プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬  2019年5月19日

プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬  2019年5月19日

高配当的中叶えませんか?

安心のシステム
・決済後すぐ入会
・入会数限定数無し
・予想金額以外追加料金無し
・予想配信は,午前6時までに一斉配信(エクスプレス契約は除く)


「19日の提供コース&提供数」

穴&買い目コースは毎日全鞍提供

  • 1点勝負 30000円     1鞍
  • 3点勝負 30000円     1
  • 本命コース 12960円    6鞍
  • 穴コース 12960円     6鞍   

・限定数無し
・レース終了まで販売可能です

月極会員コース会員募集中

[今すぐ申し込みはこちらから]
(弊社グループの南関競馬新聞の申込みページに飛びます)
安心してご入会ください
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の状況
[随時更新します] 
カード決済後必ずご連絡お願いします
決済後、決済確認メールは弊社に送られてきますが
電話番号、メアドなど、個人情報は送られてきません
必ず、小御門までご連絡をお願いします!

5月19日 京都競馬場

936eab4e

【京都・情報】

京都 ダート先行勢優勢 芝は状態良く先行優位か
18日の京都は、くもり空の中でスタートした。
1R時点で芝、ダートともに良。

ダートは、3歳未勝利の1R(1200メートル)は、
6番人気のファビュラスギフトが逃げ切った。
勝ち時計は1分13秒2。同じく3歳未勝利の2R(1900メートル)は、
2番人気イグナーツが、2番手から抜け出した。
勝ち時計は2分3秒5。同じく3歳未勝利の3R(1800メートル)は、
3番人気ハニーエンパイアが差し切った。
勝ち時計は1分55秒1。時計は水準で、先行勢が優勢な状況。

芝は、3歳未勝利の4R(1200メートル)は、
1番人気エクレアスピードが好位から抜け出した。
勝ち時計は1分9秒2。芝の状態は良好で、
先行勢が優位にレースを運べそうだ。

【東京・情報】

東京 先行有利も差し届く ダートは後方一気厳しい

天候は晴れ。芝、ダートともに良馬場。
ここまで芝は4R3歳未勝利(1400メートル)が行われ、
後方を進んだオメガドーヴィルが直線外を伸び、1分21秒9で差し切った。
上がり3ハロンも34秒2と速い。先週ほどではないが、
相変わらず時計は出ている。先行有利だが外差しも届く。

ダートの1R3歳未勝利(1400メートル)は
1分26秒7でベターハーフが直線抜け出し。
2R3歳未勝利(1600メートル)は1分38秒8でティターヌが逃げ切った。
時計は先週並み。こちらも後方一気は厳しい。

[お薦めコース]

  • 1点勝負
  • 3点勝負
  • 本命コース

[提供数]

京都競馬場  3鞍 + 参考馬券 4鞍
東京競馬場  3鞍 + 参考馬券 1鞍

【本日の予想】

好調継続中
的中と高配当狙えます

本命度 ☆☆☆☆
穴期待 ☆☆☆☆
回収度 ☆☆☆☆

先週は、参考馬券でしたが10万馬券提供
今週も狙います
3点勝負は2鞍あり
勝負レースは6鞍です

1Rからあります
是非、ご参加ください

【該当レース】
本日提供レースです。
参考レース含みます

東京 3,4,7,11
京都 1,3,5,6,8,11

【速報】

・本命コース 6鞍提供 12960円
http://ur0.work/PeCT
・3点勝負   2鞍提供  30000円
http://ur0.work/PeCY

【オークス

5月19日 東京競馬場

56d898c7

オークスの見どころ
桜花賞馬不在! 勝つのは桜花賞組か? それとも・・・
5月19日、東京競馬場では牝馬クラシック第2弾・オークス(G1・芝2400メートル)が
行われる。グランアレグリアがNHKマイルCを選択したため、
3年ぶりに桜花賞馬不在となり、まさに大混戦の様相を呈してきた。

それでも、やはりオークスで最も良績を残している桜花賞組を上位と見るべきか。
桜花賞最先着のシゲルピンクダイヤ(渡辺)は、
チューリップ賞→桜花賞と連続2着。桜花賞では先行有利の流れの中、
上がり32秒7という強烈な上がりで勝ち馬に迫った。
折り合いがつくので距離延長も問題なさそう。
現時点では主役の座に最も近い1頭と見ていいだろう。

桜花賞でピンクダイヤから首差の3着に食い込んだクロノジェネシス(斉藤崇)が続く。デビュー以来、常にトップクラスで走り続け複勝率100%をキープ。
ここも大崩れは考えづらい。前走で初めて土が付いた
2歳女王ダノンファンタジー(中内田)だが、
グランアレグリアを追って先に動いての4着。決して力負けではない。
となるとポイントは、やはり2400メートルという距離か。
この時期の牝馬は能力で距離をカバーすることも多いので、
折り合い面が課題となりそうだ。

台風の目となるのは、無傷の3連勝で忘れな草賞を
差し切ったラヴズオンリーユー(矢作)だ。3走連続で上がり最速をマークした
末脚は脅威となる。年が明けて急激に力を付けた感があるウィクトーリア(小島茂)
にも要注意。上がり33秒2で差し切ったフローラSの内容は圧倒的だった。
あとはフラワーCを逃げ切ったコントラチェック(藤沢和)、
桜花賞で掲示板を確保したビーチサンバ(友道)、
フローラSで鼻差2着だったシャドウディーヴァ(斎藤誠)など、
多彩な伏兵陣からも目が離せない。

4a4f6770

■オークス調教採点

1位 エールヴォア A
栗東坂路を好時計で駆け上がる。
滞空時間の長い大きなフットワークで好調をアピール

2位 ウィクトーリア A
美浦ウッドコースで古馬1000万5馬身追走。
最後は前の未勝利馬2頭をかわして2馬身先着。馬なりも軽快な動き

3位 クロノジェネシス A
栗東Cウッドで3歳500万の僚馬と併走。
馬なりでラスト11秒台を計時。首差先着した。
馬体もふっくら、馬なりで伸びる

<オークス>

過去10年のデータを参考にする。

★1番人気が中心 5勝2着2回の7連対と信頼できる数字。
特に近5年は5年連続して連対、
そのうち近3年は3連勝と期待通りの活躍をしているだけに、
中心視して間違いなさそうだ。

★桜花賞組が有利 ローテ別の成績を見ると、
勝ち馬8頭、2着馬も5頭出ている桜花賞組が強い。
今年は桜花賞馬のグランアレグリアの出走はないが、
それでも桜花賞上位馬は無視できない存在。
フローラS組は1勝2着4回、忘れな草賞組が2勝と、
勝ち馬はこの3レースからしか出ていない(10年は1着同着)。

★勝利数 近年は1勝馬の出走がかなり困難になっているが、
40頭いて勝利はない。2勝馬も勝ったのがヌーヴォレコルト、
ミッキークイーンの2頭だけで、2着も2回だけ。
3勝馬が5勝、4勝馬が3勝。4勝馬自体が珍しく出走は7頭しかいない。
3勝以上の馬が中心視される。

申込みは此方から

即決済(全て1日料 金)

にほんブログ村 競馬ブログへ

ご入会お待ちして下ります
申込みはここから
→電話お問い合わせもこちらから

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ