プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年10月24日

2c214edb

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年10月24日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「10月24
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円     0鞍
  • 3点勝負  50000円     1
  • 勝負レース 16000円     3鞍
  • 穴コース  16000円     3鞍

・レース終了まで販売可能です
・値段変わりました

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

【東京・情報】

af08ae25

東京 芝は先行有利の傾向だが後方組も注意、ダートは時計水準
天候は晴れ。芝、ダートともやや重。芝は5Rから良に回復した。

芝は3R2歳未勝利(1600メートル)からスタートして、
2番手追走のアグリが初勝利を手にした。4R新馬(1400メートル)
は好位集団の後ろにいた馬が差し切り、
5R新馬(2000メートル)は好位につけた馬の1、2着だった。
適度に時計がかかり、高速決着はなさそうだ。

ここまで3鞍は先行有利の傾向だが、あくまでも2歳戦。
良馬場に回復して後方組の出番を頭に入れたい。

ダートは午前中に2歳未勝利戦が2鞍が行われた。1R(1600メートル)の
勝ち馬は好位抜け出し。2R(1400メートル)は2番手につけたスズカコテキタイが
逃げ馬に直線競り勝った。時計は水準。
1Rの2、3着および2Rの3着は差し、追い込み馬。
クラスが上がる午後は、後方から脚を伸ばすタイプに注意を払いたい。

【阪神・情報】

阪神 芝は内外差なくやや先行有利の印象、ダートは先行有利
23日の阪神は晴れ。芝、ダートともに良馬場でスタートした。
芝のクッション値は9・3で標準(午前7時半測定)。
含水率は芝のゴール前、4角がともに9・0%、
ダートはともに3・5%。芝はAコースを使用。

1R(2歳未勝利、ダート1400メートル)は、3番人気クロジシジョーが好位から
抜け出した。3番手で運び、4角は先行2頭の外を回ると直線入り口で先頭へ。
2着に3馬身差の快勝だった。ダートは先行有利。

芝は2R(2歳未勝利、1600メートル)、3番人気コンとディヴェールが2番手で運び、
直線追い比べを制した。勝ち時計は1分34秒6と平凡。
1~3着までが4角好位にいた馬での決着。3R(芝1800メートル)は
1番人気テンダンスが直線抜け出した。勝ち時計は1分46秒9。9頭立ての5番手追走、
4角は先団馬群の後ろにつけ、直線は狭いスペースをこじ開けるように突き抜けた。
芝はおおむね良好な状態で、内外の差はそれほど感じない。
やや先行有利の印象。

【本日】

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

阪神会場  1鞍  + 参考馬券 4鞍
東京会場  2鞍  + 参考馬券 3鞍

【販売コース】
穴コース     3鞍
勝負レース    3鞍
1点勝負     0鞍
3点勝負     1鞍

【先週の結果】

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

菊花賞(G1)
10月24日(日)阪神競馬場
3000メートル(芝)3歳オープン

db84c056

菊花賞(G1、芝3000メートル)が行われる。
皐月賞馬エフフォーリアとダービー馬シャフリヤールが不在で、
コントレイル1強ムードだった昨年とは一変、
大混戦の様相を呈している。その中でひときわ存在感を示すのが、
神戸新聞杯を制したステラヴェローチェ(牡、須貝)だ。
朝日杯FS2着、皐月賞とダービーでいずれも3着と、
G1では常にあと一歩で涙を飲んできた。しかし前走・神戸新聞杯では、
不良馬場をものともせず内から抜け出す快勝。
父バゴ譲りのタフでパワフルな走りを披露した。
頂点に最も近い存在といえるだろう。

ホープフルS2着のオーソクレース(牡、久保田)は、
9カ月ぶりの前走・セントライト記念で3着に好走。高い能力を証明した。
たたき2走目で大きな上積みが見込める上、父が菊花賞馬エピファネイア、
母は宝塚記念を制したマリアライトと、血統的な期待も大きい。

京都新聞杯の覇者レッドジェネシス(牡、友道)は、
神戸新聞杯でステラヴェローチェから半馬身差の2着。
折り合いがつきスタミナも十分で、距離延長はむしろプラス材料だろう。

セントライト記念を制したアサマノイタズラ(牡、手塚)は
9番人気の低評価を覆し、メンバー最速の上がりで差し切った。
その末脚は脅威で、血統的に距離延長にも不安はない。

弥生賞の勝ち馬で皐月賞2着のタイトルホルダー(牡、栗田)は、
セントライト記念で13着に終わったが、
直線で進路がなくなったもので参考外。巻き返しに警戒が必要だ。

他にもラジオNIKKEI賞から直行で臨むヴァイスメテオール(牡、岩戸)、
神戸新聞杯3着で出走権をゲットした長距離適性が高いモンテディオ(牡、四位)、
京成杯の覇者で皐月賞6着、ダービー8着と健闘してきたグラティアス(牡、加藤征)、
スプリングSの勝ち馬で、同じくクラシック皆勤のヴィクティファルス(牡、池添学)
などの伏兵陣からも目が離せない。

**************
菊花賞調教採点

1位 オーソクレース A
直線の反応が鋭く、9カ月ぶりの前走をたたいて、
かなりの良化気配がうかがえる

2位 アリーヴォ A
体がしっかりと起きて胸を張ったフォームで集中力を感じる。
走りも素軽い

3位 レッドジェネシス A
キビキビとした走りで活気が伝わる動き。上積みは大きそうだ

2c214edb

***************
<菊花賞>

※過去10年を参照する。

☆前走レース 菊花賞馬を輩出しているのは神戸新聞杯(8頭)、
セントライト記念(1頭)、ラジオNIKKEI賞(1頭)の3レースのみ。

☆前走着順 1着が【6・1・5・41】、2着が【2・6・3・15】、
3着が【2・2・0・17】、4着以下は【0・1・2・77】。
つまり前走3着以内が勝利の条件だ。

☆キャリア 勝ち馬10頭は、すべて3戦から9戦だった。

次に、今年は京都競馬場が改修工事中で阪神開催になるので、
阪神芝3000メートルのデータを分析する。

※11年以降の阪神大賞典を参照する。

☆種牡馬 1着実績があるのはステイゴールド(4勝)、ハーツクライ(2勝)、
ディープインパクト、キングカメハメハ、ヤマニンセラフィム、
マンハッタンカフェ、キズナ(各1勝)。

☆母父 1勝以上挙げているのは、メジロマックイーン(3勝)、
ダンスインザダーク、マキャヴェリアン、フレンチデピュティ、サクラショウリ、
キングヘイロー、シングスピール、オーペン、ファビュラスダンサー(各1勝)。

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p