プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年3月21日

bb8a2db8

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年3月21日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「3月21
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円     0鞍
  • 3点勝負  50000円     3
  • 勝負レース 16000円     7鞍
  • 穴コース  16000円     7鞍

・レース終了まで販売可能です
・値段変わりました

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

【中山・情報】

中山 芝は先行有利な傾向か、ダートは先行馬有利
中山7日目は曇り。芝、ダートはともに良で行われている。

6R終了時点で芝は3鞍。4R未勝利(2000メートル)は
4番人気ナックイルシーブ(牡、杉浦)が直線で抜け出した。
勝ち時計は2分2秒0。5R未勝利(1600メートル)は
10番人気カルタゴ(牝、小島)が坂下からじわじわと伸び、
上位4頭が同タイムの接戦を制した。勝ち時計は1分36秒1。
6R3歳1勝クラス(1600メートル)はシュバルツカイザー(牡、大竹)が
道中2番手から押し切った。勝ち時計は1分35秒5。
芝の内ラチ沿いは荒れているが、外めもタフなコンディション。
どちらかというと、先行馬が有利か。
大外を回すような末脚勝負の馬は苦戦している。

ダートは先行馬有利。
【阪神・情報】

阪神 芝、ダートともに良馬場で開催
20日の阪神は晴天スタート。芝、ダートともに良で開催されている。
含水率は芝のゴール前が9・2%、4角は11・3%、
ダートはゴール前が5・7%、4角が5・1%(午前5時測定)。
クッション値は10・4でやや硬め(午前7時30分測定)。
芝はAコースを使用。

1R(3歳未勝利牝、ダート1400メートル)は、
1番人気トーホウジュナールが人気に応えた。
道中は外目の3番手を進んで徐々に進出。
直線は逃げ粘る2着馬を半馬身差かわした。勝ち時計は1分26秒3。

2R(3歳未勝利、ダート2000メートル)は、1番人気アナゴサンが直線抜け出し。
道中は少頭数の中団を確保し、4角から押し上げていって直線では力強く伸びた。
勝ち時計は2分8秒6。

5R(3歳未勝利、芝外回り1800メートル)は、
初出走の6番人気アンフィニドールが馬群の中から差し切り。
道中は中団の内を追走し、直線半ばから鋭い末脚を披露した。
勝ち時計は1分46秒3。2、3着はともに後方から外を回した馬で決まった。
【中京・情報】

c2db085d

中京 芝、ダートともに先行馬が有利な傾向
20日の中京は晴れ。芝、ダートともに良で開催がスタートした。

ダートは先行馬有利の傾向。1R(1800メートル)は、
逃げた5番人気メイショウミナヅキが後続を3馬身半突き放して勝利。
2R(1200メートル)は、好位外めで運んだヒヤが1着。
2着は2番手追走のサウンドウィッシュ、逃げたテーオールソーが3着に入った。
3R(ダート1900メートル)は、4角先頭のアスターナランハが2着に
10馬身差をつけての圧勝。4R(ダート1400メートル)は、
好位追走のインディペンデントが直線で抜け出して勝利した。
先行馬が止まらない馬場状態。前めの馬を狙いたい。

芝は前半戦で1鞍。5R(1200メートル)は、
3コーナーでハナに立ったブロンズレッドが後続を振り切り、
3/4馬身差で勝利。2着には好位後ろから伸びたフミロア、
3番手からしぶとく粘ったプラチナムレイアーが3着に入った。
前に行った馬が止まりづらく、先行馬が有利な傾向だ。
【本日】

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

中山会場  4鞍  + 参考馬券 0鞍
阪神会場  3鞍  + 参考馬券 3鞍
中京会場  4鞍  + 参考馬券 4鞍

【販売コース】
穴コース    11鞍
勝負レース   11鞍
1点勝負     0鞍
3点勝負     2鞍

【先週の結果】

14日
中山
3R   3連単  25250円 参考馬券
9R   3連単   5130円 3点勝負 馬単
10R  馬単    6610円 参考馬券 穴
阪神
2R   3連単   1790円 30点的中
4R   3連単   2880円 参考馬券
5R   ×
11R  3連複  22730円 15点的中 穴
中京
2R   馬単     680円  6点的中 3点勝負 ×
5R   3連単   7230円 12点的中 3点勝負 馬単
8R   3連単   1300円 参考馬券
11R  ×            3点勝負 ワイド

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

スプリングステークス(G2)
3月21日(日)中山競馬場
1800メートル(芝)3歳オープン

afba71b2

皐月賞トライアルのスプリングSが行われる。
ここ5年はクラシック戦線で活躍する馬は出ていないが、
以前はキタサンブラック、ロゴタイプ、オルフェーヴル、
アンライバルドなどのクラシックホースを輩出してきた。
注目は前走・きさらぎ賞で3着に好走した
ランドオブリバティ(牡、鹿戸)だ。
2走前のホープフルSで大きく逸走し競走中止となったが、
何とか立て直した形。後続に3馬身半差をつけた
芙蓉Sの内容から中山への適性は高いとみられる。
本番につながる走りを期待したい。

共同通信杯2着のヴィクティファルス(牡、池添学)は、
勝ったエフフォーリアにこそ2馬身半差をつけられたが、
熾烈な2着争いを制した。デビュー2戦目で
ステラヴェローチェらの強敵に競り勝ったのは評価に値する。

ヴェイルネビュラ(牡、大竹)は、ジュニアCで2勝目を挙げた。
ロードカナロア産駒だけに距離延長が鍵となるが、
1800メートルは新馬戦で快勝しており不安はない。
レース内容次第で今後の路線が決まることになるだろう。

マツリダゴッホ産駒のロードトゥフェイム(牡、尾形)は、
父同様に中山を得意としており、同場で2連勝中。
不良馬場の若竹賞を差し切っており、馬場が渋ったら俄然、浮上する。

他にも未勝利戦を1分45秒2の好時計で圧勝したボーデン(牡、木村)、
フリージア賞を逃げ切ったレインフロムへヴン(牡、堀)、
つばき賞をメンバー最速の上がり33秒4で差し切ったヴィゴーレ
(牡、松永幹)などにも注意が必要だ。

スプリングS調教採点

1位 ボーデン A
美浦ウッドで5ハロン68秒4-11秒8。
3頭併せの内を手応えよく駆け抜けた。

2位 ヴィゴーレ A
栗東Cウッドで6ハロン80秒8-12秒4。マテンロウエール(3歳1勝クラス)を
5馬身半追走し首差先着。もともと稽古駆けする馬だが、
勢いある走りを見せていた。

3位 ランドオブリバティ A
 美浦ウッドで5ハロン70秒0-13秒1。
3頭併せの内から併入。2頭の後ろでしっかりと折り合い、気配は上々だ。

<スプリングS>

過去10年のデータを参考にする(※阪神開催だった11年をのぞく)。

★人気 1番人気は【2・5・1・1】で勝率22・2%、
連対率77・8%、複勝率88・9%。馬券の軸には信頼できる。
唯一馬券圏外に敗れたのは17年サトノアレスの4着。

★騎手 M・デムーロ騎手が12年グランデッツァ、
14年ロサギガンティアで2勝を挙げている。
同騎手は03年にもネオユニヴァースで制している。

★前走クラス 前走がG1だった馬が【2・3・1・6】で連対率41・7%、
複勝率50・0%で優秀。勝利数では前走1勝クラスを走っている馬が
【6・3・3・31】で断トツ。前走が新馬戦の馬は【0・0・0・2】、
前走が未勝利戦の馬は【0・0・0・7】と不振だ。

★前走着順 前走1着の馬が6勝を挙げており、
前走2着、前走3着、前走4着の馬が1勝ずつ。
前走で5着以下だった馬は【0・0・0・31】で1頭も馬券に絡んでいない。

★所属別 関東馬が【7・3・8・50】、
関西馬が【2・6・1・38】で勝率と複勝率は関東馬が優勢。
連対率は関西馬の方がいい。現在は18年から関東馬が3連勝中。
関西馬は18年エポカドーロ、19年ファンタジスト、
20年ヴェルトライゼンデで3年連続2着。

阪神大賞典(G2)
3月21日(日)阪神競馬場
3000メートル(芝)4歳以上オープン

dd25266c

阪神大賞典が行われる。テイエムオペラオー、ナリタトップロード、
ゴールドシップ、サトノダイヤモンドなど名だたるステイヤーが制してきた
伝統的なレース。不動の軸は、今後の長距離路線をけん引していくと思われるアリストテレス(牡4、音無)だ。昨年の菊花賞では、コントレイルと壮絶なたたき合いの末に首差2着。年明け初戦となった前走・AJCCでは古馬勢を撃破し、その実力を証明した。本番へ向けても負けられない一戦となる。

昨年の覇者ユーキャンスマイル(牡6、友道)はここ2走、結果が出ていないが、
長距離戦では無類の安定感を発揮する。
鞍上には万葉S以来のコンビとなる武豊騎手を迎え、初のG1制覇へ向け再出発を図る。

勢いなら、格上挑戦となった日経新春杯で
重賞初制覇を飾ったショウリュウイクゾ(牡5、佐々木)だ。
父は3冠馬オルフェーヴル、母は重賞3勝のショウリュウムーンという良血馬が、
いよいよ本格化の兆し。売り出し中の団野騎手とのコンビ継続で、
ここでも激走が期待できる。

ダービー5着、菊花賞4着とクラシック戦線を湧かせた
ディープボンド(牡4、大久保)は前走・中山金杯で14着に敗れた雪辱を期す。

他にも、万葉Sを勝ちダイヤモンドSでも4着と
長距離適性抜群のナムラドノヴァン(牡6、杉山晴)、
近走はスランプに陥っているが地力は確かな
メイショウテンゲン(牡5、池添兼)など、伏兵陣にも注目だ。

阪神大賞典調教採点

1位 アリストテレス A
Cウッドで3頭併せ。馬なりで6ハロン82秒9-12秒3で最先着。
外を回って余力十分。仕上がり良好。

2位 ショウリュウイクゾ A
坂路で一杯に追われ4ハロン51秒1-12秒1。
実にパワフル。回転速く、力強い脚さばき。
休み明けの前走を使ってパワーアップしている。

3位 ユーキャンスマイル B
Cウッド6ハロン82秒4-12秒4を馬なりでマーク。
アドマイヤビルゴを4馬身追走し併入。
手応えに余裕あり。

<阪神大賞典>

※過去10年のデータを参考にする。

★人気 1番人気が【6・2・1・1】で勝率60%、連対率80%、
複勝率90%と抜群の安定感。2番人気が1勝、3番人気が3勝を挙げ、
4番人気以下の勝利はない。

★騎手 岩田康騎手が【4・0・1・3】で破格の成績を残している。
勝率、連対率は50・0%、複勝率は62・5%。
14、15年にゴールドシップで連覇し、18年は3番人気レインボーライン、
20年は2番人気ユーキャンスマイルで制している。
これに続くのが福永騎手の【2・1・0・4】。
12年にギュスターヴクライ、16年にシュヴァルグランで勝利。
17年に同馬で2着に入っている。

★年齢 4歳馬が4勝2着5回、5歳馬が3勝2着3回、6歳馬が3勝2着2回で、
4歳馬が最も好成績となっている。7歳以上は12年ナムラクレセント、
13年フォゲッタブルの3着が最高(ともに7歳)。

★前走レース 前走有馬記念組が4勝で最多。【4・5・1・5】で連対率60・0%、
複勝率66・7%となっている。これに続くのが日経新春杯とAJCCの2勝。
出走頭数が多い前走ダイヤモンドS組は【1・2・3・20】で
勝ったのは12年ギュスターヴクライのみ。
連対率11・5%で振るわない。

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p