プロイチ 競馬予想&情報 浦和競馬予想 2019年11月4日

d2e5aae4

プロイチ 競馬予想&情報 浦和競馬予想 2019年11月4日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「11月4日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円    0鞍
  • 3点勝負  50000円    2
  • 勝負レース 10000円    3鞍
  • 穴コース  16000円   12鞍(1日分)
  • 本命コース  8000円   12鞍(1日分)

・レース終了まで販売可能です

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

2019年11月4日浦和レース

d2e5aae4

第9回浦和競馬
(11/4~8 重賞:JBCレディスクラシック、JBCスプリント、JBCクラシック)

今回の浦和競馬は11月4日(月)から8日(金)まで5日間。
初日に地方競馬の祭典・史上初・浦和競馬場で
JBCクラシック、スプリント、レディスクラシックの3競走が行われます。

初日JBCレディスプレリュードは牝馬のオープン、
距離1400メートルで行われます。
JRAからは抜群のダッシュ力が魅力のゴールドクイーン、
夏のスパーキングレディーカップを勝ったファッショニスタ。
ダートの1200メートルで中京、京都のレコードを塗り替えたモンペルデュ、
北海道スプリントカップ、クラスターカップを制したヤマニンアンプリメ、
芝、ダートを問わず常に重賞路線で好走しているレッツゴードンキが登場。
地方勢の有力馬は当舞台のしらさぎ賞を勝った大井のタイセイラナキラ、
TCK女王盃の優勝馬、浦和のミッシングリンク、マリーンカップを勝った
川崎のラーゴブルーなど、メンバーの大半にチャンスのある一戦です。

JBCスプリントはオープンの距離1400メートルで行われます。
JRAからは東京盃を制した藤田菜七子&コパノキッキング、
浦和コースに実績残すサクセスエナジー、歴戦の古豪ノボバカラ、
芝からの参戦になるファンタジスト、
高松宮記念を勝ったミスターメロディが参戦。
そして地方の期待は何と言ってもノブワイルドでしょう。
目下重賞3連勝で前哨戦のオーバルスプリントも横綱相撲で快勝。
交流G1制覇のビッグチャンスが地元で行われるのも同馬の強運と言えそうです。
他に同厩の強豪ブルドッグボス、ドリームドルチェなど、
ここはJRAと浦和勢の対決になりました。

JBCクラシックはオープンの2000メートルで行われます。
JRAからは牝馬の交流重賞を連勝してここに挑戦するアンデスクイーン、
帝王賞を制したオメガパフューム、
武蔵野ステークス2着のクインズサターン、
今年ダイオライト記念を勝って帝王賞2着のチュウワウィザード、
シリウスステークスを勝ったロードゴラッソが参戦。
地方からは地元の逃げ馬シュテルングランツ、
東京記念を勝ったステイヤーのストライクイーグル、
重賞の常連センチュリオン、マイルグランプリを制したワークアンドラブ。
実力馬の競演に目が離せない1日でしょう。

[概要]

・○本命(軸安定)
・▲普通
・■穴&波乱(高配当狙い)

【レース概況】
1R ▲
2R ○
3R ○
4R ■
5R ○
6R ▲
7R ■
8R ○
9R ▲
10R ○
11R ○

【本日】

JCBクラシック
今日はぜひ、入会下さい

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

勝負レース 3鞍
必勝を狙います

【販売コース】
本命コース 全鞍
穴コース   全鞍
勝負レース  3鞍
1点勝負   0鞍
3点勝負   2鞍

【先日の結果】

東京
1R  馬単    510円 参考馬券
2R  3連単  4800円
7R  3連単  3560円
8R  3連単  6370円 参考馬券
10R 3連単  5280円 3点勝負 馬単
京都
2R  馬単   2420円
10R 3連単 13060円 参考馬券
福島
6R  ×          参考馬券

【速報】

1R  3連単  11510円  穴
2R  3連単  11440円
3R  3連単   5110円 3点勝負 馬単
【 】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

 お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

 8fab2974 

◆JBCレディスクラシック展望
男馬相手でも全くそん色のない快足馬が顔をそろえた。
まずはゴールドクイーン(4歳、坂口)。
芝の重賞・葵Sでも逃げ切り勝ちを収めた快足馬だが、
ダート路線に転向してから、そのスピードに磨きがかかった。
初の古馬相手となったギャラクシーSで、骨っぽい男馬を完封すると、
初の交流重賞・かきつばた記念も逃げ切り完勝。
前走・ながつきSでも5馬身差の逃げ切り勝ちを収め、勢いに乗ってここへ臨む。
2勝クラスから3連勝で前走の室町Sを制したモンペルデュ(3歳、松永幹)も、
スピードなら引けを取らない。ただ1200メートル以下では5戦5勝だが、
1400メートルになると8着→3着なのが気がかり。
あとは前走Lプレリュードが惜しい2着だった
昨年の3着馬ファッショニスタ(5歳、安田隆)、
交流重賞2勝のヤマニンアンプリメ(5歳、長谷川)、
衰え知らずの古豪レッツゴードンキ(7歳、梅田)など、伏兵陣も多彩だ。

ab1e0511

◆JBCスプリント展望
何と言っても話題は藤田菜七子騎手&コパノキッキング(セン4、村山)の参戦だろう。フェブラリーSからコンビを組んで5着→2着→3着と常に好走し、
ついに前走の東京盃で4馬身差の圧勝。
藤田騎手はJRA女性騎手として初の重賞制覇となった(キッキングは重賞3勝目)。
コース形態、左回り、右回りを問わずスピードを発揮できるタイプで、
初の浦和も不安はない。
強敵はミスターメロディ(牡4、藤原英)。
今春の高松宮記念の覇者で、先のスプリンターズSでも4着に粘ったように
芝でも一流だが、父スキャットダディ、母父デピュティミニスターと、
血統的には完全にダート馬。実際にデビュー以来4戦は
ダートを使われ【2・2・0・0】と連対を外していない。
あとは1400メートルの交流重賞を3勝しているサクセスエナジー(牡5、北出)、
初ダートも不気味な実力馬ファンタジスト(牡3、梅田)にも注目だ。

b056c07c

◆JBCクラシック展望
現役最強馬ルヴァンスレーヴは復帰のめどが立たず、
GⅠ・5勝馬ゴールドドリーム
、5戦5勝のジャパンダートダービー馬クリソベリルも不在の中、
実績で大きくリードするのはオメガパフューム(牡4、安田翔)だろう。
東京大賞典、帝王賞と交流G1を2勝し、
昨年のこのレースでも2着だった
。しまいの脚は強烈で、決定力は現役屈指と言っても過言ではない。
ただ気にかかる点もある。デビュー以来、
馬券圏内を外したのはチャンピオンズC(5着)とフェブラリーS(10着)のみで、
いずれも左回りだった。そして小回りコースも経験がなく、脚質的に不安が残る。
そこで浮上するのがチュウワウィザード(牡4、大久保)だ。
平安Sでオメガパフュームを破った経験があり、
ダイオライト記念を圧勝したように左回りもまったく苦にしない。
デビュー以来【5・2・2・0】と3着を外したことがない堅実さも魅力だ。
あとは牝馬ながら距離適性を重視し、
こちらに回ってきた重賞2連勝中のアンデスクイーン(牝5、西園)、
シリウスSで重賞初制覇を達成し勢いに乗るロードゴラッソ(牡4、藤岡)
などにも注意が必要だ。なお、地方勢は過去10年で馬券に絡んだのはフリオーソ
(2010年2着)のみ。今年も厳しい戦いになるだろう

 

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p