プロイチ 競馬情報 天皇賞春

プロイチ 競馬情報 天皇賞春

稼げる競馬を実践する競馬ジロウグループで
稼ぎたい方はご相談ください
毎日進化している競馬予想で、皆様を応援します
JRA本命コース高額馬券続々的中中
この機会を見逃すな!
・競馬で稼ぎたい方は、月極コース
・本命狙いは、本命コース 12960円
・超大穴狙いは、夢馬券コース 60000円
・上級者の方は 買い目コース 10800円勝ち鞍保証あり!
・メイン3鞍のみのメインコース6000円作りました!
・買い目を作れない方 1点勝負、3点勝負、本命コース、穴コースがお薦めです
的中する本物予想、是非ご覧ください

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は、競馬ジロウグループで
毎日終了まで提供中
絶好調のJRAの銀行振込は金曜確認分までに為ります
是非、お申し込みお待ちして下ります
申込みお問い合わせはこちらから

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

こちらから、直接お問い合わせも可能です

天皇賞 情報
35ed5584

■ワンアンドオンリー新コンビ和田で復活期す

二人三脚でワンアンドオンリー(牡6、橋口)が復活を目指す。
この日のコース調整を含め、
中間は新コンビの和田騎手が付きっきりで調整。
しまいまで頭を沈める走りを目指してきた。
橋口師は「今までこんなに乗ってもらったことはない。
先週の追い切りがすごく良かったし、
人馬のコミュニケーションという点ではばっちり」と
手応えをつかんでいる。

 

■ディーマジェスティここ目標にだいぶ絞れた

日経賞6着のディーマジェスティ(牡4、二ノ宮)は25日、
美浦南角馬場で体をほぐした後、ウッドを軽く1周半流した。
動きを見守った二ノ宮師は「ここ目標にやってきて、
だいぶ絞れてきたな」と笑顔で話した。
昨秋はセントライト記念を快勝後、
菊花賞(4着)とジャパンC(13着)で敗退。
師は「ジャパンCの頃が疲れのピークだった。
いいリフレッシュができたし、1回たたいて順調ですよ」と巻き返しを誓った。

 

■紅一点プロレタリアト直線勝負に懸ける

紅一点のプロレタリアト(牝6、小島茂)は
美浦の角馬場から坂路に入り、63秒7-15秒0で駆け上がった。
馬体は引き締まり、状態は良さそう。
小島茂師は「(3走前に)京都で勝った時よりいい。
距離、コース適性も申し分ない。
ただ、さすがに相手が強い。
自分の競馬でどこまでやれるか」。
直線勝負で1つでも上の着順を狙う。

 

■シャケトラが2強初対戦でひと泡吹かせる

シャケトラが驚異の成長力で2強にひと泡吹かせる。
わずかキャリア6戦ながら、前走日経賞で初の重賞制覇。
23日は栗東坂路で4ハロン52秒9-12秒6。
上村助手は「良くなるのは秋ですよ。
まだまだやることも体も子供」と言うが
「ここまでは順調にきすぎるくらいきた」と笑顔を見せる。
キタサンブラック、サトノダイヤモンドとは未対戦。
「田辺騎手も2頭を見ながら競馬してくれるんじゃないかな。
競馬場ではすごく集中する」。未完の大器が、能力を全開させる。

 

■ゴールドアクターに新コンビ、横山典合格点

ゴールドアクターは新コンビの横山典騎手が2週連続で追い切りに騎乗し、
順調に仕上げられてきた。
1週前の20日には美浦ウッドで6ハロン80秒3-12秒8をマークし、
鞍上は「不安はない」と合格点。中川師も
「休み明けを使われて体が締まってきた。たたいた効果はある」と
日経賞5着からの巻き返しを期していた。

 

■打倒横綱、シュヴァルグラン初G1取り気合

シュヴァルグランが、初G1奪取へ勝負気配だ。
昨年は優勝したキタサンブラックの3着、
前走阪神大賞典ではサトノダイヤモンドの2着。
2強に屈してきたが、津田助手は
「あの2頭は横綱だけど、相手を倒すためにやっている。
着を拾うために出るんじゃない。春はここに全力ですよ」と力を込める。
スタートからの行きっぷりが良化するなど、着実に力をつけて大一番に臨む。

 

■レインボーライン長丁場得意で一発の魅力

レインボーライン(牡、浅見)は日経賞4着からの巻き返しを狙う。
4カ月ぶりの前走はガス抜きにもなった。
「前走はレースでも調教でも力んで走っていたから。
今は落ち着いているし、前走より折り合いやすい」と浅見助手。
昨年の菊花賞ではサトノダイヤモンドから0秒4差の2着。
ステイゴールド産駒らしく長丁場は得意で一発の魅力は十分だ。

 

■ゴールドアクター新コンビで昨年の借り返す

ゴールドアクター(牡6、中川)は軽快に坂路を1本流した。
4ハロン68秒3、しまい16秒8と軽めも、
篠島助手は「体が締まって、いい感じでスイッチが入ってきた」と目を細めた。
今年初戦の日経賞は前を捉えられず、
後ろにも差されて5着。「とにかく違うジョッキーが乗って、
馬がピリッとすることを期待」(同助手)との理由で
横山典騎手への乗り替わりを決めたという。
新コンビを背に1番人気で12着に敗れた昨年の借りを返す。

 

■蛯名騎手がディーマジェスティに「力ある」

ディーマジェスティも上昇気配。2週前はやや動きが重かったが、
蛯名騎手が乗った19日の1週前追い切りで美浦ウッドで
6ハロン79秒9-12秒5の好時計。
併せた相手を直線だけで3馬身切り捨てた。
「少しずつ軽くなっている。前走時よりもいい。
力はあるし、何とか目覚めさせたい」と話した。

 

■今年も8歳せん馬ラブラドライトが波乱使者

ラブラドライト(せん8、斉藤崇)が波乱の使者になる。
この日はCウッドで調整。
良好な仕上がりに斉藤崇師は
「順調にきてます。すごく充実している。いい状態で出られる」とうなずいた。
今年に入り万葉S、ダイヤモンドSと3000メートル以上の距離で連続2着。
「長距離は得意ですから」。昨年13番人気で
2着に入ったカレンミロティックと同じ8歳せん馬が、今年も不気味な存在だ。

 

■レインボーラインはいい状態 菊激走再現だ

レインボーラインが、淀で波乱を起こす。
23日は栗東坂路で4ハロン52秒9-12秒8をマーク。
若松厩務員は「いつものパターン。
動き、時計的にも良かった」と納得の調整ぶりだ。
「常に一生懸命走る馬。前走後は短期放牧に出して、
いい状態です。菊花賞のいい出来に、どれだけ近づけるか」。
9番人気ながら2着に食い込んだ昨年菊花賞の激走再現を期待した。

 

■成長顕著のトーセンバジル、狙うは番狂わせ

トーセンバジルは前走阪神大賞典がサトノダイヤモンド、
シュヴァルグランに続く3着。久保助手は「2頭が強い中で頑張った。
ただ、あれくらいは走れる。阪神より京都の方が脚を使えると思う」と好感触だ。G1初挑戦の昨年ジャパンCは11着に敗れたが、そこからの成長は顕著。
「自分のリズムで走れる位置で」。
スムーズに走って番狂わせを狙う。

 

■トーセンバジル好感触、京都の方が脚使える

トーセンバジル(牡5、藤原英)は前走阪神大賞典がサトノダイヤモンド、
シュヴァルグランに続く3着。久保助手は
「2頭が強い中で頑張った。ただ、あれくらいは走れる。
阪神より京都の方が脚を使えると思う」と好感触だ。
G1初挑戦の昨年ジャパンCは11着に敗れたが、
そこからの成長は顕著。「自分のリズムで走れる位置で」。
スムーズに走って番狂わせを狙う。

 

■ディーマジェスティ上昇気配、力はある

ディーマジェスティ(牡4、二ノ宮)も上昇気配だ。
2週前はやや動きが重かったが、
蛯名騎手が乗った19日の1週前追い切りでは美浦ウッドで
6ハロン79秒9-12秒5の好時計をマーク。
併せた相手を直線だけで3馬身切り捨てた。
 鞍上は「少しずつ軽くなっている。前走時よりもいい。
力はあるし、何とか目覚めさせたい」と話した。
 5812a8a5
↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ