プロイチ 競馬情報 アイビスSD

プロイチ 競馬情報 アイビスSD

稼げる競馬を実践する競馬ジロウグループで
稼ぎたい方はご相談ください
毎日進化している競馬予想で、皆様を応援します
3週連続南関完勝、中央もお任せください
・競馬で稼ぎたい方は、月極コース
・本命狙いは、本命コース 12960円
・超大穴狙いは、夢馬券コース 60000円
・上級者の方は 買い目コース 10800円勝ち鞍保証あり!
・メイン3鞍のみのメインコース6000円作りました!
・買い目を作れない方 1点勝負、3点勝負、本命コース、穴コースがお薦めです
的中する本物予想、是非ご覧ください

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は、競馬ジロウグループで
毎日終了まで提供中
絶好調のJRAの銀行振込は金曜確認分までに為ります
是非、お申し込みお待ちして下ります
申込みお問い合わせはこちらから

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

こちらから、直接お問い合わせも可能です

連日高額馬券的中中!
是非、入会ください

本命コース
入会絶賛受付中
船橋競馬は、毎日高額馬券を提供しました
明日も勝ちます、カード決済なら、すぐ入会出来ます
是非、競馬ジロウグループで、明日のJRA勝利してください

アイビスSD

■アイビスSD(G3、芝直線1000メートル、29日=新潟)に向けて
カラクレナイ(牝4、松下)が26日、栗東で追い切られ、
Cウッドで5ハロン66秒9-11秒7を計時した。
松下師は「もう少し遅く行きたかったみたいだけど、気持ちが入ってたみたい。
先週も『行きたがる』と聞いた。雰囲気はいい。具合は良さそう」と目を細めた。
■ 昨年3着馬レジーナフォルテは美浦ウッドを単走で駆けた。
馬なりで無理をせず、流れるようにゴールした。
4ハロン51秒9-12秒9。昨年は1000万勝ち直後の格上挑戦だったが、
今年は準オープンを勝って臨む1年ぶりの重賞だ。
佐藤師は「しまい重点で動きはよかったね。
馬がしっかりして、筋肉がついてきた。
夏負けもしていないし、順調にきた」と話した。
■レッドラウダが好調を持続している。
坂路で僚馬サンライズフルメン(3歳500万)と併せて2馬身先着。
力強いフットワークで、4ハロン52秒3-12秒7をマークした。
音無師は「いつも通り良かった。時計もいいし、何も悪くない」と
状態の良さを認める。前2走も千直で、
ともに最内枠で惜敗しているが、1000万の身でも侮れない。

■前走で500万を勝ったばかりのモルフェオルフェ(牝3、大江原)だが、
状態の良さには太鼓判を押せる。中1週のため25日は軽めの内容だが、
坂路4ハロン56秒8-13秒6(馬なり)で軽快に駆け上がった。
手綱を取った江田照騎手は「状態は良さそう。
格上挑戦ですがいいスピードがあるし、どれくらいの時計で走れるか。
直線1000メートルの適性はあると思うので楽しみです」と大駆けを狙う。

■昨年3着馬レジーナフォルテ(牝4、佐藤)は美浦ウッドを単走で駆けた。
馬なりで無理をせず、流れるようにゴールした。
4ハロン51秒9-12秒9。昨年は1000万勝ち直後の格上挑戦だったが、
今年は準オープンを勝って臨む1年ぶりの重賞だ。
佐藤師は「しまい重点で動きはよかったね。馬がしっかりして、筋肉がついてきた。
夏負けもしていないし、順調にきた」と話した。
■厩舎初の重賞制覇が懸かる森田厩舎の2頭、ダイメイプリンセス(牝5)と
ラブカンプー(牝3)は栗東坂路で併せ馬。
先着したプリンセス(4ハロン52秒7-12秒1)は手応えにもまだ余裕があった。
森田師も「頭の低いフォームで、格好良く走る」と納得。
秋山騎手も「1200メートルなら最後でちょっと止まってしまうけど、
1000メートルなら止まる前に終わる。いいんじゃないか」と適性を感じている。
ラブカンプーは、しっかり追われて時計はプリンセスより速い
(4ハロン52秒5-12秒6)。
森田師は「1000メートルは初めてやから・・・」と、ややトーンは慎重だったが、
鞍上M・デムーロ騎手は直線競馬の戦績【5・1・1・2】。
勝率は55・6%。今回は初めて重量51キロの騎乗となる点にも注目が集まる。
■レッドラウダ(牡5、音無)が好調を持続している。
坂路で僚馬サンライズフルメン(3歳500万)と併せて2馬身先着。
力強いフットワークで、4ハロン52秒3-12秒7をマークした。
音無師は「いつも通り良かった。時計もいいし、何も悪くない」と
状態の良さを認める。前2走も千直で、ともに最内枠で惜敗しているが、
1000万の身でも侮れない。

■ラインスピリット(牡7、松永昌)は坂路を4ハロン54秒
7-12秒2で駆け上がった。
1週前追い(19日)で51秒2-12秒4の好時計をマークしており、
松永昌師は「これくらいでいいだろう」と納得。
前走の函館SSは6着に敗れたが「窮屈だったし、さばけていれば」と
不完全燃焼のレースだった。勝ち鞍のある直線競馬でスムーズなら、
巻き返す力はある。

■7歳馬アペルトゥーラ(牡、国枝)が得意舞台で重賞に初めて挑戦する。
前走の韋駄天Sこそ6着に敗れたが、
新潟芝直線1000メートルは【3 0 0 1】。
昨夏以降に3連勝を飾った直線競馬の申し子だ。
右にもたれる癖があるため、コーナーのない真っすぐ走れるコースで最も力を発揮する。国枝師は「順調だよ。前走後はここ1本で調整してきた。
直線競馬ではあまり右に行く感じはないけど、
もたれたとしても馬場のいい外ラチ側に行けるのはいいよね」と期待する。

ルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ