プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年7月19日

26158b68

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年7月19日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「7月19
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円    0鞍
  • 3点勝負  50000円    4
  • 勝負レース 10000円   10鞍
  • 穴コース  16000円   10鞍

・レース終了まで販売可能です

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

7月19日 福島競馬場

a62b25df

【福島・情報】

福島 芝は傷み目立ち外差し狙い、ダート先行有利か
天候は曇り。馬場状態は芝がやや重、
ダート重。芝の5R新馬(1800メートル)は、
中団を進んだアオイゴールドが、直線外から差し切った。
勝ち時計は1分53秒2。内ラチから3、4頭分はかなり荒れており外差しが決まる。
時計も通常より2秒半から3秒近くかかっている。

ダートの2R2歳未勝利(1700メートル)はミモザゴールが後続を突き放して
1分45秒6の好時計で逃げ切った。いい具合に砂が締まり、
時計は速い。こちらは先行有利か。

7月19日 函館競馬場

95248fc3
【函館・情報】

函館 芝は時計標準、ダートは前残りの傾向
天候は曇り。芝、ダートとも良。

芝は1R2歳未勝利(1800メートル)、
4R3歳未勝利(1200メートル)が行われ、
ウイングリュック、オパールシャルムがそろって初勝利を手にした。
いずれも逃げ切り勝ちで、時計は標準。

ダートは午前中に2鞍。2R3歳未勝利(1000メートル)は
ゴーゴーレイワが直線抜け出した。3R3歳未勝利(1700メートル)は
ハイペースの中、好位を取った初ダートのウインドジャマーが、
1分46秒1の好時計をマークして直線で一気に突き抜けた。
よほどの乱ペースにならない限り前が残る傾向は変わらず、
4コーナーで4、5番手にいないと厳しい。

7月19日 阪神競馬場

【阪神・情報】

阪神 芝は内伸び辛く外差し易い、ダートは前が有利
18日の阪神は晴れ間がのぞいており、
芝は良、ダートはやや重で開催されている。

ダートは午前中3鞍。1R(1200メートル)は
ヨッシーフェイスが逃げ切り。2R(1800メートル)は
デイオブジョイが直線で抜け出した。3R(1400メートル)は
フィナールショコラが3番手から抜け出した。
前でレースを進めた馬が有利な傾向だ。

芝は1鞍。4R(2200メートル)は内回りコース。
1番人気のダノンレガーロが外から差した。
先週までの雨で、馬場はかなり傷んだ様子。
内は伸びづらく、外差しが決まりやすくなっている。

【本日】

1レースから有ります

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

そろそろ、自粛開放で、競馬で稼いでください
ジャパンダートダービー30点3連単70万馬券穴コース獲得
お薦めは3点勝負です

福島会場  2鞍  + 参考馬券 3鞍
阪神会場  4鞍  + 参考馬券 2鞍
函館会場  4鞍  + 参考馬券 2鞍

【販売コース】
穴コース  10鞍
勝負レース 10鞍
1点勝負   0鞍
3点勝負   4鞍

【先日の結果】

【速報】

久しぶりの完敗でした
明日は休みますが、南関から勝ち上げます

福島
1R   馬単   600円 参考馬券
2R   馬連  5060円 参考馬券
3R   ×         参考馬券
9R   ×
12R  ×(3点勝負 ワイド)
阪神
2R   ×
8R   馬単  3860円  参考馬券
9R   ×
10R  ×
11R  ×
12R  ×
函館
1R   3連単  1280円 参考馬券
3R   ×(3点勝負 ワイド)
7R   3連単  5060円 3点勝負 馬連
9R   馬単    470円 3点勝負 馬単
11R  ×
12R  ×           参考馬券

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込
  • PAYPAY
  • LINEPAY(テスト中)

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

894b4cb2 

■函館記念

2015~18年に4年連続で3連単が6桁配当を記録するなど、
波乱傾向が強いハンデ戦。
今年の主役は17年のダービー馬レイデオロの全弟・レイエンダ(牡5、藤沢和)だろう。前走エプソムCは不良馬場に苦しみ10着に沈んだが、1年前は同レースを制しており、
富士Sでもノームコアの2着に入った実力馬。洋芝は2戦2勝と大得意にしており、
この舞台で覚醒できるのか注目だ。

トーラスジェミニ(牡4、小桧山)は前走・巴賞を逃げ切り勝ち。
2走前にはエプソムCで最低人気ながら3着に粘り込み、
3連単420万円超という大波乱の主役となったが、
それがフロックでなかったことを証明した。

ニシノデイジー(牡4、高木)は低迷が続くが、2歳時には重賞を連勝し、
ホープフルSでも3着。ダービーでも5着に入った実績を持つ。
札幌2歳Sを制した洋芝に戻って、かつての輝きを取り戻せるか。

他にも新潟大賞典で0秒3差の3着に追い込んだプレシャスブルー
(牡6、相沢)小回り1800~2200メートルで全4勝を挙げ、
その内3勝が滞在競馬というカウディーリョ(牡4、堀)、
近走不振も昨年2着だけに軽視できないマイネルファンロン(牡5、手塚)
などにも注意が必要だ。

<函館記念>

※過去10年のデータを参考にする。

◆人気 荒れる重賞として有名。1番人気は19年マイスタイル(1着)、
10年ジャミール(2着)の2連対と不振だ。2番人気も2勝、2着なし。
3番人気も3勝、2着なし。一方で7番人気以下の
伏兵が11年から9年連続で2着している。

◆波乱含み 馬連は3回万馬券が出ており、
17年には5番人気ルミナスウォリアー、
14番人気タマモベストプレイの組み合わせで3万5130円。
3連単は7回も10万超えが出ており、17年は91万5320円の高配当だった。

◆年齢 勝利数では5歳馬が4勝でトップ。
これに6、7歳馬が2勝で続く。8歳以上も11年キングトップガンが8歳で優勝。
2着も2回ある。一方、3歳馬は3頭が出走し、3着が1回。
4歳馬も1勝、2着4回と苦戦している。

◆牝馬 連対は1頭もなく、18年エテルナミノルの3着が最高成績。
出走頭数が少ないとはいえ、信頼性に乏しい。

■函館記念調教採点

1位 トーラスジェミニ A
中1週でも函館ウッドをいっぱいに追われ、
迫力十分の動き。まさに絶好調

2位 プレシャスブルー A
スピード感満点の走りで、函館ウッドを駆け抜ける。
美浦からの輸送疲れはない

3位 レイエンダ A
函館芝を併せ馬で馬なりのまま反応良く併入した。
高レベルで好調を維持

7698fc89

中京記念調教採点

1位 エントシャイデン S
ラスト重点とはいえ直線での動きが迫力満点。今、勢いがある

2位 ギルデッドミラー A
行きっぷりが抜群で見るからに俊敏な動き。調子がいい

26158b68

3位 トロワゼトワル A
気温の上昇とともに動きが大きくなった印象。この時期が得意なのだろう

※過去10年(11年小倉、その他は中京開催。10、11年は2000メートル)
のデータを参考にする。

◆年齢 5、6歳馬が強い。特に5歳馬は50頭が出走して【5・5・2・38】。
昨年は3歳馬同士の1、2着だったが、15~18年はワンツー決着を3回含む
7連対と目が離せない。そのほかでは6歳馬が3勝、3歳馬が1勝。
4歳馬、7歳馬の勝利はない。

◆波乱傾向 馬連の最高配当は10年のシャドウゲイト(4番人気)、
タスカータソルテ(12番人気)の組み合わせで3万730円。
ここ4年は4桁配当だが、平均は1万1511円と波乱含み。

◆東西比較 関西圏の競馬にしては、関東馬の善戦が目立つ。
優勝したのは10年シャドウゲイト、15年スマートオリオン、
18年グレーターロンドンの3頭だが、2着も3回ある。
ワンツー決着となった15年の1着スマートオリオン(6番人気)、
2着アルマディヴァン(13番人気)は、馬連1万7070円の高配当になった。

ここ数年は比較的、平穏なイメージだが、以前はこれも荒れる
ハンデ戦として知られていた。昨年は軽ハンデの3歳馬がワンツーを決めたが、
今年も注目は軽ハンデが見込まれる3歳牝馬のギルデッドミラー(牝3、松永幹)
だろう。前走・NHKマイルCでは内の狭いところをさばいて来て0秒3差の
3着まで追い込んだ。初の古馬相手だが、
ハンデ差を生かして突き抜ける可能性も十分だ。

ソーグリッタリング(牡6、池江)は、
ここ10戦で5着以下がないという堅実派。
腰の甘さが解消して道悪もこなせるようになり、
ソラを使わず力を出し切れるようになってきた。昨年5月以来の勝利も目前か。

G1馬ケイアイノーテック(牡5、平田)は、
2年前のNHKマイルC以降13戦、馬券に絡んでいない。
それでも前走・安田記念で5着に食い込み復調ムード。
地力は上位だけにここでは侮れない存在だ。

他にも前走・都大路Sで58キロを背負いながら快勝し、
8歳にしてますます充実一途のベステンダンク(牡8、安達)、
安土城Sで先行有利の流れを差し切ったエントシャイデン(牡5、矢作)、
軽ハンデが見込めそうな3歳馬プリンスリターン(牡3、加用)など
多彩なメンバーが顔をそろえる。

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p