プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年4月4日

370e7b8b

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年4月4日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「4月4
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円     2鞍
  • 3点勝負  50000円     0
  • 勝負レース 16000円     4鞍
  • 穴コース  16000円     4鞍

・レース終了まで販売可能です
・値段変わりました

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

4月04日 中山競馬場

fa828acc

【中山・情報】

中山 芝は差し追い込み決まる、ダートは先行有利か
3回中山3日目は好天の下で行われている。
馬場状態は芝、ダートとも良の発表。

ダートは砂ぼこりが舞い、乾いた馬場。先行馬がなかなか止まらない。
1Rは早め先頭のスティルライフが快勝。
2Rも2番手追走の馬が押し切り、
3Rは先行2頭が追い比べを演じる行った行ったの決着だった。
4R、6Rも先行馬が抜け出す競馬で、
後方から競馬を進める馬には厳しいレースが続いている。

芝は5Rの芝2000メートル戦が2分1秒2と未勝利戦にしては速い時計で決着。
勝ったスワーヴエルメは好位から直線抜け出し。
2、3着には外を追い込んだ馬が入った。
乾いているが、差し追い込みが決まる馬場だ。
【阪神・情報】
3日の阪神は曇り空のスタート。
芝、ダートともに良で開催されている。含水率は芝のゴール前が8・6%
、4角は10・5%、ダートはゴール前が3・7%、4角が4・2%(午前5時測定)。
クッション値は9・5で標準(午前7時30分測定)。芝はAコースを使用。

1R(3歳未勝利牝、ダート1400メートル)は、
2番人気メイショウホシアイが差し切り勝ち。
道中はインの3、4番手で脚をため、
直線では馬群の内から突き抜けて逃げ粘った2着馬に3馬身差をつけた。
勝ち時計は1分25秒4。

2R(3歳未勝利、ダート1800メートル)は、
1番人気ナリタフォルテが逃げ切り勝ち。スタートから気合を付け、
ハナを奪いきってマイペース。4角から直線で後続との差を広げ、
最後までリードを守り切った。勝ち時計は1分54秒5。

4R(3歳未勝利、芝外回り1800メートル)は、
2番人気アメイジングタイムが差し切り勝ち。
道中は中団後方を追走。直線では馬群の中を割って鋭く伸び、
2着馬をクビ差かわした。勝ち時計は1分46秒8。
直線は緩やかな追い風が吹いている。
【本日】
 1点勝負2鞍あり

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

中山会場  2鞍  + 参考馬券 2鞍
阪神会場  2鞍  + 参考馬券 3鞍

【販売コース】
穴コース     4鞍
勝負レース    4鞍
1点勝負     2鞍
3点勝負     0鞍

【先週の結果】

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

4月04日 阪神競馬場

大阪杯(G1)
4月4日(日)阪神競馬場
2000メートル(芝)4歳以上オープン

eb44b962

春の中距離王を決める大阪杯(芝2000メートル)が行われる。
登録馬は15頭とフルゲート割れになるが、
昨年の3冠牡馬と短距離女王などG1馬が6頭と、
見どころたっぷりのメンバー構成となっている。

やはり中心は無敗で牡馬3冠を制したコントレイル(牡4、矢作)。
ジャパンCで初めて土が付いたが、アーモンドアイから0秒2差の2着と、
十分に実力を示すものだった。前走後は大山ヒルズでじっくり充電し、
帰厩後は順調に調教メニューを消化している。
能力的には間違いなく現役トップレベル。
初の古馬G1制覇に向け死角はなさそうだ。

昨年の最優秀短距離馬グランアレグリア(牝5、藤沢和)が、
中距離路線に矛先を向けてきた。1200~1600メートルで驚異的な末脚を発揮し、
制したG1は4つ。2000メートルは初となるが、血統的には克服可能。
スタートを決めて流れに乗れば、自慢の豪脚が爆発する可能性は十分だ。

2年前の朝日杯FSを制したサリオス(牡4、堀)は、
皐月賞とダービーでいずれもコントレイルの2着。
前走のマイルCSでは5着に敗れたが展開のアヤで、
上がりはメンバー最速の33秒1だった。ハーツクライ産駒だけに、
急激な成長を見せる可能性もある。

強力なG1馬たちの壁に挑むのが、無傷の5連勝で
チャレンジCを制したレイパパレ(牝4、高野)だ。
スッと前につけられる先行力が魅力で、前走で初の2000メートルも克服。
奥のある血統で、将来的にも楽しみな1頭だ。

他にも3年前のダービー馬ワグネリアン(牡6、友道)、
ヴィルシーナの子で成長が見込めるブラヴァス(牡5、友道)、
まだ見限れないキセキ(牡7、辻野)やペルシアンナイト(牡7、池江)
などのベテラン勢と、個性的なメンバーがそろった。
目が離せない一戦となるのは間違いない。

大阪杯調教採点

1位 コントレイル S
坂路4ハロン50秒6-12秒3の好時計を楽々とマークした。
この馬らしい推進力にあふれた走り。活気があって前走以上の状態に映る。
370e7b8b

2位 グランアレグリア S
ウッド6ハロン81秒1-12秒8で3頭併せの併入。
道中では我慢が利いて、直線では迫力のある伸びを見せた。

3位 サリオス S
ウッド6ハロン84秒4-12秒3でカフェクラウン(古馬3勝クラス)を
6馬身追走して楽々と併入。巨体でも素軽い走りで仕上がりは申し分ない。

<大阪杯>

★G1実績 現役トップクラスの中長距離馬が集結する
レースだけあってG1での実績は重要。大阪杯がG1に格上げされた17年以降、
勝利馬4頭中3頭は芝2000メートル~2400メートルのG1馬だった。
例外の18年スワーヴリチャードもダービー2着を経験している。
馬券に絡んだ12頭中6頭は前述距離のG1馬で、11頭は連対している。

★臨戦過程 馬券に絡んだ12頭中、前走・有馬記念組は2頭、
金鯱賞組は4頭、中山記念組は3頭。この3路線が圧倒的に強い。
勝利馬の前走はすべて、この3レース。

★芝2000メートル実績 芝2000メートルで勝利経験があり
連対率が50%を超えるのはアドマイヤビルゴ【2・0・0・0】、
コントレイル【2・0・0・0】、アーデントリー【2・0・0・2】、
キセキ【2・1・1・2】、クレッシェンドラヴ【4・2・0・3】、
ブラヴァス【4・3・1・4】、レイパパレ【1・0・0・0】。

★種牡馬 17年~今年3月27日までの期間で、
阪神芝2000メートルでもっとも馬券に絡んだ種牡馬はディープインパクトで
複勝率40・5%(出走15回以上限定)。

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p