プロイチ 競馬情報 セントポーリア賞

プロイチ 競馬情報 セントポーリア賞

稼げる競馬を実践する競馬ジロウグループで
稼ぎたい方はご相談ください
毎日進化している競馬予想で、皆様を応援します
・競馬で稼ぎたい方は、月極コース
・本命狙いは、本命コース 12960円
・超大穴狙いは、夢馬券コース 60000円
・上級者の方は 買い目コース 10800円勝ち鞍保証あり!
・メイン3鞍のみのメインコース6000円作りました!
・買い目を作れない方 1点勝負、3点勝負、本命コース、穴コースがお薦めです
的中する本物予想、是非ご覧ください

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は、競馬ジロウグループで
毎日終了まで提供中
絶好調のJRAの銀行振込は金曜確認分までに為ります
是非、お申し込みお待ちして下ります
申込みお問い合わせはこちらから
■セントポーリア賞
キセキ高い潜在能力、2連勝狙う
c1db19e6

昨年12月の新馬戦を快勝したキセキ
ルーラーシップ初年度産駒の大器キセキ(牡3、角居)がクラシック挑戦へデビュー2連勝を狙う。29日東京のセントポーリア賞(500万、芝1800メートル)に出走予定除外となった。“奇跡的”な不運を乗り越え、父の代表産駒へと名乗りを上げる。
キセキが不運を乗り越える。父ルーラーシップから受け継いだ500キロ近い雄大な
体格。まだ丸みの残るその馬体には潜在能力が詰まっている。
母父ディープインパクト、祖母ロンドンブリッジと母系も一流だ。
先週は“奇跡的”な除外に見舞われた。土曜の若竹賞に出走予定だったが、15頭中14頭が出走可能という状況でまさかの抽選除外。角居師も「奇跡の第1歩・・・ですかね」と苦笑いするしかなかった。1週スライドは誤算だが、悪いことばかりではない。「大きなコースになって直線が長いのはいい」。中山から東京へと舞台が替わるのは歓迎だ。
素質の高さは誰もが認める。初戦は3馬身半差の圧勝。父譲りなのかゲートはもたついたが、中団から徐々にポジションを上げ、直線はノーステッキで突き抜けた。レース後のルメール騎手は「強かった。とてもリラックスして走れたし、跳びが大きい。走ります」と絶賛。トレーナーも「まだ緩くて未完成だけど、それでいて走れる。
能力を見せてくれた」と評価した。
ルーラーシップの代表産駒に名乗りを上げる。初年度産駒は19頭が勝ち上がり22勝マーク。父の現役時を管理した角居師は「子出しもいいし、能力の高い馬が多い。体が整って大きく使えるようになれば、3歳秋以降に爆発する馬が出てくると思う。ずっと成長し続ける血統なので」とさらなる活躍を見込む。まずは自らが手がけるキセキをクラシックへ挑戦させる。どんな軌跡を見せてくれるのか、目が離せない。
■セントポーリア賞
ソーグリッタリング動きパワフル/
29日東京ではセントポーリア賞(3歳500万、芝1800メートル)が行われる。
ステイゴールド産駒のソーグリッタリング(牡、池江)が成長している。
24日朝は栗東坂路をキャンターで流したが、動きはパワフル。
「たくましくなっている」と池江師は評価する。
好位につけて、しぶとく伸びるのが持ち味だ。
「東京が合うと思って使う」。不利があった京都2歳S(5着)から約2カ月。
3歳初戦で進化した姿を見せるか。
■セントポーリア賞
ブエナ初子コロナシオン再出発
29日東京のセントポーリア賞(3歳500万、芝1800メートル)で
ブエナビスタの初子コロナシオン(牝、池添学)が再出発をはかる。
2戦目の黄菊賞で4着に敗れ、放牧を挟んで立て直した。
池添学師は「順調。前回は少頭数で変な競馬になって、嫌気が差したのでは。
精神的に難しいところがあるので。調教の感じ以上にレースで走れる馬だけど、
調教の動きも良くなってきた」と巻き返しを期待する。