プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬  2019年2月17日

0cc89387

プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬  2019年2月17日

絶好調です
まずは、ご入会ください

安心のシステム
・決済後すぐ入会
・入会数限定数無し
・予想金額以外追加料金無し
・予想配信は,午前6時までに一斉配信(エクスプレス契約は除く)


「17日の提供コース&提供数」

穴&買い目コースは毎日全鞍提供

  • 1点勝負 30000円     1鞍
  • 3点勝負 30000円     2
  • 本命コース 12960円    6鞍
  • 穴コース 12960円     6鞍
  • 小御門コンサルコース 50000円    

・限定数無し
・レース終了まで販売可能です

月極会員コース会員募集中

[今すぐ申し込みはこちらから]
(弊社グループの南関競馬新聞の申込みページに飛びます)
安心してご入会ください
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の状況
[随時更新します] 
カード決済後必ずご連絡お願いします
決済後、決済確認メールは弊社に送られてきますが
電話番号、メアドなど、個人情報は送られてきません
必ず、小御門までご連絡をお願いします!

2月17日 東京競馬場

272ddb50
【東京・情報】
東京 芝は高速決着も差し届く ダートは先行有利
天候は晴れ。芝、ダートともに良馬場。
芝は5R3歳未勝利(1800メートル)が行われ、
中団を進んだマイネルミュトスが、1分46秒5の好時計で勝った。
前半のペースが速かったとはいえ、
優秀なタイムが出たように馬場コンディションは良好だ。
内、外の差はない。

ダートは3R3歳未勝利(1600メートル)が1分39秒6。
4R新馬戦(1400メートル)が1分27秒7。
時計は標準。こちらは先行有利か。

2月17日 京都競馬場

0cc89387
【京都・情報】
京都 芝は傷みあるも内外の差なし ダートは前残り
最終週を迎えた京都は薄曇りの下で始まった。
芝、ダートとも良馬場で開催が進んでいる。

芝は5R(1600メートル内回り)でこの日最初のレースが行われた。
勝ち馬は2番手から押し切り、断然1番人気の2着馬は中団から
外へ持ち出して追い込んだ。馬場は全体的に傷んできているが、
内と外の差はなさそう。先週からやや先行有利の傾向があり

ダートは午前中の3鞍で逃げ馬が2勝2着1回と活躍した。
前残りの馬場とみていい。

[お薦めコース]

  • 3点勝負
  • 本命コース

[提供数]

東京競馬場  3鞍 + 参考馬券 3鞍
京都競馬場  2鞍 + 参考馬券 1鞍
小倉競馬場  1鞍 + 参考馬券 2鞍

【本日の予想】

G1開催日にふさわしい内容

本命度 ☆☆☆☆
穴期待 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆☆

お薦めは本命コース
浦和では宣言通り、高配当も提供しました
17日もおまかせください
受付開始しています

提供レース(参考馬券)
東京 4R、11R,12R (2,9,10)
京都 10R,12R (1)
小倉 9R (3,10)

 

・本命コース 6鞍提供 12960円
http://ur0.work/PeCT
・1,3点勝負   (1鞍)2鞍提供  30000円
http://ur0.work/PeCY

【フェブラリーS】

フェブラリーSの見どころ

d6f0baa6
JRA史上初! 女性騎手が騎乗するG1に熱視線!
17日、2019年最初のG1・フェブラリーS(ダート1600メートル、東京)が行われる。冬の砂王にもっとも近いのは、破竹の6連勝で前哨戦の東海Sを制したインティ(牡5、野中)だろう。連勝中につけてきた着差が7→4→4→10→5→2馬身という圧勝。いずれも逃げ、あるいは先行しての危なげない内容だった。初コース、初距離という不安点もあるが、レジェンド武豊騎手と新たな歴史を作る期待も高まる。
そして今回、もっとも話題を集めているのが、藤田菜七子騎手の騎乗だ。JRA史上初めて女性騎手がG1に出走するのだが、その騎乗馬コパノキッキング(セン4、村山)も4連勝、しかも重賞を2連勝中という強豪。1600メートルは若干、長いのかもしれないが、上位人気は間違いないだろう。
強い4歳世代の中でも、実績で一歩リードするのがオメガパフューム(牡4、安田翔)。昨年暮れの東京大賞典では、ゴールドドリーム(牡6、平田)以下の歴戦の古馬を退け、G1初制覇を飾った。この馬はコパノと逆に距離が短いかも・・・という不安があるが、その堅実な末脚はここに入っても崩れそうにない。
2年前の覇者ゴールドドリームが、新興勢力の前に立ちはだかる。前走こそオメガパフュームに4分の3馬身及ばず2着だったが、東京マイルは【3・2・0・0】。2年前のチャンピオンズC制覇以来、G1のみを走って6戦連続連対中という安定感は、まさに現役屈指だ。
昨年の覇者ノンコノユメ(セン7、加藤征)、3年前の覇者モーニン(牡7、石坂)、どんな舞台でも大崩れしないレッツゴードンキ(牝7、梅田)などのG1馬も虎視眈々(たんたん)。他にも東京巧者サンライズノヴァ(牡5、音無)、G1で連続3着のサンライズソア(牡5、河内)、安定感を増してきたユラノト(牡5、松田)など
多彩なメンバーがそろった。

フェブラリーS調教採点

1位 インティ S
 ゆったりしたフォームでしまいの時計も優秀
2位 サンライズソア A
 軽めの動きだったが、ラストは力強い脚さばきで伸びる
3位 サクセスエナジー A
 パワフルな脚さばきで見た目以上に速い時計が出た

<フェブラリーS>

過去10年のデータを参考にする。
★関西優勢 東西比較では関西9勝、関東1勝。関東馬の優勝は18年ノンコノユメ1頭。2着も09年カジノドライヴ、16年ノンコノユメの2頭だけ。
★上位人気は不振 1番人気の勝利は、10年エスポワールシチー、11年トランセンド、15年コパノリッキーの3頭。2着も16年ノンコノユメ、18年ゴールドドリームの2回しかない。また、2番人気は2勝2着1回、3番人気も1勝2着2回。上位人気は信頼に乏しい。
★波乱含み 5番人気以下の伏兵は7連対と善戦している。14年のコパノリッキーは、16番人気で優勝した。当時の馬連は8万4380円、3連単は94万9120円。馬連の万馬券は3回あり、平均配当は1万1678円と波乱含み。
★外枠有利 2桁馬番が6頭優勝し、2着も5頭いる。昨年は12番ノンコノユメ(1着)、14番ゴールドドリーム(2着)で決まった。

申込みは此方から

即決済(全て1日料 金)

にほんブログ村 競馬ブログへ

ご入会お待ちして下ります
申込みはここから
→電話お問い合わせもこちらから

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ