プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年4月18日

b9c82497

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年4月18日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「4月18
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円     0鞍
  • 3点勝負  50000円     1
  • 勝負レース 16000円     4鞍
  • 穴コース  16000円     4鞍

・レース終了まで販売可能です
・値段変わりました

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

【中山・情報】

中山 ダートは時計出やすいが追い込み勢にも勝機
芝は外目が伸びる
3回中山7日目は曇り空の下で行われている。
馬場状態は芝が良、ダートがやや重でスタートしている。
空は厚い雲で覆われており、いつ雨が降り出すのか、というところだ。

ダートの未勝利戦は1Rの1200メートルが1分11秒9、
3Rの1200メートルが1分12秒8でまずまず時計が出やすい馬場状態。
3Rは後方待機勢が上位を独占しており、
時計は出やすいが、差し追い込み馬にもチャンスのある馬場となっている。

芝は5Rの未勝利戦、芝1600メートルが1分35秒3の決着。
逃げ馬が粘り込んだが、直線は内を開けて走っており、
外が伸びる馬場になってきている。
先週日曜5Rの未勝利戦が同じ1分35秒3の時計だったので、
先週とほぼ同様の馬場と考えたい。6Rの3歳1勝クラス、
芝1200メートルは1分8秒8の決着。このレースも外を伸びる馬が目立った。
芝は外差し馬場で、今後の雨次第ではその傾向が顕著になりそうだ。
【阪神・情報】

阪神 芝は水含みで力要る ダートは高速馬場で先行有利
17日の阪神は雨のスタート。芝が重、ダートが不良で開催されている。
含水率は芝のゴール前が9・7%、4角は10・5%、
ダートはゴール前が7・0%、4角が8・3%(午前5時測定)。
クッション値は8・8で標準(午前7時30分測定)。芝はBコースを使用。

1R(3歳未勝利牝、ダート1800メートル)は、
3番人気ファーストソリストが逃げ切り。
スタートから気合をつけてハナに立つと、道中はマイペース。
直線でも後続の追撃を振り切り、2着に1馬身半差をつけた。
勝ち時計は1分54秒2。

2R(3歳未勝利、ダート1400メートル)は、
1番人気ワンダーイチョウが先行抜け出し。
好スタートから先行集団の外を追走し、楽な手応えで直線へ。
ゴールまで2着馬とデッドヒートが続いたが、
最後は半馬身かわし切った。勝ち時計は1分24秒8。

4R(3歳未勝利牝、芝2000メートル)は、
2番人気タガノパッションが差し切り。スタートは後方となったが、
向正面で押し上げ2番手で4角を回った。
直線は馬場のいい外目に持ち出し、3頭のたたき合いをハナ差制した。
勝ち時計は2分2秒6。

風はほとんどなく、芝は水分を含んで力を要する。
ダートは水が浮き、高速馬場で先行有利。
【新潟・情報】

新潟 ダートは先行有利 芝は馬場悪化の予想、道悪の巧拙がカギ
天候は小雨。芝、ダートともやや重でスタートした。

ダートは午前中に3歳未勝利戦が5鞍あった。
4鞍の勝ち馬が4コーナーで4番手以内と、先行有利の傾向だ。
ただ午後から降雨量が多くなれば、脚抜きが良くなり差し馬の出番も考えられる。
時計は4Rの1200メートルが1分12秒3と標準。
1800メートルは5Rが1分52秒8と、3歳未勝利戦としては速かった。

芝は6R3歳未勝利(内回り2000メートル)でスタートし、
セイウンゴールドが好位から抜け出した。勝ち時計は2分2秒8。
雨が降り続き10R、12Rは馬場悪化も予想され、道悪の巧拙が鍵になりそう。
直線の馬場の内めは芝の生育がまだふぞろいで、
四分どころから外が伸びる印象だ。

【本日】
 厳選の3鞍+皐月賞
本日勝ちたい方連絡ください

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

中山会場  3鞍  + 参考馬券 2鞍
阪神会場  1鞍  + 参考馬券 4鞍
新潟会場  0鞍  + 参考馬券 2鞍

【販売コース】
穴コース     4鞍
勝負レース    4鞍
1点勝負     0鞍
3点勝負     1鞍

【先週の結果】

11日
中山
2R  3連単   3130円 12点的中 3点勝負 馬単
5R  馬単   17990円 参考馬券
8R  3連単  16880円 参考馬券
9R  3連単   1790円 12点的中 3点勝負 馬単
阪神
3R  ×            参考馬券
4R  3連単  23430円 参考馬券
10R 3連単  11260円 参考馬券
11R 3連単  10400円 20点的中
12R 馬単    3270円 参考馬券
新潟
2R  3連単   4190円 12点的中 3点勝負 ワイド
3R  3連複   3440円  6点的中 3点勝負 馬連

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

4月18日 中山競馬場

皐月賞(G1)
4月18日(日)中山競馬場
2000メートル(芝)3歳オープン

cd71bf24

牡馬クラシック第1弾の皐月賞が行われる。

かなりの混戦模様だ。ホープフルSを勝って最優秀2歳牡馬の称号を得た
ダノンザキッド(牡3、安田隆)が、
始動戦の弥生賞ディープインパクト記念でまさかの3着。
不動の主役のイメージが一気に揺らいだ。
今年に入ってクラシックにつながる重賞、
リステッドを勝った馬のほとんどが、昨年の2歳G1に出ていない。
新興勢力の台頭が群雄割拠の色合いをますます強くする。

ただし、それでも中心はダノンザキッドだろう。
直近2年の皐月賞はホープフルS勝ち馬サートゥルナーリア、
コントレイルが年明け初戦で制した。同コースでの勝利を経験済みで、
先々まで賞金面の不安もない。前哨戦で消耗せずに1冠目に臨める
2歳王者の特権を生かすローテが主流となりつつあるが、
あえてステップを踏んだのは、ひとたたきしてこそ得られるものがあると
陣営が判断したからだろう。

前進気勢の強いダノンザキッドに関してはテンションのガス抜きが挙げられる。
弥生賞で押し上げのタイミングがそれまでのレースより遅く見えたのは、
折り合い重視のレース運びと、差しに構えた場合に使える脚を測った面もあるか。
陣営の狙い通りテンションが抑えられれば本来の先行策が可能。
今回こそ実力を見せつける。

〝新興勢力〟の筆頭格は3戦3勝で共同通信杯を制したエフフォーリア(牡3、鹿戸)。
前走で破った2、3着馬が次走で重賞を勝ったことで、
さらに評価は上がった。瞬発力勝負のダービー向きのイメージもあるが、
センスは良く、初の中山にも対応できる。

一発の魅力があるのは、亜流ローテ組のディープモンスター(牡3、池江)。
すみれSは発走直前に蹄鉄を打ち直すアクシデントを乗り越えて勝利した。発馬で外によれて後方からの競馬になるなど若さも見せたが、直線は一気に突き抜けた。
ポテンシャルの高さを感じさせる1頭だ。

他にも、弥生賞勝ちのタイトルホルダー(牡3、栗田)、
スプリングSを制したヴィクティファルス(牡3、池添学)、
若葉S勝ちのアドマイヤハダル(牡3、大久保)など、力のある馬は5指に余る。

皐月賞調教採点

1位ダノンザキッド S
栗東Cウッドで6ハロン85秒9-11秒9。
単走馬なりでしまいは鋭く伸びた。力強い走りで堂々のS評価。

2位アドマイヤハダル A
栗東坂路で4ハロン53秒6-12秒1。
単走だが、豪快な走りで、状態は良さそうだ。

3位アサマノイタズラ A
美浦坂路で4ハロン52秒3-12秒4。
3頭併せで僚馬2頭と併入した。
馬場の荒れた時間もものともせず、軽快な走りを見せた。

b9c82497

<皐月賞>

※過去9年を参考にする。(11年は東京開催)

★前走着順 前走成績別で見ると、1着馬が【7・6・5・45】の勝率11・1%、
連対率20・6%、複勝率28・6%で他を圧倒する。
次いで2着馬が【2・1・2・25】の勝率6・7%、
連対率10%、複勝率16・7%で続く。3着以下からは勝ち馬が出ていない。
他で馬券圏内は前走3着馬が3着2回、前走4着馬が2着2回のみ。
勝つには前走最低でも2着以内に入っていないと厳しそうだ。

★前走人気 前走1番人気が【5・7・4・25】の勝率12・2%、
連対率29・3%、複勝率39%で最も勝利数が多い。
次いで2番人気が【2・1・1・19】の勝率8・7%、
連対率13%、複勝率17・4%で続く。他で勝ち鞍があるのは
前走3番人気と前走6番人気のみ。基本的には前走1、2番人気を信頼したい。

★種牡馬 勝利度数ではディープインパクト産駒が最多3勝を挙げ、
勝率9・4%、連対率18・8%、複勝率28・1%と安定株だ。
出走予定馬の種牡馬では産駒出走3頭中1勝を挙げ、
勝率33・3%のロードカナロア産駒(19年サートゥルナーリア)、
オルフェーヴル産駒(18年エポカドーロ)も要警戒だ。

★調教師 池江厩舎は14頭を送り出し、
1勝、2着3回、3着1回(勝率7・1%、連対率28・6%、複勝率35・7%)と
3着以内の度数では他を大きく上回り、馬券の軸としては最も信頼が置ける。
ほか、今回の出走予定馬中で勝利経験があるのは須貝師【1・0・0・2】と、
藤原英師【1・0・0・1】。

36feda05

 

アンタレスS調教採点

1位 ヒストリーメイカー A
重い馬場をものともせず、ぐいぐいと坂を駆け上がってきた。
好調維持

2位 グリム A
ラスト重点とはいえ推進力のある走りで、
坂をまっすぐに上がってきた

3位 ロードブレス A
Cウッドは重い馬場だったが走りが素軽く、
身のこなしが素早い

cf6abd1c

 

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p