プロイチ 競馬情報 京成杯

京成杯

プロイチ 競馬情報 京成杯

京成杯、日経新春杯、愛知杯全部狙います!
稼げる競馬は競馬ジロウグループのみ
今週も全鞍的中狙います♪
・勝負レースをご紹介 本命コース 12960円
・稼ぎたい方は、月単位で稼いで行く月極コースで!

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は
プロイチでどうぞ
毎日終了まで募集中
申込みお問い合わせはこちら
京成杯
奥村武厩舎、イブキで2週連続重賞V狙う
2週連続重賞制覇だ。フェアリーSで開業4年目での重賞初制覇を飾った
奥村武師(40)が、今週の京成杯(G3、芝2000メートル、15日=中山)
にも有力馬イブキ(牡3)を出走させる。昨夏の新潟2歳S(3着)
以来となるが、仕上がりは上々。今週も新鋭厩舎の勢いに乗る手だ。
この勢いには逆らえない。奥村武厩舎が、イブキで2週連続重賞Vを狙う。
先週はフェアリーS(ライジングリーズン)で重賞初制覇。
寒竹賞ではホウオウパフュームが大外一気でオークスの有力候補に名乗りを上げ、
新馬戦もヴォルタが楽勝した。開幕3日間で7戦3勝3着1回は堂々のリーディング。
師は「暮れが良くなかったからね。その分でしょう」と謙遜したが、
明け3歳が結果を出しているのは大きい。
イブキは骨膜の影響で新潟2歳S(3着)以来、4カ月ぶりの出走になる。
ただ、既に脚もとの不安はなく、先月中旬から美浦ウッドで意欲的に併せ馬を消化してきた。4日には古馬1000万を追いかけ半馬身先着。
時計も5ハロン67秒0-12秒4と上々で、今週のひと追いで仕上がりそう。
師も「10キロぐらい大きくなっている。成長しているよ」と目を細める。
その前走は、好位から直線で早めに先頭に立つ正攻法の競馬。
外回りの長い直線で最後は切れ負けしたが、地力は十分に見せた。
「切れ味勝負は向かない。(新馬戦で乗った)
ミルコが『距離を延ばしていいタイプ』と話していた」。
今回の舞台替わりは大歓迎だ。
フェアリーSの後、師は「重賞初勝利は来週かと思っていた」と話していた。
「来週」とは、もちろんこのイブキ。先週を上回る自信を胸に、
2週連続重賞Vに挑戦する。
京成杯
アサギリジョー満を持し出走、師期待の能力
アサギリジョーが満を持して出走する。
先週の寒竹賞にも登録があったが、重賞のここまで待機。
前走の葉牡丹賞はレイデオロの3着。2走前の未勝利戦ではマイネルスフェーンを
破った。後のホープフルS1、2着馬と好勝負を演じた実力は侮れない。
相沢師も「能力はある。上積みはあるし、
マイネルスフェーンとの比較でも楽しみだ」と期待を寄せた。
京成杯
ガンサリュート重賞級と戦った経験生かす
ガンサリュートが一発を狙う。デビュー戦の516キロから未勝利戦を突破した
前走が500キロ。安田翔助手は「使いつつ絞れてきた。動ける体になって、
結果にも直結してきた」と振り返る。1勝馬が大半を占めるメンバー構成。
ペルシアンナイト、リスグラシュー、
カデナといった重賞級と戦ってきた経験は貴重だ。
京成杯
コマノインパルス「センスいい」賞金加算だ/
コマノインパルスは確実に賞金加算を狙う。
葉牡丹賞2着後、昨年末のホープフルSにも登録していたが、
レイデオロとの再戦を見送り、ここに向けてじっくりと調整してきた。
菊川師は「デビュー時は男馬の割に線が細いのが気になっていたが、
2戦目は増えて出せた(プラス10キロ)。初戦は前で競馬をして、
前走は後ろから。すごくセンスがいい」と期待する。