタイムは1分22秒8で、
2、3着は中団から伸びてきた。4R(2000メートル)は
アルメリアブルームが好位2番手から押し切った。
勝ちタイムは2分3秒1。2着馬は内から迫っており、
外を通った人気どころは手応えの割に伸びていない。
開催が進んでいるが、内が止まる感じはそれほど見受けられない。
ダートでは2レースが終了。1R(1400メートル。
勝ちタイム1分26秒6)、2R(1800メートル。勝ちタイム1分52秒3)
ともに、前めにつけた馬が上位を占めた。
乾いた力のいる馬場で、極端な追い込みは決まらなさそう。
昨年から1着賞金が3億円に増額されましたが、
国内勢、外国招待馬ともにもうひとつ
華やかさに欠ける組み合わせになってしまった印象。
秋の天皇賞に出走していた馬はわずか2頭だけですし、
宝塚記念で掲示板に乗ったのもキタサンブラック1頭だけ。
現状の中長距離路線の層の薄さが如実に表れたメンバー構成になりました。
◆GIIからの直行はマイナス
過去10年間、前走が国内外問わずGIでなかったという馬が3着以内したのは、
2008年のスクリーンヒーロー(前走アルゼンチン共和国杯)ただ一頭だけです。
とくに京都大賞典からの直行ステップは[0-0-0-9]、
これには2番人気のゴールドシップ(2013年)や
3番人気のインティライミ(2007年)も含まれます。
国内最高峰の一戦であるジャパンCに、天皇賞(秋)をスキップして
相手関係もレース展開も楽なGII戦から
直行するローテーションがはたして適切なのかどうか、疑問が残ります。
◆軽い斤量が有利
過去10年で斤量55kg(3歳牡馬か古馬牝馬)が5勝して2着3回で、
勝率13.9%、連対率22.2%。一方、斤量57kgの馬(古馬牡馬)は4勝2着6回で勝率3.3%、
連対率8.2%。ちなみに斤量53kg(3歳牝馬)は勝率10%、連対率20%。
凱旋門賞がそうであるように、
ジャパンCも軽い斤量の馬に有利なレースです。
◆天皇賞(秋)はマイラー有利だった
今年の天皇賞(秋)のレース上がりは3F34.2秒。
差して好走するためには33秒台の高速上がりが必要となり、
1800m以下の距離での実績があるスピード馬が上位に好走しました。
スタミナが問われる流れではなかったので、
そこでの着順をジャパンCで信用していいのかどうか、再考の余地があります。
◆最終追い切り情報
ジャパンカップ追い切り情報
ジャパンC調教採点

1位 リアルスティール S

リアルスティール

 栗東坂路で単走追い。
ラストは11秒台の鋭い伸び。上積みはかなり大きい

2位 ゴールドアクター A

ゴールドアクター

 美浦ウッドで僚馬に半馬身先着。
ゴール後もしばらく脚を伸ばした

3位 キタサンブラック A

キタサンブラック

 栗東Cウッドで2歳未勝利に楽に頭差先着。
しまいは迫力十分の動きだった
<ジャパンC>
 過去10年のデータを参考にする。
★天皇賞・秋組が断然 1~3着馬の前走を見ると、
天皇賞・秋組が19頭(6勝、2着6回、3着7回)で断然。
1~3着独占も3回ある。これに凱旋門賞4回
(1勝、2着2回、3着1回=※今年は該当馬なし)、
菊花賞と秋華賞が各2回などと続く。
★牡5歳馬が怖い 1~3着馬の馬齢、性別は牡4=7頭
(4勝、2着2回、3着1回)、牡5(2着3回、3着3回)=6頭。
この両者が主力だ。以下、牡3と牝4=各4頭、牝3と牝5=各3頭
牡7=2頭、牡6=1頭で続く。中心は牡4歳だが、
過去5年に絞れば牡5が6頭も絡んでいる。牡5の2、3着狙いが妙味。
★1番人気は堅実 1番人気は3勝、2着3回、3着2回で着外は2回のみ。
連対率は6割、複勝率は8割と馬券の軸として信頼度は高い。

[馬柱&データ]

メルマガ会員に馬柱提供中 馬柱
画像が大きいため、フューチャーフォンでは見られない可能性があります
o10

[馬柱はこちら]

にほんブログ村 競馬ブログへ

ご入会お待ちして下ります
申込みはここから
→電話お問い合わせもこちらから

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ

南関競馬予想ナンバーワン 競馬ジロウグループ