プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年4月12日

35d10e18

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年4月12日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「4月12
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円    0鞍
  • 3点勝負  50000円    4
  • 勝負レース 10000円    5鞍
  • 穴コース  16000円    5鞍

・レース終了まで販売可能です

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

708a303a 

【本日】

 

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

 

中山会場  3鞍  + 参考馬券 0鞍
阪神会場  2鞍  + 参考馬券 3鞍

【販売コース】
穴コース   5鞍
勝負レース  5鞍
1点勝負   0鞍
3点勝負   4鞍

【先日の結果】

 

【速報】

 

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込
  • PAYPAY
  • LINEPAY(テスト中)

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

桜花賞(G1)
4月12日(日)阪神競馬場
1600メートル(芝)
3歳オープン(牝)

5a468fc6

月12日、阪神競馬場でクラシック第1弾・桜花賞(G1、芝1600メートル)が行われる。
昨年の阪神JF1~3着馬が、前哨戦チューリップ賞でも上位を独占。
トライアルの勝ち馬も順調にコマを進めてきた結果、
重賞勝ち馬が8頭でリステッド競走勝ちも3頭という、
超ハイレベルなメンバーがそろった。

チューリップ賞は2歳女王レシステンシア(松下)がスローで逃げながら、
最後は阪神JFで4馬身差をつけた2着馬マルターズディオサ(手塚)に差され、
同3着のクラヴァシュドール(中内田)にも先着を許し、
初黒星を喫する結果となった。それでも着差は0秒2差。
休み明けを思えば決して悲観する内容でもなかった。
展開の鍵を握るのは間違いなくこの馬だろう。
その勝ち馬マルターズは目標を前に置いて早めに進出。
完璧にとらえる素晴らしい内容だった。ここまで5戦3勝、
2着2回で連対率100%と抜群の安定感を誇り、本番でも大崩れは考えづらい。
勝ち馬から鼻差の2着に敗れたクラヴァシュドールも非常に高い競馬センスを持ち、
展開に左右されない強みがある。上記2頭が苦しむような流れになれば、
逆転の可能性も十分だ。

他路線の馬をみると、昨年のアーモンドアイと同じく
シンザン記念をステップに臨んでくるサンクテュエール(藤沢和)が不気味。
前走は内から力で牡馬をねじ伏せるという、着差以上の強さだった。
米G1を2勝したヨシダを兄に持つディープインパクト産駒という血統背景も魅力だ。
同馬をアルテミスSで負かし阪神JFで1番人気に推されながら、
6着に敗れたリアアメリア(中内田)にも当然、注意が必要だ。

あとはクイーンC勝ちのミヤマザクラ(藤原英)、
エルフィンSで大外からまとめて差し切り、
4馬身差の圧勝だったデアリングタクト(杉山晴)、
フィリーズレビューでの切れ味が目を引いたエーポス(北出)、
強敵相手の重賞で連続2着だったソーマジックの娘・マジックキャッスル(国枝)など、まさに目移りする豪華メンバー。無観客というのがもったいない、
熱い戦いが繰り広げられるだろう。

桜花賞調教採点

1位 レシステンシア S
 栗東坂路のおいて馬なりで4ハロン49秒5-12秒1。
スピードの絶対値が違う

35d10e18

2位 デアリングタクト S
 弾むようなフットワーク。
見るからにバネがありそう

3位 サンクテュエール A
 鋭い加速で2馬身先着。
瞬発力がありそう

<桜花賞>

過去10年のデータを参考にする。

★チューリップ賞組 なんといっても王道は同舞台のトライアル、チューリップ賞組だ。36頭が出走し【6・4・5・21】で、複勝率は41・7%。
3着以内馬30頭のうち半数の15頭を占めている。
ただ、17年1着レーヌミノルはフィリーズR、18年1着アーモンドアイはシンザン記念、
19年グランアレグリアは朝日杯FS優勝からの臨戦。
直近3年は他路線組が台頭している。

★前走3着以内 トライアルから参戦してくる馬が多いレースの性質もあるが、
前走3着以内の馬が9勝を占める(出走110頭)。
中でも馬券に絡む確率が高いのは前走3着馬だ。21頭が出走し【3・1・2・15】。
勝率14・3%、連対率19・0%、複勝率28・6%は前走1、2着馬の数字を上回る。

★ディープインパクト産駒 出走頭数も、
勝ち馬輩出数も多い種牡馬がディープインパクトだ。
33頭が出走し【5・4・1・23】。次点はキングカメハメハ産駒。
今年の登録馬に同産駒はいないが、【2・0・2・4】の複勝率50%をマークしている。
他に勝ち馬を送り出している種牡馬はダイワメジャー、
ロードカナロア、ヴィクトワールピサの3頭。

★地力信頼? 前走で人気を背負った馬が順当に結果を出す。

前走1番人気【6・3・4・26】

前走2番人気【3・4・1・27】

前走1、2番人気2頭で連対馬20頭中16頭を占める。

★リピーター多数 トップ騎手は何度も桜花賞で騎乗馬を上位に導く。
現役騎手で複数回、馬券に絡んだ騎手は以下の通り。

ルメール【2・0・2・1】

岩田康【2・0・2・5】

池添【1・3・0・2】

M・デムーロ【1・1・0・5】

川田【1・0・1・7】

福永【0・0・3・6】

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p