プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年9月27日

6235e4e0

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年9月27日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「9月27
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円    0鞍
  • 3点勝負  50000円    0
  • 勝負レース 10000円    3鞍
  • 穴コース  16000円    3鞍

・レース終了まで販売可能です

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

9月27日 中京競馬場

【中京・情報】

26日の中京は、くもり空の下でスタートした。
1R時点で芝はやや重、ダートは重。

芝は、2歳未勝利の2R(1600メートル)は、
2番人気のヴァーチャリティが直線で抜け出した。
勝ち時計は1分34秒0。同じく2歳未勝利の3R(2000メートル)は、
1番人気トーセンインパルスが、直線で抜け出した。
勝ち時計は2分1秒5。芝の時計は標準よりやや速め。
先行馬が優勢も、内枠の差し馬の伸び脚もいい。
メインの長篠Sも直線は激しい攻防になりそうだ。

ダートは2歳未勝利の1R(1200メートル)は1番人気エリオットが逃げ切った。
勝ち時計は1分12秒5。2歳新馬の4R(1400メートル)は
8番人気のタガノネクステージが逃げ切った。
勝ち時計は1分25秒6。ダートの時計はやや速く、
先行馬が優勢になっている。
9月27日 中山競馬場

【中山・情報】

中山6日目は小雨。芝はやや重、ダートは重で行われている。

芝は5R終了時点で3鞍。
1R2歳未勝利戦(1200メートル)は、
3番人気ルミナスラインが粘り腰を見せて逃げ切り勝ち。
勝ちタイムは1分10秒2。2R2歳未勝利戦(1800メートル)は、
メイサウザンアワーが好位から楽に抜け出し初勝利。勝ちタイムは1分50秒1。
5R2歳新馬戦(1600メートル)は、
5番人気のロードカナロア産駒シゲルオテンバがゴール前
豪快な差し切りでデビュー勝ち。勝ちタイムは1分36秒1。

ダートは5R終了時点で2鞍。3R2歳新馬戦(1800メートル)は、
9番人気のホッコータルマエ産駒インパルスベルンが好位から
抜け出し7馬身差の快勝。勝ちタイムは1分56秒5。
4R3歳1勝クラス戦(1200メートル)は、3番人気のナイトブリーズが直線抜け出し、
2連勝。勝ちタイムは1分10秒6。

芝は通常より時計を要し、ある程度パワーを要する馬場状態。
差し馬の台頭も目立ち、ペースが流れると前にいる馬には楽ではなさそうだ。
また、スパッと切れる決め脚よりも長くいい脚を持続できる馬が浮上しそうだ。

ダートは脚抜きが良く先行馬有利。
先団から好位につけられる先行力のある馬に狙いを定めたい。
【本日】
厳選の3鞍勝負

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

中山会場  2鞍  + 参考馬券 0鞍
中京会場  1鞍  + 参考馬券 2鞍

【販売コース】
穴コース   3鞍
勝負レース  3鞍
1点勝負   0鞍
3点勝負   0鞍

【先日の結果】

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

29d7abe9

神戸新聞杯調教採点

1位 コントレイル A
久々のせいかラストは余裕がなかったが、
全体的には接地が短く素軽い走り

d0b65aab

2位 グランデマーレ A
力のいるCウッドで前半から飛ばしてラスト11秒9。走力は高い

3位 ロバートソンキー A
勢いのある走りで好時計。気持ちも前向きで雰囲気はいい

<神戸新聞杯>

※過去10年のデータを参考にする。

★人気 1番人気が【7・2・0・1】、2着までに入らなかったのは
18年エポカドーロ(4着)の1度のみとかなりの好成績を残す。
次いで2番人気は2勝、3番人気が1勝。人気には逆らえないレースと言えそうだ。
ただ、2着に8番人気馬や3着に9番人気馬が入ったケースもある。
人気馬を軸にすえ、人気薄を相手にするのがよさそうだ。

★前走クラス 前走ダービー組が9勝と圧倒的な成績を誇る。ダービー組が負けたのは、15年のみ。1600万下(現3勝クラス)を勝ったばかりのリアファルが連勝した。
ただ、その年も2着はダービー組。ダービーから挑んでくる馬の信頼度は高い。

★種牡馬 ディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒、ステイゴールド産駒がそれぞれ2勝でトップタイ。中でもステイゴールド産駒は、【2・1・0・4】と
出走頭数が少ない中で好成績を残しており、この舞台に強い血統と言える。
今年の出走予定馬の中に同産駒の馬はいないが、
ステイゴールドを父に持つオルフェーヴルやドリームジャーニーの産駒はいる。
これらの産駒の馬に注目しても面白い。

無敗の2冠馬コントレイル(牡、矢作)が、
最後の1冠・菊花賞へ向け満を持して始動する。
皐月賞では後方からの競馬を強いられ、
直線はサリオスとの一騎打ちとなり半馬身差の辛勝。
だがダービーでは好位から抜け出す横綱相撲で、
サリオスに3馬身差をつける完勝だった。
父ディープインパクト以来となる無敗の3冠奪取へ向け、
まずは秋初戦をクリアしたい。

ヴェルトライゼンデ(牡、池江)はホープフルS2着、
ダービー3着と世代トップクラスの実力を持つ。
常にコントレイルの後塵を拝してきたが、
どんな条件でも好走できる安定感がある。ここでも上位争いは必至か。

京都新聞杯を勝ち、ダービーでも5着に入ったディープボンド(牡、大久保)は、
ここにきてグングン力をつけている。
ダービーでコントレイルにつけられた0秒9差を詰めるのは楽ではないが、
前々の競馬で活路を見出したい。

2冠馬との未対戦組では、2戦2勝のグランデマーレ(牡、藤岡)に注目だ。
脚部不安のため、葉牡丹賞以来10カ月ぶりの実戦になるが、
前走は先行策から抜け出してのレコード勝ち。未知の魅力にあふれている。

あとは3連勝で京都2歳Sを制しながら、
その後は完敗続きのマイラプソディ(牡、友道)、
プリンシパルSの覇者で共同通信杯2着のビターエンダー(牡、相沢)、
京都新聞杯2着のマンオブスピリット(牡、斉藤崇)などの
ダービー出走組も巻き返しを図る。

89d69f5b

 

 

オールカマー調教採点

1位 クレッシェンドラヴ A
内田騎手が騎乗し3頭併せで外から半馬身先着。
迫力満点で好仕上がり

2位 カレンブーケドール A
美浦坂路での併せ馬で51秒9の好時計。
オウケンムーンの1馬身後方からスタートし
馬体を併せて最後は鋭く1馬身半先着。

3位 ミッキースワロー A
併せ馬で5馬身半追走から併入に持ち込む。
気配良好。

<オールカマー>

※過去10年のデータを参考にする。

★人気 1番人気が3勝で勝利数トップ。【3・3・1・3】と複勝率は70・0%で、かなりの確率で馬券には絡んでいる。ただ、2番人気、5番人気が2勝ずつ、3番人気、4番人気、9番人気が1勝と勝ち星を分け合っており、人気薄を狙っても面白そうだ。

★前走クラス 前走G1組(海外G1を含む)が8勝で勝利数トップ。残る2勝はともに前走G3組で、14年マイネルラクリマと13年のヴェルデグリーン。マイネルラクリマはそれ以前にG1に出走歴があったが、ヴェルデグリーンはそれ以前にG1に出走したことはなく、重賞挑戦2度目での勝利だった。前走G2組は3着が最高。データ的には狙いにくい。中心視するのはやはり前走G1組だが、前走G3組も侮れない。

★レース間隔 中9週~中24週の馬が9勝。半年以上ぶりの馬が1勝。G1馬の秋始動戦に選ばれることが多いレースだけに、間隔が空いている馬の方が成績はいい。一方、中8週以下は未勝利と苦戦を強いられている。間隔が短い馬は狙いにくい。

オールカマー(G2)
9月27日(日)中山競馬場
2200メートル(芝)3歳以上オープン

現役屈指の実力馬・フィエールマンが熱発で回避することになり、
少頭数ながら混戦気配が漂ってきた。
その中で主役に浮上するのはカレンブーケドール(牝4、国枝)か。
重賞未勝利ながらオークス、秋華賞、ジャパンCと3つのGⅠで2着と、
実績はここでも最上位。前走・京都記念でも、
後に宝塚記念を圧勝するクロノジェネシスの2着に食い込んだ。
久々も苦にせず機動力もあり、道悪もこなす万能型。
あとは運だけか。

ミッキースワロー(牡6、菊沢)は重賞を3勝し前走・天皇賞・春でも3着と
6歳にして安定感が出てきた。
中山2200mは3年前のセントライト記念を制した舞台で大得意。
昨年のこのレースは上がり最速の脚を使い2着だったが、
充実一途の今なら重賞4勝目も十分可能だろう。

伏兵陣も多彩。ジェネラーレウーノ(牡5、矢野)はAJCC4着以来の実戦になるが、
大型馬の割に鉄砲が得意なタイプ。
重賞2勝を挙げているように、中山は最も得意なコースだ。
ステイフーリッシュ(牡5、矢作)は新馬戦勝ち以降、
19戦連続で重賞に参戦している。勝ち鞍は京都新聞杯のみだが、
2着4回、3着6回と常に上位争いに絡んできた。
ここでも注意が必要だ。さらに中山で4勝、
福島では重賞2勝の小回り巧者クレッシェンドラヴ(牡6、林)、
2200mを3戦2勝、2着1回と得意にしているサンアップルトン(牡4、中野)
などにも注意が必要だ。

 

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p