プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬  2019年3月3日

64534e29

プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬  2019年3月3日

高配当的中叶えませんか?

安心のシステム
・決済後すぐ入会
・入会数限定数無し
・予想金額以外追加料金無し
・予想配信は,午前6時までに一斉配信(エクスプレス契約は除く)


「3日の提供コース&提供数」

穴&買い目コースは毎日全鞍提供

  • 1点勝負 30000円     2鞍
  • 3点勝負 30000円     3
  • 本命コース 12960円    4鞍
  • 穴コース 12960円     4鞍
  • 小御門コンサルコース 50000円    

・限定数無し
・レース終了まで販売可能です

月極会員コース会員募集中

[今すぐ申し込みはこちらから]
(弊社グループの南関競馬新聞の申込みページに飛びます)
安心してご入会ください
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の状況
[随時更新します] 
カード決済後必ずご連絡お願いします
決済後、決済確認メールは弊社に送られてきますが
電話番号、メアドなど、個人情報は送られてきません
必ず、小御門までご連絡をお願いします!

3月03日 中山競馬場
1523a055

【中山・情報】

中山 ダートは先行有利も展開次第で差し馬の出番
2回中山4日目は晴天の下で行われている。
木曜の降雨の影響で馬場状態は芝、
ダートともやや重の発表でスタート。

ダートは先週に比べ、やや時計が速い。
1R、3Rが1800メートルで行われ、勝ちタイムは1分56秒2、1分55秒4。
1Rは逃げ切り、3Rは3コーナーで先頭に立った馬が押し切っている。
同じ1800メートルの5Rはスローで流れ、1分59秒5の遅い決着。
先行馬が粘っている。2Rの1200メートル戦は
1分12秒1の勝ちタイムでハイペースの追い込み決着となった。
基本的には先行有利だが、展開次第で差し馬の出番もある。

午前中に芝コースのレースは行われなかった。
午後に入り、芝は良発表に回復した。
この日最初の芝競走となった6Rは向正面で後方3、4番手を走っていた
シャワークライムが逃げ粘るキープオンゴーインを差し切った。
勝ちタイムは1分48秒9。レースの上がり3ハロンが36秒4。
速い流れだったので、未勝利戦にしては優秀な時計だった。
3月03日 阪神競馬場
95d71925
阪神 芝は前残り、ダートは先行馬が有利
【阪神・当日情報】阪神開催3日目の2日は晴れ空の下、芝や良馬場、
ダートはやや重で行われている。
開幕2週目で芝の傷みはあまり見られず、
コンディションはまずまず良好だ。

午前中は芝が1鞍のみ。4R未勝利戦(芝2000メートル)は
4角先頭の馬が勝利した。
前残りとなっている。
ダートは先行馬が有利。

[お薦めコース]

  • 1点勝負
  • 3点勝負
  • 本命コース

[提供数]

中山競馬場  2鞍 + 参考馬券 2鞍
阪神競馬場  1鞍 + 参考馬券 3鞍
小倉競馬場  1鞍 + 参考馬券 1鞍

【本日の予想】

先週の20万馬券の再現をします

本命度 ☆☆☆☆
穴期待 ☆☆☆☆
回収度 ☆☆☆☆

絞りに絞った4鞍で決めます♪
2Rからスタートですお急ぎ下さい

小御門お薦めは

3点勝負のワイド狙い
220%回収を目指します

・本命コース 4鞍提供 12960円
http://ur0.work/PeCT
・1,3点勝負   (2鞍)3鞍提供  30000円
http://ur0.work/PeCY

【弥生賞】

弥生賞

芝2000m (右)
cc742b5e
皐月賞と同一条件で行われるトライアル競走で、
早い段階で賞金確保に成功した有力馬が足慣らしとして登場してくる。
出走権を確保していない馬は、もっと手薄な他のステップ競走に向かうことが多く
弥生賞は少頭数になるのが通例。中長距離志向の強い馬たちが多いことも相まって、
本番の皐月賞とは異なる遅いペースで流れることが多い。
皐月賞の1000m通過が過去10年間で最も遅かったのは、
東京競馬場で行われた2011年の60.3秒だが、
弥生賞での1000m通過は61秒を超えるのが当たり前で、
61秒を切ったのは過去10年で2016年の一回だけ。
同じコースで行われながら、皐月賞の予行演習として必ずしもベストとは言い切れない
面があり、相対的な重要性は低下傾向にある。
■オープン初挑戦は苦戦
■前走1着の勢いが必要
■スピードと反応の鋭さが必要

弥生賞調教採点

1位 ラストドラフト S
 ポリトラックで大外をまわり、鋭い伸び。前走以上

8a49f8ad

2位 ニシノデイジー A
 1週前は掛かったが、単走で適度な気合乗り。躍動感は抜群
3位 カントル A
 筋肉のボリュームがアップ。一戦ごとに迫力出てきた

<弥生賞>

過去10年のデータを参考にする。

★前走 優勝馬の前走着順を見ると

(1)(1)<4><5>(1)(1)(1)(1)(1)(1)。
10頭中8頭が勝っている。連対外から勝利したのは11年サダムパテック、
12年コスモオオゾラの2頭。また、2着馬も
(1)<2><2><4><4>(1)<7>
(1)(1)(1)で掲示板を外していたのは、15年ブライトエンブレムの1頭しかいない。惨敗からの巻き返しは難しい。

★東西比較 関西馬が6勝(2着8回)、関東馬が4勝(2着2回)と関西優勢。

ここ3年は関西馬が1~3着を独占している。

★人気別 1番人気は6勝、2着1回。2番人気は2勝、2着2回、3番人気は0勝、

2着1回。1番人気が強い一方で、5番人気以下の伏兵も6連対と善戦している。

★馬連 3桁配当も4回あるが、13年には1着カミノタサハラ(6番人気)

2着ミヤジタイガ(10番人気)で、5万2300円の高配当になった。
平均は7363円と波乱含み。

申込みは此方から

即決済(全て1日料 金)

にほんブログ村 競馬ブログへ

ご入会お待ちして下ります
申込みはここから
→電話お問い合わせもこちらから

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ