プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年11月22日

b3cdde42

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2020年11月22日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「11月22
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円    0鞍
  • 3点勝負  50000円    0
  • 勝負レース 10000円    1鞍
  • 穴コース  16000円    1鞍

・レース終了まで販売可能です

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

【東京・情報】
09227b37

東京 芝は差し届き末脚勝負有利か、ダート先行有利
21日の東京競馬場の天気は晴れ、馬場は芝、ダートともに良。
今週は少量の雨が降ったが、
かなり乾いたコンディションになっている。

ダートはかなり力のいる馬場で、先行有利の傾向は先週と変わらない。
逃げ、好位の馬がペースを握って直線で突き放す競馬が目立ってる。

芝はこの日からCコースになり、
先週よりも内が伸びやすくなっているが、
それでも外伸びが強め。差しもよく届く印象だ。
【阪神・情報】
阪神 芝は先行馬が優勢、ダートは差し馬届く
21日の阪神は、晴天の下でスタートした。
1R時点で芝、ダートとも良。
芝は、2歳未勝利の3R(1400メートル)は、
1番人気のロードリスペクトが逃げ切った。
勝ち時計は1分21秒2。2歳未勝利の4R(2000メートル)は
1番人気のヴィヴァンが差し切った。
勝ち時計は2分1秒5。芝は時計はやや速く、
先行馬が優勢だ。メインの11RアンドロメダSも先行勢を警戒したい。
ダートは2歳未勝利の1R(1400メートル)は、
5番人気のサウンドパドマが2番手から抜け出した。
勝ち時計は1分26秒5。2歳未勝利の2R(1800メートル)は、
4番人気のミッションレールが差し切った。
勝ち時計は1分57秒2。時計はややかかっており、
差し馬も届いている。
【本日】
 本日、マイルチャンピオンシップ一鞍勝負

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

京都会場  1鞍  + 参考馬券 2鞍
東京会場  0鞍  + 参考馬券 1鞍

【販売コース】
穴コース   1鞍
勝負レース  1鞍
1点勝負   0鞍
3点勝負   0鞍

【先日の結果】

 

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

マイルチャンピオンシップ(G1)
11月22日(日)阪神競馬場
1600メートル(芝)3歳以上オープン
f3b63d9e

阪神競馬場で秋のマイル王を決めるマイルCS(G1、芝1600メートル)が開催される。
京都競馬場の改装工事のため、今年は1984年の創設以来、
初めての阪神開催となる。登録馬は17頭とフルゲート割れだが、
G1馬は8頭という豪華メンバーとなった。その中でも主役は、
史上8頭目の春秋マイルG1連覇を狙うグランアレグリア(牝4、藤沢和)だろう。
今年は一貫して短距離G1を使われ、
高松宮記念2着→安田記念1着→スプリンターズS1着という素晴らしい成績。
特にアーモンドアイに完勝した安田記念は圧倒的な強さだった。
阪神も【2・0・1・0】と大得意で、中心の座は揺るぎない。

昨年の最優秀短距離馬インディチャンプ(牡5、音無)は
右トモを傷めてスプリンターズSを回避し、
ぶっつけ本番となるのが気がかりだが、ふだんと違うコース追いを取り入れ、
何とか間に合いそうな気配。マイルG1・3勝のアドマイヤマーズ(牡4、友道)は、
前走スワンSで58キロを背負い、
勝負どころで外から被され3着に敗れたが、実績的に軽視できない。

歴戦の古馬に挑戦するのが、3歳トップクラスのサリオス(牡3、堀)だ。
コントレイル以外に先着を許したことがなく、
初の古馬相手となった前走・毎日王冠でも3馬身差の圧勝。
その実力は疑いようがない。さらに昨年の2歳女王レシステンシア(牝3、松下)も、
阪神JF勝ち、桜花賞2着と阪神マイルを大の得意としている。
半年ぶりの実戦で初の古馬相手と条件は厳しいが、
ポン駆けは得意なタイプだけに侮れない存在だ。

他にもスワンSを逃げ切り復活を印象づけたカツジ(牡5、池添兼)、
強敵ぞろいの富士Sを差し切ったヴァンドギャルド(牡4、藤原英)、
今年のNHKマイルCを制し、富士Sでも2着に好走したラウダシオン(牡3、斉藤崇)、
3年前の覇者でこのレースでは馬券圏内を外したことがないペルシアンナイト
(牡6、池江)など、伏兵陣も多彩な顔ぶれがそろう。

マイルCS/東スポ杯2歳S
<マイルCS>

※過去10年のデータを参考にする。

★人気 1番人気は【0・3・2・5】の連対率30%で1着候補、
連軸として絶対的な信頼は置けない。最多勝利は4番人気で【3・0・2・5】、
勝率、連対率とも30%。連軸として最も信頼できるのが、
3番人気で【2・3・0・5】、勝率20%、連対率50%。
また、2番人気から5番人気の馬が1着8回で、
1番人気以外の比較的上位人気に推された馬の信頼は厚い。
その他勝利があるのは8番人気と13番人気の伏兵が1勝ずつ。
過度な穴狙いは禁物だが、1番人気への過信も禁物。
2番人気から5番人気の上位人気馬を中心に据えたい。

★年齢 4歳馬が【4・6・3・23】の勝率11・1%、連対率27・8%、
複勝率36・1%と各数字とも他の年代を大きくリードする。
次いで勝利数が多いのは5歳馬で【3・3・4・50】。
3歳馬は【2・0・2・32】。その他勝利があるのは6歳馬が1勝のみ。
7歳以上は勝利がない。馬券の軸に据えるのは、4歳馬が最適だろう。

★牝馬は大苦戦 牝馬は【0・0・2・27】と2着にも入らないほど苦戦を強いられている。うち3着に入った2頭のうち、1頭は11年仏産のサプレザで、
日本馬で馬券圏内に入ったのは12年ドナウブルー1頭のみ。
今年は有力な牝馬が5頭参戦予定だが、データ上信頼度は薄い。

★種牡馬 ディープインパクト産駒が勝利数トップの3勝を挙げ、
【3・3・4・36】。今年も同産駒からヴァンドギャルド、
カツジ、グランアレグリア、ケイアイノーテック、
サウンドキアラの5頭はチェックしておく必要があるだろう。

マイルCS調教採点

1位 サリオス S
直線を向いて、自分から反応。
最後は少し気合をつけられる程度で、力強い伸びを見せた

2位 インディチャンプ S
この馬らしい軽快な走り。楽に好時計をマークした。
久々を感じさせない動き

3位 グランアレグリア A
馬なりで併入。騎手が騎乗したとはいえ、
反応は鋭かった。万全の態勢

b3cdde42

 

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p