プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬  2019年6月30日

38ab75c4

プロイチ 競馬予想&情報 JRA中央競馬  2019年6月30日

高配当的中叶えませんか?

安心のシステム
・決済後すぐ入会
・入会数限定数無し
・予想金額以外追加料金無し
・予想配信は,午前6時までに一斉配信(エクスプレス契約は除く)


「30日の提供コース&提供数」

穴&買い目コースは毎日全鞍提供

  • 1点勝負 30000円     1鞍
  • 3点勝負 30000円     2
  • 本命コース 12960円    7鞍
  • 穴コース 12960円     鞍   

・限定数無し
・レース終了まで販売可能です

月極会員コース会員募集中

[今すぐ申し込みはこちらから]
(弊社グループの南関競馬新聞の申込みページに飛びます)
安心してご入会ください
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の状況
[随時更新します] 
カード決済後必ずご連絡お願いします
決済後、決済確認メールは弊社に送られてきますが
電話番号、メアドなど、個人情報は送られてきません
必ず、小御門までご連絡をお願いします!

6月30日 福島競馬場

【福島・情報】
福島 芝は先行有利だが差し届くダートはタイム標準
天候は曇り。芝は良、ダートはやや重。
芝の1R2歳未勝利(1800メートル)は3番手を進んだウインカーネリアンが、
直線力強く抜けてコロンドールの追い上げを退けた。
勝ち時計は1分49秒5。3R3歳未勝利(1200メートル)は
フジマサディープが1分8秒8で逃げ切った。
開幕週にしては少し時計はかかっている。
逃げ、先行有利だが、差しも届くコンディション。
38ab75c4
ダートの2R3歳未勝利(1700メートル)は、
ブーケオブジュエルが1分46秒9で好位から抜け出した。タイムは標準。
【函館・情報】
19eb1783
函館 芝、ダートともに先行馬が有利、逃げ決まる
1回函館5日目は曇り空の下で行われている。
馬場状態は芝、ダートともに良の発表。
芝は先行馬が有利だ。
1Rの芝1200メートル戦は1分9秒3の時計で決着。
4角で先頭に立った馬が押し切り、
2着には好位3番手を走っていた馬が入った。
4Rの芝1800メートル戦は6番人気馬の逃げ切りが決まった。
5R芝1200メートルの新馬戦も逃げ切りだった。
ダートも先行馬が有利だ。2、3Rはともに逃げ切り。
6Rは好位から抜け出した馬が2着に残っている

[お薦めコース]

  • 1点勝負
  • 3点勝負
  • 本命コース

[提供数]

函館競馬場  2鞍 + 参考馬券 2鞍
中京競馬場  2鞍 + 参考馬券 3鞍
福島競馬場  3鞍 + 参考馬券 1鞍

【本日の予想】

絶好調の大井を経て
6月最後のJRA

絶好調のレースを選択しました

本命度 ☆☆☆☆
穴期待 ☆☆☆☆
回収度 ☆☆☆☆

好調です
まずは、結果をご覧下さい
今日もガッツリ的中と万馬券の山を築きます

本日も、宜しくお願いします

【該当レース】

【速報】

中京
1R 1点勝負対象 馬単 230円
福島
2R ×

・本命コース 7鞍提供 12960円
http://ur0.work/PeCT
・3点勝負   2鞍提供  30000円
http://ur0.work/PeCY

【ラジオNikkei、CBC賞

ラジオ

ラジオNIKKEI賞調教採点
1位 ディキシーナイト A
 4ハロン50秒9は26日坂路1番時計。動きも良く、しまいはしっかり伸びて2馬身先着

2位 ヒシイグアス A
 美浦坂路のやや外ラチ沿いを単走で軽やかに駆け抜けた

3位 ランスオブプラーナ A
 抜群の手応えで直線も軽快なフットワークで伸び、状態の良さをうかがわせた

<ラジオNIKKEI賞>

過去10年のデータを参考にする。

★1番人気 【2・3・1・4】で勝率20%、連対率50%、複勝率60%。
絶対的な存在ではない。昨年はフィエールマンが2着、
一昨年はサトノクロニクルが6着に敗れた。最後に勝ったのは16年のゼーヴィント。
最も多く勝っているのは2番人気馬で4勝。
最も人気薄で勝っているのは13年8番人気のケイアイチョウサン。

★ハンデ 3歳馬限定戦で唯一のハンデ戦。過去10年で57キロを背負った馬は
【0・0・0・5】と厳しい結果に終わっている。
最も多く勝っているのは54キロの馬で6勝。
他では56キロが2勝、55キロと56・5キロが1勝となっている。
軽ハンデ馬は苦戦傾向。53キロの馬が2着3回3着4回で連下候補。
49~52キロは25頭が出走して、1度も3着以内に入っていない。

★前走距離 前走で同じ1800メートルだった馬が【3・4・1・35】、
距離延長の馬が【2・2・6・43】、距離短縮の馬が【5・4・3・42】。
勝率9・3%、連対率16・7%、複勝率22・2%ですべて距離短縮組の数字がいい。
過去2年は17年セダブリランテス、
18年メイショウテッコンがともに同じ1800メートルの距離だった。
13~16年は距離短縮組が4連勝。前走が同じ距離か、距離短縮の馬に注目だ。

CBC賞調教採点
1位 レッドアンシェル S
 行きっぷりが抜群で仕掛けられてからの反応も鋭い。動き絶好

2位 アウィルアウェイ A
 スピード感が抜群で、ピッチが速い。やはり1200メートルが合いそう

3位 ショウナンアンセム A
 リズムのいい走りで終始、余裕を持ちながらラスト11秒4
CB

<CBC賞>

中京競馬場の改修工事後、12年から過去7年のデータを参考にする。

★1番人気 【1・1・1・4】で勝率14・3%、連対率28・6%、複勝率42・9%。勝ったのは13年マジンプロスパーのみで、信頼はおけない。最も成績がいいのは2番人気馬で【3・1・1・2】。

★ハンデ ハンデ別で見ていくと、53~58キロで幅広い負担重量の馬が勝っている。57・5キロ以上の馬は【2・1・1・4】で勝率28・6%。51キロ以下の馬は11頭が出走して未勝利。ハンデが重い馬の方が信頼できる。

★前走着順 前走1着の馬が3勝、前走5着以下の馬が4勝を挙げており、前走2~4着の馬は不振。

★種牡馬 15年ウリウリ、17年シャイニングレイ、18年アレスバローズと過去4年でディープインパクト産駒が3勝を挙げている。今年はアレスバローズ、ラベンダーヴァレイの2頭が出走。

★東西 関東馬は過去7年で13頭が出走し、3着以内に入ったのは16年1着レッドファルクスのみ。関西馬は出走頭数も多く、6勝2着7回で圧倒的に強い。

申込みは此方から

即決済(全て1日料 金)

にほんブログ村 競馬ブログへ

ご入会お待ちして下ります
申込みはここから
→電話お問い合わせもこちらから

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
にほんブログ村 競馬ブログへ