プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2019年11月17日

e5129a45

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2019年11月17日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「11月17日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円    0鞍
  • 3点勝負  50000円    1
  • 勝負レース 10000円    2鞍
  • 穴コース  16000円    2鞍

・レース終了まで販売可能です

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

11月17日 京都競馬場

【京都・情報】

京都 ダートは先行馬が優勢 芝の時計は水準
16日の京都は、晴天でスタートした。
1R時点で芝、ダートともに良。

芝は、2歳未勝利の3R(1200メートル)は、
5番人気のボンボヤージが差し切った。
勝ち時計は1分10秒1。同じく2歳未勝利の4R(2000メートル)は、
3番人気リメンバーメモリーが逃げ切った。
勝ち時計は2分3秒3。時計は水準で、
先行、差しともに馬券に絡んでいる。

ダートは、2歳未勝利の1R(1400メートル)は、
1番人気のサダムスキャットが逃げ切った。
勝ち時計は1分25秒6。同じく2歳未勝利の2R(1800メートル)は、
1番人気バカラが直線で抜け出した。
勝ち時計は1分53秒5。ダートは時計がやや速く、
先行馬が優勢になっている。
11月17日 東京競馬場
455ebc54
【東京・情報】

東京 芝は高速決着、ダートは先行有利

天候は晴れ。芝、ダートともに良馬場。
芝の2R2歳未勝利(2000メートル)は好位を進んだサトノフラッグが、
直線馬場の真ん中から抜け出し、
2歳コースレコードとなる1分59秒5で勝った。
上がりは35秒0。Cコース使用で時計は速い。
あまり後方からでは届かない。

ダートの1R2歳未勝利(1400メートル)は、
コウソクスピードが1分25秒8でアストロブレイクとの競り合いを制した。
砂は乾いているが時計は速め。
こちらも先行有利。

【本日】

本日重賞2鞍勝負

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

マイルCSは3点勝負
本物の予想を体験ください

今日は穴買い目つけます

 

東京会場  1鞍  + 参考馬券 2鞍
京都会場  1鞍  + 参考馬券 3鞍

【販売コース】
穴コース   2鞍
勝負レース  2鞍
1点勝負   0鞍
3点勝負   1鞍

【先日の結果】

1R   3連単   64310円 穴
2R   ×
3R   3連単    8910円 1点勝負 ×
4R   3連単    2610円
5R   3連単   18810円 穴
6R   馬単      580円
7R   ×
8R   ×
9R   3連単   47190円
10R  ×
11R  馬単     2290円
12R  馬単     3100円

【速報】

 

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

 お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

 aa961ed2

 

マイルCS
芝1600m (右 外)

807be7e5

新たなマイル王が誕生か? それとも・・・?
11月17日、京都競馬場で秋のマイル王決定戦・マイルCS(G1、芝1600メートル)が
行われる。G1馬5頭に上り馬と、多彩なメンバーが顔をそろえた。
人気の中心は天皇賞・秋で2着と復活の兆しをみせた
ダノンプレミアム(牡4、中内田)と、毎日王冠で圧倒的な強さを見せた
ダノンキングリー(牡3、萩原)のダノン2騎だろう。

プレミアムは2年前の2歳王者で、朝日杯FSなど重賞5勝。
2走前の安田記念ではスタートで大きな不利を受け、
しんがり負けを喫したが、そこまではマイルで3戦3勝だった。
前走の天皇賞・秋はアーモンドアイに3馬身差をつけられながら、
激しい2着争いではきっちり競り勝った。
マイラーズCを完勝した京都マイルで本領を発揮するだろう。

キングリーは共同通信杯を勝ち、皐月賞3着→ダービー2着と
クラシック戦線の主役を張ってきた。前走・毎日王冠が古馬との初対戦だったが、
高速決着の中で外を回って差し切る強烈な勝ちっぷり。
負かした相手は安田記念の1&2着馬で、
勝ち時計の1分44秒4はレコードに0秒2差だった。
一気にマイル王の座をダッシュする可能性も十分だ。

もちろん春の王者インディチャンプ(牡4、音無)も黙ってはいない。
初のG1挑戦をレースレコードで制した内容は圧巻だった。
毎日王冠はいったん先頭も、微妙に長い1800メートルで甘くなり3着だったが、
秋初戦としては十分な内容だった。

あとは前哨戦のスワンSを制したダイアトニック(牝4、安田隆)、
昨年の安田記念の覇者モズアスコット(牡5、矢作)
2年前のこのレースの覇者ペルシアンナイト(牡5、池江)、
名手ムーアが騎乗するG1・2勝馬アルアイン(牡5、池江)なども虎視たんたん。
新たなマイル王が誕生するのか。それともG1馬が意地を見せるのか?
目が離せない熱い戦いが繰り広げられそうだ。

<マイルCS>

過去10年のデータを参考にする。

★人気 1番人気は【1・2・2・5】で低調。2番人気も【1・3・1・5】で
連下候補がふさわしい。最も多く勝っているのは4番人気の3勝、
続くのが5番人気の2勝。中穴狙いが正解だ。

★年齢 4歳、5歳が3勝ずつで最多。4歳は【3・6・4・23】、
5歳は【3・3・3・49】で、4歳馬が勝率8・3%、
連対率25・0%、複勝率36・1%で圧倒的に優勢。3歳は【2・0・2・31】で苦戦。
今年は登録馬がないものの、8歳馬は5頭出走で09年カンパニーが勝っている。
7歳は今年グァンチャーレが登録しているが、
【0・0・0・12】で苦戦はまぬがれない。

★種牡馬 ディープインパクト産駒が最多の3勝。12年3着、
13年1着&3着、14年1着&2着、15年2着、16年1着、
17年3着、18年3着と7年連続で馬券に絡んでいる。

★前走着順 前走1着馬が3勝で最も多いが、
前走掲示板を外した馬(6着以下)も3勝を挙げている。
10年エーシンフォワード(スワンS8着)、
12年サダムパテック(天皇賞・秋8着)、
14年ダノンシャーク(前走富士S7着)。

マイルCS調教採点

1位 ダノンキングリー S
馬なりで済まされたが追われたら弾けそうな手応え。
仕上がり良好
e5129a45

2位 ダイアトニック S
坂路で楽な手ごたえのままラスト12秒3。
見るからに動きが素軽い

0bed2f85
3位 インディチャンプ A
パワフルでダイナミックな走り。
前走よりも確実に状態アップ

■東京での実績はアテにしにくい

■リピーターが多い

■高齢馬は苦戦

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p