プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年4月5日

d2b25c20

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年4月5日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「4月5
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円    0鞍
  • 3点勝負  50000円    2
  • 勝負レース 10000円    7鞍
  • 穴コース  16000円    7鞍

・レース終了まで販売可能です

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

4月05日 阪神競馬場

【阪神・情報】

阪神 芝は時計標準、ダートは脚抜き良く時計速め
4日の阪神は快晴で春らしい陽気となっている。
正午現在、芝は「良」、ダートは「稍重」で開催されている。

ダートコースは午前4時半の時点の含水率が4コーナーは9・7%、
ゴール前が9・6%で良馬場の基準である9・0%に近い。
脚抜きが良く時計は速め。脚質的には1Rは逃げ切りが決まったが、
2、3Rは差し馬が勝っており目立った傾向はない。

芝コースは午前4時半の時点で4コーナーが9・6%、
ゴール前が10・8%で稍重に近い良馬場。
5Rの1600メートルの勝ち時計は1分35秒0で標準程度。
ミドルペースで差し馬が勝っており、フェアな馬場状態だ。

4月05日 中山競馬場

31e8f601

中山 ダートは本日も先行有利 芝は内側の状態よし
中山4日目は晴れ。5R終了時点で芝、ダートは良で行われている。

芝は1鞍。5R未勝利(2000メートル)は1番人気ルヴェルソーがゴール寸前で
外から差し切った。勝ち時計は2分3秒8。
今週からBコース使用に替わり、
荒れていた最内がラチの移動によりカバーされている。
11番人気マリノソフィアが好位から直線で内に進路を取り、
2着に粘った点は見逃せない。天気も良く、芝状態は良好。
人気薄の先行馬にも注意を払いたい。

ダートは4鞍。勝ち馬は4頭は逃げ馬か4角2番手にいた馬。今日も先行有利だ。

【本日】

コロナを吹っ飛ばせる
激アツの7鞍お届けします

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

勝ちます
是非、ゲットしてください

中山会場  4鞍  + 参考馬券 1鞍
阪神会場  3鞍  + 参考馬券 3鞍

【販売コース】
穴コース   7鞍
勝負レース  7鞍
1点勝負   0鞍
3点勝負   2鞍

【先日の結果】

3日船橋
1R   馬単    800円
2R   3連単  8810円
3R   3連単 22150円
4R   3連複  5540円 穴
5R   3連単  9730円
6R   3連単 57430円 穴
7R   馬連   2360円
8R   3連単 12960円
9R   3連単  3050円
10R  3連単  5730円 穴
11R  3連単 11550円
12R  馬単   3190円

【速報】

提供レース有る限り予想購入可能です♪気軽にLINEでご質問ください

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込
  • PAYPAY
  • LINEPAY(テスト中)

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

大阪杯(G1)
4月5日(日)阪神競馬場
2000メートル(芝)4歳以上オープン

425ec07b

4月5日、阪神競馬場でG1に昇格して4年目となる大阪杯(芝2000メートル)が行われる。出走予定馬は少ないが、最大の注目は一昨年の
グランプリホース・ブラストワンピース(牡5、大竹)、
2年前のダービー馬ワグネリアン(牡5、友道)、
4年前のダービー馬マカヒキ(牡7、友道)、
牝馬G1を2勝しているラッキーライラック(牝5、松永幹)、
昨年の秋華賞馬クロノジェネシス(牝4、斉藤崇)とG1馬が5頭、
顔をそろえる。そこに昨年の皐月賞3着、ダービー2着で毎日王冠、
中山記念と強豪ぞろいのG2を制したダノンキングリー(牡4、萩原)が加わり、
見どころ満載のレースになりそうだ。

ブラストワンピースは昨年の凱旋門賞で大敗を喫したが、
日本とはまったく異なる馬場に対応できなかったもの。
帰国後第1戦のAJCCでは、1馬身半差という着差以上の強さで重賞5勝目を挙げた。
昨年のこのレースでは1番人気に推されながら6着に敗れたが、
あの頃よりもさらにスケールアップしているのは間違いないだろう。

G1未勝利ながら、これに続くのがダノンキングリーか。
ダービーではロジャーバローズに首差及ばず涙をのんだが、
上がり33秒4の鬼脚で差し切った昨秋の毎日王冠、
好位からの横綱相撲でラッキーライラック、
インディチャンプ、ウインブライトなどの並み居るG1馬を完封した
中山記念を見る限り、G1級の力を備えていることは間違いない。

クロノジェネシスは、古馬の男馬との初対決となった京都記念で2馬身半差の快勝。
ここに入っても切れ味はヒケを取らない。
ラッキーライラックも昨年のエ女王杯で約2年ぶりのG1勝利を挙げた後は
香港ヴァーズ、中山記念と連続2着。
休み明けをたたいてさらに上昇が見込める。
ワグネリアンは2年前のダービー以来、勝利こそないものの、
G1で堅実な走りをみせており、
ダービー馬の先輩で復調気配の僚馬マカヒキとともに軽視できない存在だ。

<大阪杯>

過去10年のデータを参考にする。(17年からG1)

★人気 1番人気の信頼度はかなり高く【4・2・2・2】と複勝率80%。
2番人気っも【2・2・2・4】の成績で、
複勝率60%。1、2番人気を軸にするのがおすすめだ。

★前走成績 前走2着馬の勝率がもっとも高く23・8%、5勝は最多勝利数だ。
今年はサトノソルタス、ラッキーライラックの2頭が前走2着。
前走1、3、4、5、6着馬が1勝ずつで勝ち星を分け合っている。
一方で前走7着以下の馬には勝ち星がなく、割引が必要だ。

★種牡馬 ディープインパクト産駒が【4・2・3・13】で勝利数トップ。
次いでマンハッタンカフェ産駒が【2・1・0・3】の成績。
今年の出走予定馬では、カデナ、サトノソルタス、ジナンボー、
ダノンキングリー、マカヒキ、ワグネリアンの6頭がディープインパクト産駒。

大阪杯調教採点
1位 ラッキーライラック S
仕掛けてからの反応が、相変わらず抜群。弾むようなフットワークで、
前走以上の動き

d2b25c20

 

2位 ブラストワンピース A
馬なりで切れのある動き。加速にもたつくことなく、スムーズだった

3位 クロノジェネシス A
以前より、折り合って走れていて、騎手との呼吸はぴったり。
ラスト1ハロンが11秒6と鋭く伸びた

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p