プロイチ 競馬情報 ジャパンカップ

プロイチ 競馬情報 ジャパンカップ

稼げる競馬を実践する競馬ジロウグループで
稼ぎたい方はご相談ください
毎日進化している競馬予想で、皆様を応援します
・本命狙いは、本命コース 12960円
・超大穴狙いは、夢馬券コース 60000円
・上級者の方は 買い目コース 10800円勝ち鞍保証あり!
・買い目を作れない方 1点勝負、3点勝負、本命コース、穴コースがお薦めです
的中する本物予想、是非ご覧ください

にほんブログ村 競馬ブログへ

予想は、競馬ジロウグループで
毎日終了まで提供中
絶好調のJRAの銀行振込は金曜確認分までに為ります
是非、お申し込みお待ちして下ります
申込みお問い合わせはこちらから

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

こちらから、直接お問い合わせも可能です

連日高額馬券的中中!
是非、入会ください

ジャパンカップ

02fe0791

11月25日、東京では第38回ジャパンC(G1、芝2400m)が行われる。国内外のG1馬8頭を含む15頭が出走予定だが、何と言っても注目は3冠牝馬アーモンドアイ(牝3、国枝)だろう。3冠すべての勝ちっぷりが、1頭だけ別次元と言っていいほどの強さ。3歳牝馬のため53キロで出られる恩恵があるのも大きい。同じく3歳時にこのレースを制した3冠牝馬・ジェンティルドンナ以来のスーパーヒロインの誕生が期待できそうだ。

迎え撃つ古馬勢も黙ってはいない。まずは昨年の覇者シュヴァルグラン(牡6、友道)。東京コースは3戦2勝、3着1回で2400mも【4・1・2・1】と最も得意な条件だし、たたき2走目の上積みも大きそう。ただ昨年のこのレース以来、勝ち鞍がないのは気になるし、相性抜群のボウマン騎手が騎乗停止になったのも割引材料だ。

サトノダイヤモンド(牡5、池江)は前走・京都大賞典で約1年半ぶりの勝利を挙げた。まだまだ全盛期と比べたら物足りない部分はあるが、中間は徐々にこの馬らしさを取り戻している。現時点では打倒アーモンドの1番手と言っていいだろう。

スワーヴリチャード(牡4、庄野)は、1番人気の支持を集めた天皇賞・秋でまさかの10着。しかし大きく出遅れたのが敗因で、ほとんど走っていないためダメージも少なかった。M・デムーロ騎手もリベンジに燃えており、巻き返しは必至だ。

あとは天皇賞・秋で敢然とハナを奪い、3着に逃げ粘った昨年の菊花賞馬キセキ(牡4、中竹)、4度目のジャパンC参戦となる2年前の2着馬サウンズオブアース(牡7、藤岡)、そして初のG1舞台に立つ東京巧者ウインテンダネス(牡5、杉山)の走りにも注目だ。

なお今年、参戦する外国馬はアイリッシュダービー馬で凱旋門賞5着のカプリ(牡4、A・オブライエン=アイルランド)と、カナディアン国際2着のサンダリングブルー(セン5、ムニュイジエ=イギリス)の2頭。アルカセット(イギリス)が勝った05年以降は、日本馬が12連勝中だが、その記録をストップできるか。

 

 

ジャパンC
芝2400m (左)
42fdff2f
今年のジャパンカップに出走する外国招待馬はわずか2頭。
これは2006年と並んで過去最小タイとなる。
ただし、その2006年はデットーリ騎手が乗る大物牝馬ウィジャボードが参戦して、
3番人気でディープインパクトの3着と存在感を示した。
外国招待馬が3着以内に入った例はこれ以来途絶えていて、
近年では上位人気になるような強豪外国馬の出走も稀になった。

 

しかし、ジャパンカップを軽視するようになったのは、
外国招待馬だけではない。
天皇賞(秋)を勝ったレイデオロは有馬記念へ、
2着のサングレーザーは香港へ向かうなど、
国内の有力馬にとってもジャパンカップは、
いくつかある年末の大レースのひとつ、という位置づけになっていて、
かつての重みは失われつつある。
それにともなって、レースの性質が変化しているのもまた事実だ。

 

ジャパンC調教採点

 

1位 アーモンドアイ S
 美浦ウッドで僚馬(古馬1600万)を2馬身追走して4馬身先着。馬なりでなめらかな加速は申し分なし。鞍上も状態の良さを実感して笑みがこぼれた

 

2位 シュヴァルグラン A
 栗東坂路で2歳未勝利を3馬身追いかけ、ラスト1ハロンで併せて併入。地面をたたきつけるような力強さが出る。1回使えば状態がすごく上がる馬。ベストの舞台で連覇が懸かる

 

3位 サトノダイヤモンド A
 栗東Cウッドで僚馬トゥザクラウン(古馬1000万)と併せ馬。ラストは突き抜けて2馬身先着。短期放牧からいい状態で帰厩。きびきびした動きで、久々に併せ馬でスッと反応した

 

<ジャパンC>

 

過去10年のデータを参考にする。

 

★人気別 1番人気は3勝2着3回3着2回。馬券に絡まなかったのは11年デインドリーム(6着)と14年ジェンティルドンナ(4着)のみ。例年堅実な走りを見せている。1番人気と並ぶ3勝を挙げているのが4番人気。4番人気の馬にも注目だ。

 

★東西比較 関東馬が1勝2着1回3着2回に対し、関西馬が9勝2着9回3着8回と圧倒。関西馬を狙うと良さそうだ。

 

★外国馬 42頭が出走したが、馬券圏内は1頭もいない。09年コンデュイット(英国)の4着が最高。今回も静観が妥当か。

 

★性別 牡・せん馬は149頭、牝馬は24頭と出走数は大きく異なるが、成績は牡・せん馬が5勝2着8回3着8回に対し、牝馬が5勝2着2回3着2回と差はない。牝馬が優勢か。
ルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ