プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年11月28日

72e6bd2b

プロイチ 競馬予想&情報 JRA競馬予想 2021年11月28日

稼げる競馬実践しています
価格&コース名変更しました

安心のシステム
・決済後すぐ入会できます
・コンサル馬券以外限定有りません
・掲載金額以外、追加費用一切ありません


「11月28
日の提供コース&提供数」

  • 1点勝負  50000円     1鞍
  • 3点勝負  50000円     0
  • 勝負レース 16000円     6鞍
  • 穴コース  16000円     6鞍

・レース終了まで販売可能です
・値段変わりました

[今すぐ申し込みはこちらから]
・決済後入会!
・入会数限定数無し!
・予想金額以外手数料&追加料金無し!

本日の概況

[随時更新します] 
カード決済後、必ずご連絡お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

【東京・情報】
東京 芝は馬場状態良く差し馬が上位占める、
ダートは先行、差しともに互角
東京5回7日目は晴れ。
3R終了後は芝は良、ダートはやや重で行われている。

芝は2鞍。2R2歳未勝利(1400メートル)は
2番人気ウェストファリア(牝、手塚)が差し切り勝ちを収めた。
4コーナー11番手から直線外に持ち出し、
力強く脚を伸ばした。勝ち時計は1分23秒8。

3R2歳未勝利(1800メートル)は2番人気サンストックトン(牡、鹿戸)が
直線で抜け出し初勝利。好位につけたトーセンシエロが抜け出しを図るも、
道中中団につけたサンストックトンが捉えた。勝ち時計は1分48秒4。

先週からCコースを使用。馬場状態は良好。午前の2レースでは、
上位を差し馬が占めた。

ダートは1鞍。1R2歳未勝利(1600メートル)は
1番人気トーセンエルドラド(牡、田村)がゴール前で捉え、
差し切り勝ち。勝ち時計は1分39秒0。
逃げたセイウンシデンも3着に残り、先行、差しともに互角。
【阪神・情報】
阪神  芝は内枠先行馬や差し馬が狙い目か、ダートは好位の馬が活躍
土曜の阪神は晴天の下でスタートした。
芝もダートも良馬場で開催が進んでおり、雨は降りそうにない。

芝は午前中に2レースが行われ、3R(1600メートル)は
勝ち馬が中団から最内を突いて差しきった。
4R(1400メートル)は1番人気馬が好位から内を抜け出した。
Aコースは8週目だが、インから伸びてくる馬が目につく。
逃げ馬は18、4着と苦戦しており、差しは届く。
内枠の先行馬や差し馬が狙い目か。

ダートは好位の馬が活躍している。
【本日】

勝負度 ☆☆☆
本命度 ☆☆☆
回収度 ☆☆☆

阪神会場  2鞍  + 参考馬券 1鞍
東京会場  4鞍  + 参考馬券 2鞍

【販売コース】
穴コース     6鞍
勝負レース    6鞍
1点勝負     1鞍
3点勝負     0鞍

【先週の結果】

【速報】

【小御門の戦略】
LINEサポートします(本日入会の方)
勿論入会前のご相談もお気軽にどうぞ
競馬ジロウグループラインアカウント

下記で即申込み(全て1日料 金)

【決済方法】

  • カード決済
  • 銀行振込

お申し込み後、必ず小御門まで御連絡ください
カード決済会社は連絡先を教えてくれません
nankan@chihou-keiba.net

[馬柱&データ]

ジャパンカップ(G1)
11月28日(日)東京競馬場
2400メートル(芝)3歳以上オープン
東京でジャパンC(G1、芝2400メートル)が行われる。cb74b76d

今年は外国馬3頭、ダービー馬4頭を含む21頭が登録しているが、
やはり注目は今回がラストランとなる
昨年の3冠馬・コントレイル(牡4、矢作)だ。
菊花賞後はジャパンC2着、大阪杯3着、天皇賞・秋2着と勝ち切れないが、
いずれも負けて強しの内容だった。ダービーを圧勝した舞台で花道を飾り、
種牡馬入りの手土産にしたいところだ。

これに対抗するのは、今年のダービー馬シャフリヤール(牡3、藤原英)。
前走・神戸新聞杯は道悪に切れ味を削がれ4着に敗れたが、
エフフォーリアを差し切った末脚は脅威。良馬場なら巻き返し必至だ。

外国勢は2005年のアルカセット以来、勝ち馬が出ていないが、
今年は3頭ともG1の勝ち馬とレベルが高い。
日本でも知名度が高いジャパン(牡5、A.オブライエン=アイルランド)は、
パリ大賞→英インターナショナルSとG1を連勝した実績馬。
近走は勝ち鞍がないが、武豊騎手を鞍上に迎え巻き返しを期す。

同厩舎のブルーム(牡5、A.オブライエン=アイルランド)は
7月のサンクルー大賞を制し、ブリーダーズCターフでも2着。
今年だけで4勝を挙げており、安定感は抜群。

グランドグローリー(牝5、G.ビエトリーニ=フランス)は
2走前のジャンロマネ賞でG1初制覇を飾り、
続くオペラ賞でも鼻差2着。左回りでは2勝、2着3回と連対率100%だ。

他の日本勢も半年ぶりのアルゼンチン共和国杯を連覇し、
重賞3勝目を飾ったオーソリティ(牡4、木村)、
京都大賞典で劇的な復活を飾ったマカヒキ(牡8、友道)、
昨年の菊花賞でコントレイルを追い詰めたアリストテレス(牡4、音無)、
今年もG1戦線で年齢を感じさせない走りを見せているキセキ(牡7、辻野)など、
個性的なメンバーが顔をそろえる。

***********
<ジャパンC>

過去10年のデータを参考にする。

★前走天皇賞・秋組が6勝 前走2000メートル、
2400メートルの馬以外に勝ちはない。
2000メートルだった馬の場合は、前走が天皇賞・秋(6勝)か秋華賞(2勝)、
2400メートルの場合は前走は京都大賞典(2勝)だった。
今年もこの3レースから参戦してくる馬を中心視する。

★前走2桁着順からの巻き返しは厳しい
前走着順はいいに越したことはない。前走1着馬は【4.3.5.24】。
前走着順別で勝利数トップで、連対率19・4%と安定感もある。
勝利数は4着馬が2勝で次点。2着、3着、6着、7着馬が1勝ずつで
勝ち星を分け合う。一方で前走2桁着順の馬は【0.1.2.25】で勝利はなし。
15年ラストインパクトの2着(ムーア騎手騎乗で7番人気)が最高で、
2、3着はあっても勝利は遠い。前走で大きく着順を落とした馬は厳しい。

★4、5歳世代が4勝でトップ 3、4、5歳馬が好成績だ。
4歳、5歳馬が4勝で勝利数トップタイ、3歳馬が2勝で続く。
6歳以上の馬は0勝で、3~5歳馬が優勢だ。

★ディープ産駒が中心 ディープインパクト産駒が強い。
過去3勝で勝利数は最多。次いでハーツクライ産駒、
ロードカナロア産駒が2勝ずつ、ブラックタイド産駒、
スペシャルウィーク産駒、
シンボリクリスエス産駒が1勝ずつの成績だった。
**********

ジャパンC調教採点
1位 コントレイル S
福永騎手が騎乗し、栗東坂路で単走。
馬なりで4ハロン51秒0-12秒0。力強い脚さばきを見せた。
1週前には栗東Cウッドで自己最速の6ハロン76秒9を記録。
万全の状態で引退レースに臨む。

72e6bd2b

2位 オーソリティ A
美浦ウッドで3頭併せ。これまでの後方から追いかけるスタイルではなく、
1馬身先行しての追い切りで、6ハロン84秒6-11秒6(馬なり)を記録した。
快勝した前走アルゼンチン共和国杯から中2週も、好気配を見せた。

3位 アリストテレス A
松若騎手(レースは横山武)を背に、栗東Cウッドで3頭併せ。
馬なりで6ハロン80秒9-11秒9をマークし、最先着した。
追われてからきっちりと脚を伸ばし、反応も抜群だった。
13cac6b0

916c35cc

*************
<京阪杯>

※11年以降、過去10年を参照する。

★キーンランドC組優勢 キーンランドC組は5頭が出走し最多3勝をマーク。
勝率60%、単勝回収率292%、複勝回収率124%と驚異的な好成績だ。
該当するのはアストラエンブレム(5着)、レイハリア(1着)の2頭。

★3歳馬が主軸 3歳馬が強い。勝ち星は4歳馬と同じ3勝だが、
勝率16・7%、連対率22・2%は4歳馬を上回る。
単勝回収率も217%と群を抜く。

★カナロア産駒を狙え 舞台の阪神芝1200メートルでは
ロードカナロア産駒の好成績が目立つ。
昨年以降で種牡馬別最多10勝を挙げ、勝率16・4%、
連対率32・8%、複勝率45・9%。
ダイワメジャー産駒も7勝2着1回で勝率31・8%、連対率36・4%と秀逸だ。

***********

京阪杯調教採点
1位 シヴァージ A
朝一番の栗東坂路とはいえ動きがパワフルで、
よく前に進んでいた。好調維持

2位 レイハリア A
まったく無理をせずに美浦坂路で4ハロン53秒7-12秒0。
8月札幌以来だが仕上がる

3位 ライトオンキュー A
調教時間後半の栗東坂路で4ハロン51秒2-12秒2は優秀。
休み明けだが仕上がり良好

競馬ジロウグループラインアカウント

オフィシャルラインアカウント登録下さい
只今、登録で割引きもあり!情報も最速で公開して居ます

↓完全無料メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
"にほんブログ</p