プロイチ 競馬情報馬柱 安田記念

プロイチ 競馬情報馬柱 安田記念

稼げる競馬を実践する競馬ジロウグループで
稼ぎたい方はご相談ください
毎日進化している競馬予想で、皆様を応援します
3週連続南関完勝、中央もお任せください
・競馬で稼ぎたい方は、月極コース
・本命狙いは、本命コース 12960円
・超大穴狙いは、夢馬券コース 60000円
・上級者の方は 買い目コース 10800円勝ち鞍保証あり!
・メイン3鞍のみのメインコース6000円作りました!
・買い目を作れない方 1点勝負、3点勝負、本命コース、穴コースがお薦めです
的中する本物予想、是非ご覧ください

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は、競馬ジロウグループで
毎日終了まで提供中
絶好調のJRAの銀行振込は金曜確認分までに為ります
是非、お申し込みお待ちして下ります
申込みお問い合わせはこちらから

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

こちらから、直接お問い合わせも可能です

連日高額馬券的中中!
是非、入会ください

本命コース
入会絶賛受付中
船橋競馬は、毎日高額馬券を提供しました
明日も勝ちます、カード決済なら、すぐ入会出来ます
是非、競馬ジロウグループで、明日のJRA勝利してください

 

 

安田記念

44aa83b5
■リアルスティール(牡6、矢作)は、
他の矢作勢2頭と同様に坂路で調整した。
6枠11番に決まり「真ん中くらいだし、
あとはジョッキー(岩田騎手)に任せるだけ」と柿崎助手。
状態は上向きで「先週より息の入りが良かった」。
11着に敗れた2年前のリベンジを狙う。

 

■悲願のG1制覇を目指すリスグラシュー(牝4、矢作)は、
希望の偶数番に入った。「前走も外(16番)で好走しているからね。
偶数で良かった」と北口厩務員もひと安心。
中2週でも状態はさらに上昇ムード。
「ジョッキーに任せるだけ」と武豊騎手に託す。

 

■ただ1頭の外国馬ウエスタンエクスプレス(せん6、香港)は
真ん中の7番枠。サイズ師は枠について「場所がどこというより、
隣がどんな馬か、対戦相手がどういう馬かが大事。
それはこれから研究する」と語った。
この日は東京ダートコースを軽く2周して調整した。

 

■サングレーザー(牡4、浅見)は、ポリトラック1周で調整した。
「変わらずいい雰囲気。去年の秋から体も減らなくなった」と
川上助手も目を細める。外枠15番になったが「枠はどこでも良かった。
福永騎手もダービーで外から2番目の枠で勝ってる」と、鞍上に期待した。

 

■サトノアレス(牡4。藤沢和)は2番枠に入った。
この日は午前6時の開門と同時に美浦坂路を登坂した。
厚みある馬体は京王杯SC3着からの上積みを感じさせる。
津曲助手は「内めの偶数枠でいい。
いい脚を使うのでうまくさばければ。前走より前で競馬を」と話した。

 

■ヴィクトリアM4着アエロリット(牝4、菊沢)は2枠4番に入った。
先行タイプで願ってもない内枠だ。
菊沢師は「偶数番で良かった。ジョッキーも2度目なので、
乗り方は任せる。リズム良く運びたい」と話した。
金曜は美浦坂路を4ハロン65秒2と、ゆったりと駆け上がった。

 

■スプリントG1・2勝のレッドファルクス(牡7、尾関)は、
ほぼ真ん中の5枠9番。尾関師は「あまり内すぎるのは嫌だったので
競馬はしやすい」と歓迎した。
木曜の馬体重が前走から14キロ増の486キロ。
そのため金曜は角馬場、ウッド、坂路1本と意欲的に調整した。

 

■ 重賞連続2着キャンベルジュニア(牡6、堀)は
追い切り翌日のため、角馬場を使って軽めの調整で終えた。
4枠8番に森助手は「枠は決められたところで、
調教師と騎手が作戦を決めると思います」と話した。
歩様に硬さはなく、中2週でも調子落ちはない。

 

■G1初挑戦のヒーズインラブ(牡5、藤岡)は12番から発進する。
「偶数だし、大外でもないしね」と藤岡師。
昨年12月以降の5戦は掲示板を外しておらず、
安定感がある。「折り合いがつくようになったのが大きい。
安定して切れる脚を使っている」と成長力で勝負だ。

 

■ダッシングブレイズ(牡6、吉村)は角馬場から坂路で調整した。
「順調です。どこも異常はない」と吉村師。枠番(3番)は
「できれば偶数の方がいいけど、基本どこでもいい」とそれほど気にしていない。
「中団あたりで流れに乗れば」。
 過去3勝の東京で一発を狙う。

 

■連闘で挑むモズアスコット(牡4、矢作)は、
テンションが鍵を握りそうだ。
「先週使って心肺機能は良くなっている。
あとはテンションが高くならなければ」と宮内助手。
重賞未勝利も、潜在能力抜群のフランケル産駒。
10番枠には「いい枠です」と歓迎した。

 

■レーヌミノル(牝4、本田)は角馬場からCウッドで汗を流した。
偶数の6番となり、本田師は「もうちょっと外が良かったけど、
内過ぎないからいい」。
調教後の体重は前走比16キロ増の494キロだったが
「輸送があるし、同じくらいになると思う」と話した。

 

■ 昨秋のマイル王ペルシアンナイト(牡4、池江)は
前走大阪杯と同じ5番枠となった。
兼武助手は「欲を言えば偶数枠が欲しかったけど、
極端な外でなくてよかった。息づかいも整ってきたので」と期待を寄せた。

 

■中距離王者スワーヴリチャード(牡、庄野)が最内1番枠に入った。
久保淳助手は「枠はどこでもよかった。
(同じ東京の)共同通信杯も1番で勝ってるから」と静かに受け止めた。
金曜朝はCウッドでキャンター。
「体調はいい」。あとはM・デムーロ騎手の手腕に託す。

ルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ