プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年10月25日

40d6db6c

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年10月25日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「10月25
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円    0鞍
  • 3点勝負  50000円    3
  • 勝負レース 10000円    4鞍
  • 穴コース  16000円    4鞍

・レース終了まで販売可能です

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

【京都・情報】

京都 ダートは先行有利 芝は先行~中団までか
24日の京都は秋晴れで、正午現在、芝コースが「稍重」、
ダートコースが「不良」で開催されている。

ダートコースは午前5時半現在、4コーナーの含水率が14・8%、
13・5%でかなり水分を含んでいるが、天気がいいだけにじわじわと乾いている。
脚質的には先行有利で1R、4Rとも先行馬が勝った。

芝は稍重でスタートしたが、こちらも乾いている。
午前7時時点のクッション値は「8・5」で「標準」の硬さ。
「標準」の範囲は「8から10」だけに、終日「標準」で行われそうだ。
脚質的には2Rが差し馬、3Rが先行馬が勝っており、先行~中団の馬が有利か。

【本日】
菊花賞
飛び込む馬を教えます

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

京都会場  1鞍  + 参考馬券 3鞍
東京会場  3鞍  + 参考馬券 1鞍
新潟会場  0鞍  + 参考馬券 2鞍

【販売コース】
穴コース   4鞍
勝負レース  4鞍
1点勝負   0鞍
3点勝負   3鞍

【先日の結果】

18日
東京
2R  3連単   4200円  参考馬券
3R  馬単    2010円  参考馬券
11R ×
京都
1R  3連単   1230円  参考馬券
3R  3連単  25800円  参考馬券 穴
8R  3連単   7170円  参考馬券
9R  3連単   2090円  ←勝負レース
10R 3連単   1310円  参考馬券
11R  ×
新潟
1R  ×           参考馬券
3R  3連単  19550円 参考馬券
6R  3連単   6420円

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

10月25日 京都競馬場

3e6b4318

菊花賞(G1)
10月25日(日)京都競馬場
3000メートル(芝)3歳オープン(牡・牝)

京都でクラシック最後のレース・菊花賞(G1、芝3000メートル)が開催される。
日本中の競馬ファンが注目するのは、コントレイル(牡、矢作)が
史上3頭目となる無敗の3冠制覇を達成することができるのか・・・という1点。3
馬身差でダービーを完勝し、秋初戦となる神戸新聞杯では2馬身差の快勝。
ここまでG1・3勝を含む重賞5勝と、すでにディープインパクトの最高傑作という呼び声も高い。父も神戸新聞杯を勝って、7戦目で3冠を達成した。
同じローテーションで偉業を達成する可能性は高い。

クラシック路線を歩んできた馬は、
コントレイルとの勝負付けがほぼ終わったとみられる。
そんな中、別路戦組で最も有力な馬が、重賞2勝を含む4連勝でコマを進めてきた
バビット(牡、浜田)だ。デビュー以来6戦4勝、2着2回と連対率100%。
距離延長にも難なく対応し、コントレイルよりも前で競馬できる点も頼もしい。

既存勢力で最も有力な馬は、やはりヴェルトライゼンデ(牡、池江)だろう。
ホープフルSで1馬身半差2着、ダービーでは0秒8差をつけられ3着だったが、
前走・神戸新聞杯では出走メンバー最速の上がりで2馬身差2着まで追い込んだ。
ドリームジャーニー産駒だけに距離延長も望むところか。

クラシック組のサトノフラッグ(牡、国枝)&ガロアクリーク(牡、上原)の
セントライト記念2、3着コンビや、京都新聞杯の勝ち馬でダービー5着、
神戸新聞杯4着と大崩れしないディープボンド(牡、大久保)なども巻き返しを期す。
他にも神戸新聞杯で最後の菊切符をもぎ取ったロバートソンキー(牡、林)、
抽選組だが3連勝の上り馬アンティシペイト(牡、国枝)などが
どんな走りを見せるのか、目が離せない。

菊花賞調教採点

1位 コントレイル S
重い馬場をすいすいと駆け上がった。
状態がいいし、走るのがうまい

40d6db6c

2位 バビット A
1週前追い切りが抜群だった。
最終追い切りは軽めだが活気がとてもあった

3位 ブラックホール A
追われてからの走りがかなりパワフル。
状態はかなり良さそう

<菊花賞>

※過去10年のデータを参照する。

☆ディープ産駒!

種牡馬別成績ではディープインパクト産駒が3勝で最多。
出走頭数も最も多く、32頭が参戦している。【3・3・2・24】。
これだけ多くの出走馬がいながら複勝率25%をキープしているのは、
舞台適性の高さと言っていいだろう。優勝馬は16年サトノダイヤモンド、
18年フィエールマン、19年ワールドプレミア。

次点はステイゴールド産駒の2勝(出走17頭)。父が15年2月に死んだため、
現3歳世代には産駒が0頭となっている。他にはスペシャルウィーク、
ルーラーシップ、シンボリクリスエス、ブラックタイド、バゴの産駒が1勝ずつ。

☆1番人気

牡馬クラシックで最も1番人気の信頼度が高いのが、3冠最終戦の菊花賞。
1番人気5勝は、皐月賞とダービーの4勝
(春2冠は今年のコントレイル含む過去11回を参照)を上回る。
【5・1・2・2】の勝率50%だ。人気馬ながら好走率が高いため、
回収率は単勝112%、複勝108%とどちらも元本を上回る。

回収率重視なら7番人気。【2・0・2・6】で単勝377%、複勝183%。
コントレイル1強に逆らう穴党は7番人気から入るのも手か。

☆前走3着以内

勝ち馬10頭は全て前走3着以内から出ている。前走別成績は以下の通り。

前走1着【5・1・6・44】

前走2着【2・6・2・14】

前走3着【3・2・0・16】

前走4着【0・0・1・12】

前走5着【0・0・1・15】

前走6~9着【0・1・0・32】

前走10着以下【0・0・0・17】

前走掲示板外から巻き返したのは全50頭中、17年2着のクリンチャー
(セントライト記念9着)のみ。前走で馬券に絡んだ馬を狙うのが得策だ。

 

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p