プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年10月31日

07f68452

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年10月31日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「10月31
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円     0鞍
  • 3点勝負  50000円     4
  • 勝負レース 16000円     5鞍
  • 穴コース  16000円     5鞍

・レース終了まで販売可能です
・値段変わりました

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

【東京・情報】
東京 芝は馬場真ん中から伸びる、ダートは差し追い込み届く
4回東京7日目は快晴の下で行われている。
馬場状態は芝、ダートとも良の発表となっている。

ダートは差し追い込み馬が届いている。1Rは好位勢の決着だったが、
3着には後方から追い込んだ8番人気ミラクルランバックが入った。
2Rも3着には4角9番手から追い込んだリオンラファールが入っている。
1、2Rともに逃げた馬が失速しており、差しの決まる馬場がイメージできる。

芝は今週からBコース。3Rは道中で後方を進んでいた1番人気
インダストリアが豪快な差し切りを決めた。
4Rもアインシュペンナーが好位から先行勢を差し切った。
5Rの新馬戦も上位勢は内ラチ沿いではなく、直線で馬場の真ん中を伸びている。
時計はマイル戦で1分34秒5と新馬戦にしては速い。極端ではないが、
コースは替わったものの、内にこだわらず、馬場の真ん中からの差しが決まる。

【阪神・情報】
8162f3a8

阪神 芝は内外の差感じない、ダートは先行有利
30日の阪神は晴れ。芝、ダートともに良馬場でスタートした。
芝のクッション値は9・5で標準(午前7時半測定)。
含水率は芝のゴール前が9・8%、4角が10・7%。
ダートは4角が5・7%、4角は6・7%。芝はAコースを使用。

1R(2歳未勝利、ダート1400メートル)は
5番人気ストームゾーンが4角先頭から押し切った。
1~3着は、4角の1、2、3番手。ダートは先行有利。

芝は午前中1鞍。2R(2歳未勝利、1600メートル)は5番人気
ビーアストニッシドが2番手から抜け出した。
やや離れた2番手追走から3~4角で差を詰め、
直線は逃げ馬と一騎打ち。ゴール前でかわして1馬身差。
勝ち時計は1分35秒7と平凡。上がりは33秒3と速い。
この1鞍を見る限りでは、内外の差は感じない。
【本日】

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

阪神会場  2鞍  + 参考馬券 2鞍
東京会場  3鞍  + 参考馬券 1鞍

【販売コース】
穴コース     5鞍
勝負レース    5鞍
1点勝負     0鞍
3点勝負     4鞍

【先週の結果】

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

天皇賞・秋
天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)が行われる。

71a9ce19

今年はG1馬5頭を含む16頭が登録しているが、やはり主役は昨年、
無敗の3冠馬となったコントレイル(牡4、矢作)だろう。
菊花賞後はジャパンCで女王アーモンドアイに真っ向勝負を挑み2着、
大阪杯では重馬場に瞬発力をそがれ3着と、敗因ははっきりしている。
すでにこの天皇賞・秋とジャパンCの2戦で引退、
種牡馬入りすることが発表されており、落とせない一戦となる。

無傷の4連勝で皐月賞を制したエフフォーリア(牡3、鹿戸)は、
1番人気のダービーで鼻差2着に敗れたが、
先に抜け出したところを内から強襲されたもので、
負けて強しの内容だった。強豪古馬との初対戦となる今回は試金石となる。

G1・5勝馬グランアレグリア(牝5、藤沢和)が、
再び2000メートルに参戦してくる。
今春の大阪杯では4着に終わったが、道悪に切れ味を殺されたもの。
距離適性では上位2頭に譲るが、
東京で4勝を挙げる府中巧者だけに逆転の目も。

ワールドプレミア(牡5、友道)は、
ディープインパクト産駒初の春秋連覇がかかる。
やや距離不足の感はあるが、直線の長い東京なら侮れない。
「現役最強の2勝馬」カレンブーケドール
(牝5、国枝)はコース・距離を問わない万能型。
今回も上位争いに加わりそうだ。

他にもデビュー以来、馬券圏内を外したことがない良血馬ポタジェ(牡4、友道)、
8カ月ぶりの実戦が鍵となるが、
重賞2勝を含む4連勝中のヒシイグアス(牡5、堀)、
馬場が渋れば浮上してくる大阪杯2着馬モズベッロ(牡5、森田)、
重賞での好走が続くトーセンスーリヤ(牡6、小野)など、
個性的な伏兵陣がレースを彩る。

*********************
天皇賞・秋調教採点
1位 エフフォーリア S
 美浦ウッドで横山武騎手を背に僚馬2頭を追走。
2頭の間を割るように鋭く伸びた。
馬なりでもラスト1ハロン11秒3。反応良化。

07f68452

2位 コントレイル S
 馬場開場直後の栗東坂路で4ハロン51秒7-12秒1。
身のこなしの軽い走りで好調アピール。良馬場で弾けそうな走り。

3位 サンレイポケット A
 栗東坂路での4ハロン55秒2-12秒2は目立たないが、
最後の伸びは抜群。好調伝わる加速力。

*****************
<天皇賞・秋>

※過去10年のデータを参考にする。

☆年齢 今年の皐月賞を制した3歳馬エフフォーリア、
昨年のクラシック3冠を総なめにした4歳馬コントレイル、
G1・5勝の5歳馬グランアレグリア。世代を代表する馬がそろったが、
年齢別では5歳馬が優勢だ。7勝を挙げ、勝率14・3%もトップ。
4歳馬は3勝で連対率は5歳馬に肉薄、複勝率では上回っている。
3歳馬は12年フェノーメノ(2着)、14年イスラボニータ(3着)が1番人気を背負ったが、
いずれも年長馬に敗戦を喫した。また、6歳以上馬は大幅割引。

☆前走着順 前走1着馬、2着馬が3勝でトップ。
前走3着馬が2勝で続き、前走で馬券圏内に入っていた馬の活躍が目立つ。
勝率は2着馬(13・0%)、3着馬(10・5%)、1着馬(8・6%)の順。
前走勝ち馬はもちろんマークが必要だが、むしろ惜敗組に目を向けたい。

☆前走距離 前走距離による偏りはなく、1800メートルが3勝、
1600メートル、2000メートル、2200メートルが2勝ずつと勝ち星を分け合っている。
ただ、3200メートルから挑む馬に勝ち馬はおらず、
昨年はフィエールマンが天皇賞・春Vからぶっつけで2着だった。
勝率が最も高いのは前走1600メートルで、勝率、連対率、
複勝率ともにトップだった。ここでも成績を引き上げていたのは昨年、
一昨年を連覇しているアーモンドアイ。
いずれも安田記念惜敗から天皇賞・秋を制している。

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p