プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2019年12月28日

210188e1

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2019年12月28日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「12月28日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円    0鞍
  • 3点勝負  50000円    0
  • 勝負レース 10000円    3鞍
  • 穴コース  16000円    3鞍

・レース終了まで販売可能です

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

【本日】

今日は、勝負レース3鞍

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

中山11R,阪神10R,11R
提供です。有馬記念再び、、、、3単、高配当狙います

中山会場  1鞍  + 参考馬券 1鞍
阪神会場  2鞍  + 参考馬券 3鞍

【販売コース】
穴コース   3鞍
勝負レース  3鞍
1点勝負   0鞍
3点勝負   0鞍

【先日の結果】

先週の結果(記事中盤ぐらい)

大井
1R  ×
2R  3連単   16620円
3R  3連複     870円
4R  3連単    9200円
5R  ×
6R  ×
7R  ×
8R  ×
9R  3連単   23310円
10R ×
11R 3連単   17840円
12R 馬単      910円

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

 お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

 5a7854be7a401c3b

 

12月28日 中山競馬場

61785509

ホープフルS(G1)

12月28日、中山競馬場で2歳中距離王を決めるホープフルS(芝2000メートル)
が行われる。昇格して今回が3回目となり、
今年最後のG1レースとなる。もっとも注目を集めるのは、
東スポ杯2歳Sで1分44秒5というスーパーレコードをたたき出したコントレイル
(矢作)だろう。2着アルジャンナに5馬身、
3着ラインベックはさらに4馬身ぶっちぎる圧勝だった。
父ディープインパクト譲りの末脚はまさに脅威。
現状ではこれといった欠点も見当たらず、
無傷の3連勝でG1を制する可能性は高い。

コントレイルと未対戦で、逆転の可能性を感じさせるのがハーツクライ産駒の
ワーケア(手塚)。この馬もデビューから
2戦連続でメンバー最速の上がりを発揮し、
無傷の2連勝中だ。前走アイビーSは4カ月半の休み明けで、
しかも重馬場という厳しい条件だったが、
時計を大幅に縮め3馬身差の圧勝。鞍上ルメール騎手の評価も高い。

同じく2戦2勝のオーソリティ(木村)は、今回と同じ舞台の芙蓉Sを完勝。
2歳馬同士の戦いだけに、この経験は大きい。
スッと好位につけられるセンスの良さも魅力だ。
萩Sを勝って、これも2戦2勝での参戦となるヴェルトライゼンデ(池江)も不気味。
昨年の覇者サートゥルナーリア、
2年前のタイムフライヤーも制しているレースだけに期待が高まる。

札幌2歳Sの勝ち馬ブラックホール(相沢)は前走以降、
ここに照準を定めて調整を重ねてきた。
父ゴールドシップも同様のローテで、前身のラジオNIKKEI杯2歳Sで2着に入っている。
ラインベック(友道)は、
東スポ杯2歳Sでコントレイルから大きく離された3着だったが、
父ディープインパクト、母アパパネという「3冠配合」の超良血馬。
その巻き返しに注目だ。来年のクラシック戦線にも大きく影響してくるだけに、
目が離せないレースになりそうだ。

■ホープフルS調教採点

1位 コントレイル S

210188e1

単走馬なりながら、栗東坂路52秒1をあっさりマーク。
動きが素軽く弾むよう

2位 ヴェルトライゼンデ S

栗東坂路を馬なりで併走馬に1馬身先着。
フットワーク大きく好調さを見せつける

3位 ワーケア A
3頭併せで2頭を追いかけて併入。
直線で鋭く伸びる

■中山開催となった14年からの過去5年のデータを見る。
G1に昇格したのは17年から。

◆1番人気を信頼 単勝1番人気は3勝2着1回と結果を残している。
連対しなかったのは14年の1度だけ。16年からはレイデオロ、
タイムフライヤー、サートゥルナーリアと3年続けて1番人気が勝っている。

◆外国人騎手が有利 過去5年で日本人騎手が勝ったのは14年の川田だけで、
以降ボウマン、ルメール、C・デムーロ、
M・デムーロと外国人騎手が強い。
2着も3回が外国人騎手。日本人騎手の2着は14年嘉藤、
17年の武豊だけ。

◆前走1着馬から 10頭の連対馬のうち、
前走が1着じゃなかったのは17年1着のタイムフライヤーだけ。
未勝利、1勝クラス、重賞などレースの格に関係なく、
前走で勝っている馬が断然強い。

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p