プロイチ 競馬情報 京成杯

プロイチ 競馬情報 京成杯

・本命狙いは、本命コース 12960円
・超大穴狙いは、夢馬券コース 60000円
・上級者の方は 買い目コース 10800円勝ち鞍保証あり!
・メイン3鞍のみのメインコース6000円作りました!
・買い目を作れない方 1点勝負、3点勝負、本命コース、穴コースがお薦めです

にほんブログ村 競馬ブログへ

毎日終了まで提供中
絶好調のJRAの銀行振込は金曜確認分までに為ります
是非、お申し込みお待ちして下ります
申込みお問い合わせはこちらから

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

こちらから、直接お問い合わせも可能です

京成杯

■ウインガニオン(牡6、西園)が最終追い切りを行った。
043f6760

朝一番の坂路で4ハロン52秒0-13秒3。西園師は「時計としては十分。
ブリンカーを着けて、トップスピードに乗せる調教をした」と話した。
昨夏は3連勝で重賞を制覇しサマーマイルシリーズで優勝。
今年も最終戦のここを勝てば2連覇の可能性を残す。

■重賞3勝の6歳馬ヤングマンパワー(牡6、手塚)は美浦ウッドで3頭併せ。

シャドウハンター(新馬)、レッドオリアナ(古馬500万)を内から楽に抜き去り、
2頭にそれぞれ5馬身先着した。
時計は5ハロン68秒1-13秒1をいっぱいでマーク。
手綱を取った松岡騎手は「衰えはない。馬の感じは悪くないし
この馬なりの力を発揮できるのでは」と手応えを口にした。
前走関屋記念4着と復活の兆し。ハンデ57キロは背負い慣れた重量で、
上位争いが期待できる。

■“新生”ロードクエスト(牡5、小島茂)に復活の兆しだ。

ウッドでアーチザンバレット(新馬)とコパノステラート(3歳500万)を従え、
余力たっぷりに先着ゴール。最終追い切りで先行するのは初めてで、
土明助手は「あえて先頭にいって後ろからプレッシャーをかけられる中で、
どれくらい踏ん張れるか。直線の手応えは良かった」と納得の表情だ。
今年3戦連続で1200メートルを使った効果で、
序盤から好位キープと脚質転換に成功。
小島師も「最低でも前々で。ハナでもいい」と積極策で完全復活を見据えた。

■オープンに昇格したばかりのミッキーグローリー(牡5、国枝)は、

美浦坂路で4ハロン51秒8の2番時計タイを計時して好仕上がりだ。
キングスヴァリュー(3歳1000万)を4馬身追走して併入し、
ラストも12秒8でまとめた。国枝師は「反応がすごくいい。
心身ともここに来て良くなり、力をつけてきている」と満足そう。
全弟カツジは4月のニュージーランドTを制覇。
同じ中山芝1600メートルで、今度は兄が初の重賞挑戦でタイトル奪取に挑む。

■一昨年覇者のロードクエスト(牡5、小島)が2年ぶりの勝利を狙う。

2日にウッドで4ハロン54秒4-39秒3-12秒4を馬なりで計時。
推進力あるシャープな動きで、関屋記念5着後、
確実に上昇カーブを描いている。3歳の一昨年は後方から直線抜け出し古馬を一蹴。
飛躍を期待させたが、以後は未勝利と一進一退が続く。
小島師は「いい脚を長く持続させる馬で、(2走前、前走のように)
前々からの競馬が一番いい。今回も前々から。ハナでもいいと思う」と
大器の完全復活を見据える。

■5カ月ぶりでも、末脚確かなストーミーシー(牡5、斎藤誠)が侮れない。
1週前にウッドで5ハロンから強めに追って、
2日も4ハロンから馬なりで時計を出すなど乗り込みは入念。
両膝の軽い骨折で休養していたが、久々でも十分に力を出せる状態だ。
3歳のニュージーランドTで2着の好素材。一進一退を繰り返しながら、
前走のダービー卿CTで大外から豪快に伸びて3着と、復調の兆しは見せた。
斎藤誠師は「明日(水曜)しっかりやれば大丈夫。
いつもより仕上がりはいいし、楽しみ」と話した。

■ロジクライ(牡5、須貝)がサマーマイルシリーズ王者襲名を目指す。

遠藤助手は「勝ったら決まり。出る以上は狙いたいです」と力を込める。
中京記念はレコード決着。先行馬が軒並み崩れるなか、
4角4番手から2着と踏ん張った。「強い競馬をしてくれた。
先週も動いた(栗東坂路で4ハロン50秒7)し、具合は何も問題ない」。
ロジクライのほか、現在2ポイント以上を挙げるワントゥワン、
ヤングマンパワー、ウインガニオン、
ロードクエストもここを勝てばシリーズVとなる。

ルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ